¥ 2,570
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
組み立て×分解! ゲームデザイン ――ゲームが変わ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
16点すべてのイメージを見る

組み立て×分解! ゲームデザイン ――ゲームが変わる「ルール」のパワー 単行本(ソフトカバー) – 2016/2/18

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,570
¥ 2,570 ¥ 2,142

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 組み立て×分解! ゲームデザイン ――ゲームが変わる「ルール」のパワー
  • +
  • ゲームプランナー集中講座 ゲーム創りはテンポが9割 ( )
  • +
  • ゲームプランナーの新しい教科書 基礎からわかるアプリ・ゲームの発想と仕掛け
総額: ¥7,430
ポイントの合計: 225pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ゲームの基本にある「ルール」に焦点を当てた、ゲームデザインの入門書。 お手本のない、オリジナルのゲーム作り。そこには、無数に思える選択肢があります。ゲーム作りは、どのように進めれば良いのでしょうか。本書では「アルゴリズム」「ルールの組み替え」「対称性」「自由と制約」という切り口のもと基礎事項から徹底解説。実在するシンプルかつ少し風変わりな例を用い、試行錯誤と決断の過程、考え方をたどりながら、ゲームを司るしくみを探ります。こんなゲームを作りたい! と思ったそのとき、ひらめきを形にするための秘訣が満載です。

目次
第1章 ゲームデザインを行う前に(本書では扱わない内容、本書で扱う内容 ほか)
第2章 アルゴリズムからゲームを作る(アルゴリズムとは何か、ルールとアルゴリズム ほか)
第3章 ルールを組み替えてゲームを作る(足して作るか、引いて作るか、組み合わさる要素 ほか)
第4章 対人ゲームから一人用ゲームを作る(スポーツと対称性、コンピュータゲームと対称性 ほか)
第5章 自由と制約の関係を考える(分解されたルールが作るもの、『パネキット』の内容 ほか)
Appendix 基本用語の整理

内容(「BOOK」データベースより)

とことん「ゲームのルール」を考える。実戦に効くゲームデザインの手法と考え方。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 208ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2016/2/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774179442
  • ISBN-13: 978-4774179445
  • 発売日: 2016/2/18
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 77,168位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
PS1時代に「パネキット」を作った kuni さんによるゲームデザインの本です(当時は物理シミュレーションでコンストラクションするゲームを作るという発想はほぼなく、非常に独創的なゲームだった)。

本の内容としては、「ゲームの面白さや『ルール』を抽象化し、それらを組み合わせてゲームを再構築することで、面白いゲームを作る方法」について説明しています。この手法は既存のシステムを流用するわけではないので、『模倣』や『再現』にとらわれないゲームが作れるようになります。

そして、取り扱うルールについては、説明がわかりやすく、イラストも豊富にあるので理解しやすいです。また、そのルールを採用しているゲームの例もあり、イメージがしやすくなっています。

個人的には、著者独自の視点によるゲームの面白さを抽象化した、いくつかの概念が興味深かったです。
これらの考えを元に、色々なゲームのネタを妄想するだけでも楽しめました。

■注意点
面白いゲームを作るために必要な、以下のことについては説明されていません。
・レベルデザイン
・プログラム
・アイデア発想法
これらは別の本で勉強する必要があります。
あくまでゲームデザインのコアな部分を磨き上げるにはどうすればよいのか、についての本となります。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
何か、ゲームを作りたくてこの一冊を買いました
分かりやすく、読みやすく、参考になります。
ゲームコードではなく、難易度などの調整方法が主な内容です
期待していた内容とは違ったのにも関わらず、満足できました
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
実際のゲームを作る過程について著者の辿った軌跡を再現した本です。
全体的に読みやすく、ゲーム制作というものについて考え始めた中高生くらいに丁度合うかなといった感想です。
ただ内容紹介で感じた印象ほど詳細にゲームというものを分析したような印象は受けませんでした。
本格的に理詰めでメカニクスを分析した書籍が必要な場合は洋書の翻訳本に頼った方が良いかもしれません。
既存の関連和書はより感覚的なものや低レイヤーのプログラミング技法にフォーカスしたものが目立つので、稀少な類の書籍ではあるかと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ロジカルで言葉が平易かつ分かりやすく、万人に紹介できる。
骨子となるゲームルールの話は
Aを変えるとBになる、という要素が明瞭で具体的。漫画の図解もわかりやすい。
章ごとの内容の多くが実際のゲームプログラムとして公開されており、体験できる(2017/3/1現在)ことも素晴らしい。
作者が開発に携わった「パネキット」の話も参考になる。
ゲームにおけるルールの位置づけ、重要さがよく分かる。

本書はゲーム開発を想定したものだが、
ルール設定や変更がどう影響するかというのは、ゲームに留まらず普遍的な要素がある。
自分も行動や認知の誘導がいかにされているか、満足のあり方、「体験」の創り方など、多くの気づきがあった。
日常では中々身につかない、ものの見方や考え方を学べる本としても非常に良い内容。多くの人に読んで欲しい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告