中古品
¥ 258
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

経営の見える化 単行本(ソフトカバー) – 2009/9/18

5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 900 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

9割の社長・幹部は自分の会社のことを何も知らない。だから会社がうまくいかなくなる--。「お金の流れ」「儲かっているかどうか」「現場で何が起きているか」など、会社の動きを見える化する方法を紹介した本。見えないから動けない。見えるからこそ、次の一手が的確に打てるようになる。株式会社武蔵野を増収増益の企業に育てあげるとともに、現在では300社以上に経営指導している小山昇氏が、これまでの経営ノウハウをまとめあげた集大成となる1冊。

著者からのコメント

 「武蔵野」では、経営方針も、部門ごとの利益も、人事評価も、社長のスケジュールもすべてがオープンです。
 目的や成果を明確に「見える化」することで価値観の共有ができ、不公平感がなくなり、社員のやる気が高まります。「やる気」というより「やらざるを得ない気持ち」といったほうが正しいかもしれません。
 なぜなら、人間は「面倒なことはやらない。都合の悪いことはやらない」のがまともです。
 私は「人間心理を無視して経営をしてはいけない」と考えています。社員は「機械」ではないから、サボりたくなることも、面倒になることもあります。
 もちろん私もそう。そこで「武蔵野」は「面倒なことを強制的にやらせるしくみ」をつくり、「なぜ、それをやらなければいけないのか」、「やらないとどうなるのか」を方針として打ち出した。つまり、「経営の見える化」を進めた。(本書より)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 223ページ
  • 出版社: 中経出版 (2009/9/18)
  • ISBN-10: 4806134805
  • ISBN-13: 978-4806134800
  • 発売日: 2009/9/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 204,247位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「経営のみえる化」 そして、IMPROVING MANAGEMENT THROUGH VISUALZATION という英語のサブタイトルで、内容を想像して期待してアマゾンで購入した。 しかし、これは、著者の経営する事業と相似形の事業でこそ、真似る価値のある内容で、世にある多種の業態、事業規模に汎用性の高い内容とは思えないところが残念であった。 一方、BtoC、訪問営業、地域密着、、、でセグメントとしてぴったりくる業種の社長には、正に天啓のような書であろう。 本の表紙デザインは、もう少し読者を選ぶような表記にしても良いのではないだろうか。 誤解させるのではなく。 
1 コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
見える化という題材の本は、製造業の5Sが中心であるが、本書は、「会社
のルール」「お金の流れ」「売れる理由」「社員の行動力」「情報の共有」「評価
の不公平感対策」など、非製造部分での見える化が、現実現場の事例をもとに
図やイラストも交えてまとめられているので、一気にサッと読める。

・自分で何かを考えて実行すると、賞与を半分にする。
・同僚の真似をして成果を出すと、賞与を倍にする。

という思い切った方針は、真似の盗品展示場で日本経営品質賞を受賞した同
社らしい取組み。

全部をページのノウハウを真似ることはできないが、経営者や幹部が、そのうち
5個取り入れただけでも、コーヒー1杯のコストで、その数百倍の時間や利益が
生まれる。

「過去に経営計画書を失敗した」「あれもこれもしなければと方針が定まらない」
「赤字の打開策が見えない」「計画が浸透しない」「社員の気持ちがわからない」
「P/L、B/Sが苦手」など、私のような悩みを持つ中小企業経営者・幹部向け
の本である。
1 コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
・経営計画書を作成する
・今できていることに、ちょっと頑張れば成果が出そうなことを書く
・できることを明確化することが最大の見える化
・他の業界の成功事例を積極的に取り込む
・真似した人を評価する
・コミュニケーションは量より回数
・飲ミュニケーションの勧め
などなど。

キャバクラ好きのオヤジによるぶっちゃけトークという箇所もありますが、全体としてはとても読みやすくなっています。

ワンマン社長の書なので、全ての会社に当てはまるものではありません。また流行の「見える化」をやや無理にもってきているところもあります。しかし、それでも少し目線を変えれば、リーダーと呼ばれる立場にある人には、参考になること大だと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
経営学の教科書どおりにはなかなかいかない中小企業経営について、「キャバクラ通いするけど毎月お給料をキチンと支払う社長のほうが、人格が立派でも赤字続きの社長より、良い社長である」という基本スタンスのもと、人間の性悪説を陽気に快活に経営に取り込んでいるところがすごい技だと思う。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 やまなか VINE メンバー 投稿日 2009/11/19
形式: 単行本(ソフトカバー)
武蔵野の小山社長が自社のノウハウを
余すことなく開示しています。
いつもの事といえば、そうなりますが、
小山節が嫌いでなければ
読んでみても良いかも知れません。

「見える化」というのは、
はやりのキーワードに書名を合わせただけで、
基本は、自社の経営手法です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
経営関係の本というとわかりにくい専門用がたくさん並び、新米経営者にとっては、何から勉強していいかきっかけがつかみにくいが、この本は非常にわかり易い表現で要点を書いているので、読みやすかった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
見える化が叫ばれて久しい昨今にあって、20年以上前から
「ヒト・モノ・カネ」に関して、経営現場を社内外に公開してきた体験を基に
書かれている。

会社の透明性と言われても余りピント来ないが、より具体的に何をどうすれば
透明性を確保できるのかという視点で読んでいくと、参考になることばかり。

「キャバクラおやじ」と称する著者の「見せる」度合いに、
そこまでオープンにして大丈夫かと思う部分もあるが、

  「見せるリスク」より「見せないリスク」の方が大きい

  目的や成果を「見える化」することで価値観の共有ができ、不公平感がなく
  なり、社員のやる気が高まります。

と明言されている。

数ある「見える化」本の中で、経営全般に渡ってその透明性を個別具体的に、
説明してあり、会社を何とか良い方向に変えて行きたいと考える私にとっては、
やろうと思えばすぐに「パク」れる手引書でもある。

ただ、図表なども数多くあり読みやすくなっているが、本書に書かれている
一つ一つを掘り下げて行くと奥の深さを感じざるを得ないことも事実である。
著者の会社が日本経営品質賞など数々の賞を受賞されていることからも、
その奥深さは理解できよう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー