通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
組織は戦略に従う がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 ★SMALL BOOKS★
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■送料無料■安心・丁寧・迅速対応のAmazon配送センターより発送致します。■中古品のため多少の使用感はありますが、外観上綺麗なものを販売しております。(書き込みやマーカーがない状態) ■万が一ご満足頂けない状態の場合は、Amazonカスタマーサービスにてご返金させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

組織は戦略に従う 単行本 – 2004/6/11

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,400
¥ 5,400 ¥ 3,400

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 組織は戦略に従う
  • +
  • 組織デザイン (日経文庫)
総額: ¥6,426
ポイントの合計: 193pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

名言となった表題が生まれた記念すべき経営学の古典的名著。GM、デュポンなど4社の徹底調査し、組織と戦略の本質を明かす。

ドラッカーに並ぶ、経営学の超大物、アルフレッド・チャンドラー。彼の記念碑的代表作がついに復刊!1920年代に、当時の大企業が挙って採用した事業部制はどのような経緯で生まれたのか。GM、デュポン、シアーズなど当時の巨大企業の詳細な調査から、組織形成の過程が明かされる。あの名言「組織は戦略に従う」が生まれた、経営書の金字塔。

内容(「BOOK」データベースより)

世界で初めて事業部制を導入したGM、デュポンなど4社の徹底したケーススタディから変化が求められるマネジメントの本質を描き切る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 558ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2004/6/11)
  • ISBN-10: 4478340234
  • ISBN-13: 978-4478340233
  • 発売日: 2004/6/11
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.8 x 4.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 108,468位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 原題は"Strategy and Structure"。原著刊行は1962年だから、すでに古典のジャンルにはいるかもしれない。著者のアルフレッド・チャンドラーはすでに鬼籍に入っているが、経営史学の世界的な権威。20世紀前半のアメリカ企業において、家族経営型のシンプルな組織からいかに複雑な事業部制へ移行していったかを描き出すのが本書のテーマである。

 邦題からすると、まるで企業のあるべき姿を提言するのが目的の経営書のように見える。実際、今日ではそうした読み方もされているが、著者はあくまで歴史家で、本書はもともと戦略(Strategy)と組織(Structure)の変遷を記録した歴史書として書かれたものだ。

 本書では、戦前のアメリカ大企業について、当時の経営陣がどのような課題を抱えており、それに対して組織面でどう改変を行っていき、事業部制を作り上げていったのかという、企業内意思決定のプロセスを克明に描き出している。とくにデュポン、GM、スタンダー石油ニュージャージー、シアーズ・ローバックの4社については当時の書簡や社内資料もとづいた詳細な記述を行っている。たとえば、デュポンの経営陣の誰が、いつ、どういう考えの下で事業部制を提案したのか、それに対して社内からはどのような反対があったのか、などだ。こんな入手が難しそうな内部情報をどうやって、過
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 「組織は戦略に従う」というキャッチーなコピーは、経営学を勉強した事のある者にとっては今や伝説的な名文句になっている。本書のオリジナル・タイトルは"Strategy and Structure"(戦略と組織)である。「組織は戦略に従う」というのは、1967年に出版された当時の三菱経済研究所の面々の訳文からである。これをそのまま新しい翻訳のタイトルにしたのが本書。

 有賀祐子氏による新しい翻訳は、こなれた日本語でとても読みやすい。

 この本はデュポン、GM,スタンダード石油ニュージャージー、シアーズ・ローバックの4社について、1920年代の創生期から発展期を経て、最も効率的な組織へと至る過程を、個性豊かな企業人のドラマを通じて、生き生きと描いている。

 あらためて思うのは、デュポンという会社の新規性だろうか。同属経営であったこの会社にドナルドソン・ブラウンという天才経理部長が就任した時からこの会社の財務麺での躍進が始まる。アルフレッド、コールマン、ピエールという3兄弟も偉かったが、このブラウンはもっと凄かった。
 なにしろこのブラウン先生、財務分析ツールとして画期的な投資収益率の指標、あのROIを発明しちゃったんだから。これがROEに発展してデュポン公式になり、今や世界中の経営者が悩まされている。
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
成長を続けて成功した1900年代の米国大企業が、創業以来の業容の拡大期を経て、経営上の課題に直面した際に、どのような理由でどのような組織形態の変更を行ったのか、そして事業部制に行き着いたのか。GM、デュポン、シアーズ・ローバック、スタンダード石油等々の20世紀の大企業深い実証と洞察により、明らかにしている。
これらの企業が組織刷新に踏み切った必然性は、決して、その時代のその企業のみに限定されるものではなく、本書で示されているさまざまな経営者の悩み、問題意識、決断と組織形態は、現代の成長企業の経営者が直面する問題、課題とも重なる。そして、それらが活きたヒントとなるに違いない。
厚手の硬派な一冊であるが、経営実務的な示唆に溢れている。また、馴染み易く、読みやすい日本語訳である。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
デュポン、GM、スタンダード石油ニュージャージ、シアーズ・ローバックの歴史を材料に、これらの企業が事業環境に適応しながら、多角化などを進めることで成長を続け、その過程で如何に分権化された経営管理の仕組みを共通して(しかし、それぞれ異なる経路を経て)導入し、構築するに至ったのかを活き活きと描いている。複数のケースから共通するロジックを析出し、普遍的なセオリーを提示する手際は、歴史から如何に学ぶか、あるいはケース・スタディを如何に進めるかのお手本となろう。分厚いが飽きさせない本である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
久しぶりに読み返した。やはり素晴らしい。
 環境に戦略が従い、戦略に組織が従うとでも言うのだろうか。環境が求めるものに対して、戦略が策定され、それに更に組織が組成されていく。この単純な議論を、極めて詳細な議論で著述し、著述することで主張している。
 最近の経営学の世界は、わかりやすい、定量的な分析を元にした厳密だが薄い議論を重ねあわせることによって進化を遂げているが、しかしこの本はそれとは異なる方向性の経営学の発展の可能性を見出してくれるまさに名著である。
 むろん、読み飛ばすととまったく論理が取れずに、飽きてしまうのだろう。しかし、それを超えて全体を理解すると、現代にも通じる意味合いが出てくる。
 例えば、現代であれば、チャンドラーはどういった議論を建てたのだろうか?組織は戦略に従い、戦略は環境に従うことをそのままとしても、おそらく、組織、企業は階層的で官僚的な組織構造とはならないだろう。
 グローバル化がすすみ、経営の能力が高まった現代だからこそ、いまチャンドラーが何を考えるか知りたい。それを創造するためにも、この古典に立ち返ることは多いな意味があるはずだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック