¥ 2,052
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
経営戦略の思考法 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

経営戦略の思考法 単行本 – 2009/9/26

5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1,243

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 経営戦略の思考法
  • +
  • ゼロからの経営戦略 (シリーズ・ケースで読み解く経営学)
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 127pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 単行本: 360ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2009/9/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 453231478X
  • ISBN-13: 978-4532314781
  • 発売日: 2009/9/26
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 84,639位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 沼上先生のすごいところは、多くのコンサルタントや学者が経営戦略について、5フォース、SWOTやPPMなどのフレームワークを紹介しその表面をなぞっただけの解説に終始したり、ある面については当然の前提としそれ以上追及しないところを、つねに「なぜそうなのか、その反対が言えるのではないのか」といった疑問を投げかけ、思考実験を行うところにあるように思われる。戦略の前提条件を疑ってみる、戦略の依って来る理由を追究する、しかも理由の理由、さらにその理由を考えるというところにぬが沼上式発想の特徴があるように思われる。この点において凡百のストラテジストとは違う。
 たとえば、第1部の「戦略思考の変遷」では、戦略についての5つの学派を二次元、三次元のグラフにポジショニングし、お互いの違いをビジブルに表現している。これを多くの書評では素晴らしいと褒めているが、私は、第1部についての素晴らしい点は、5つの学派の違いを整理しただけでなく(たいていの戦略本ではここまでの記述で終わる)、各学派の持ち味を生かして一つの経営戦略を立てる方法を明示したところにあると思う。実務上必要なのは、学派の違いを知ることではなく、適切な経営戦略を立てる方法を理解することであるからだ。
 第3部「戦略思考の実践」はあまり評価されていないようだが、沼上先生の真骨頂はむしろここに現れているといえる。たとえば戦略の
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書は、主要な経営戦略論を5つに大別して主要論点と相互関係を整理し、そこから経営戦略論の基礎となる思考法を明示的に導出した上で、その思考法を実践的経営課題に適用するという構成になっている。

第一部の経営戦略論の整理は非常に秀逸だと思う。主要な戦略論を内容と時間軸で5つに統合して簡潔に説明し、立体3軸マトリックスで相対的位置関係を整理した上で、相違点よりも知層形成としてまとめている点に感銘を受けた。個別の戦略論やSWOT・PPM等のフレームワークについてもより深く全体観を持って理解できる。終盤でバランスト・スコアカードを5つの戦略論の統合・体系化として説明している点も説得力があると思う。

しかしながら、続く第二部・第三部は論理展開として筋は通っているが、第一部のインパクトに比べると、ややトーンダウンしていると思う。

第二部では3つの思考法を取り上げ、主要論点である時間展開・相互作用・ダイナミクスに対応する思考法としてメカニズム解明法の優位性が説かれている。しかしながら「時間軸と要因間の相互作用による因果律を考慮する」思考法は、広く問題解決思考法として戦略系コンサルタントの書籍等に取り込まれており、戦略的思考法を実践的に学び鍛える上で、それらに比べて本書の内容では質・量共に物足りない。

第三部の実践
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 鳥頭紀子 投稿日 2010/3/14
形式: 単行本
約350ページに渡って、自分なりの語り口から経営戦略の理論と実践が綴られており、意欲的でコストパフォーマンスの高い一冊だと思う。第1部では、ミンツバーグ風に5つの主要戦略論がまとめられている。各テーマの「まとめ」の部分で、諸説の特徴だけでなく、限界・問題点が述べられており、著者の気概のようなものが伝わる。特に戦略創発学派に対する問題指摘は共感するところが多い。

第3部の実践編は「実務を知らない学者のコラム」という批判もあるようだが、戦略の実践過程における誤解・偏見・問題点を可能な限り実例を使って指摘しようとしており、むしろ「実務の垢に染まっていない学者ならではの客観的姿勢・批評精神」と受け止めた。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書は戦略を考えるためのヒントや思考法について書かれており、
戦略を考えるうえで参考となる良書だと思います。

内容に関しては、まえがきにあるように
「経営戦略の考え方・思考法に焦点を当て、多様な考え方の概念を紹介し、
近年の経営戦略思考の基盤部分の特徴を明らかにし、
その基本的な思考法を使って近年の日本企業にとって意味がありそうな問題を考える練習を行う」
のとおりだと思います。

本書は三部構成になっており、

第一部では、
今までの戦略論を大きく5つに分け、それぞれがどのように発展してきたかや
相互の関連性などについて説明していき、5つの戦略観の位置づけを行います。

そして、今後の戦略論は「時間展開、相互作用、ダイナミクス」の
三要素が大事であるという結論に。

第二部では、
上記3つの要素をどのように使って、ビジネスの背後にあるメカニズムを捉え、
戦略を考えるのかについて説明してあります。

第三部では、
実際に戦略的思考法を使い、「シナジー」や「選択と集中」などの
よく耳にする言葉に関して、なぜそうなるのかやその落とし穴など、
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー