通常配送無料 詳細
通常1~3週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

絆 いま、生きるあなたへ 単行本 – 2011/6/3

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1000年前の都の大地震を綴った『方丈記』、鎌倉大地震を背景に書かれた『立正安国論』を踏まえ宗教学者が語る日本人の自然観、死生観。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山折/哲雄
1931年アメリカ生まれ。1954年東北大学インド哲学科卒。東北大学大学院を経て、61年助手。鈴木学術財団研究部、春秋社編集部を経て、76年駒澤大学助教授、77年東北大学助教授。82年国立歴史民俗博物館教授。88年より国際日本文化研究所センター教授を経て、同センター所長などを歴任。むずかしいテーマを分かりやすく、かつ独特な視点から論じているユニークな宗教学者。2010年、南方熊楠賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 189ページ
  • 出版社: ポプラ社 (2011/6/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4591124886
  • ISBN-13: 978-4591124888
  • 発売日: 2011/6/3
  • 梱包サイズ: 19 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 884,633位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 nacamici トップ500レビュアー 投稿日 2011/6/13
形式: 単行本
鴨長明、日蓮、寺田寅彦、岡潔、和辻哲郎、宮沢賢二……。時代時代の宗教家、思想家の言葉を追いつつ、私たちが災害や不条理や死とどう折り合いをつけてきたのかに思いを馳せる。老学者は元暦の大地震、鎌倉大地震、明治三陸地震、昭和三陸地震、そして今回の地震を変らぬ距離感で見つめながら、「無常の普遍性」をおだやかな語り口で説く。無常を受け入れたうえで鴨長明のごとく風流にしたたかに生きていく知恵が日本人にはあるはずだと。

宮沢賢治の『グスコーブドリの伝記』にも色濃く反映された「世界が幸福にならないうちは個人の幸福はありえない」という世界観は、トルストイの『人生論』の課題と重なると思ったが、本書ではさらに「世界の幸せも個人の幸せも」と言いながら、いつのまにか「世界の幸せか個人の幸せか」に問題がすりかわっていくことの危さに触れている。私たちは危機においては個人を犠牲はやむを得ないと当たり前のように考えてはいないか。

地震とは直接関係のない章のエピソードのなかで興味深かったのは、生涯を通じてキリスト教徒であった神谷美恵子が晩年に抱いた大いなる疑問である。人生の盛りである30歳で十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストは、60歳をこえて病と戦いながら死に近づいている自分の苦しみを本当に理解して救いえるだろうかと悩み、そのときに思い浮かんだのが80年の生涯を生
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 スイート・サイエンス VINE メンバー 投稿日 2011/10/16
形式: 単行本
本書は東日本大震災を契機として書かれたものであり、特に第一章の「災害とともに生きてきた日本人」は日本人が過去からどのような態度で災害に接していたが示されている。ただ、内容的には日本人は「自然に逆らわず生きてきた」というものであり、目新しさはなかった。

第二章から第五章にかけては人間の生き方に関する考察がなされており、その中で釈迦の時代のヒンドゥー教徒が理想とした四住期という生き方が紹介されている。「学生期」「家長期」「林住期」「遊行期」の四段階を経るというものであるが、仏陀や親鸞の人生をこれに当てはめて説明を試みている点はなかなか興味深いものであった。また、仏教文化圏は「牛」、西洋文化圏は「羊」的な生き方をしているという指摘にはなるほどと感心した。

非常に読みやすい一方で、テーマがこれといって絞られていないため、やや散漫な印象を与える一冊であった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告