通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
終物語 (下) (講談社BOX) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆箱に傷みがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

終物語 (下) (講談社BOX) 単行本 – 2014/4/1

5つ星のうち 4.3 43件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 397

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 終物語 (下) (講談社BOX)
  • +
  • 終物語 中 (講談社BOX)
  • +
  • 続・終物語 (講談社BOX)
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 141pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

“それがきみの――青春の終わりだ。”大学受験当日の朝、北白蛇神社へ向かった阿良々木暦。彼を待ち受けていたのは、予期せぬ笑顔と、最終決戦の号砲だった――すべての<物語>はいまここに収束する……!

内容(「BOOK」データベースより)

“それがきみの―青春の終わりだ”大学受験当日の朝、北白蛇神社へ向かった阿良々木暦。彼を待ち受けていたのは、予期せぬ笑顔と最終決戦の号砲だった―。すべての“物語”はいまここに収束する…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 396ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062838680
  • ISBN-13: 978-4062838689
  • 発売日: 2014/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,408位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
終物語アニメが始まったので上中下全て読みきってしまいました。上はおいくら編、中下は今までの伏線の総決算といった感じでした。アニメが終了してから読みたかったのですが待ちきれませんでした(汗 
ラストはアニメ映えするだろうなという期待できるラストなので、やはりアニメ再現前に原作読破して「ああこの場面どう表現するんだろうなぁ」と期待して待つのもありだと思いました。軽くネタバレ、扇ちゃんは悪くない。扇ちゃんだけが悪くない
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
基本「終物語」は上・中・下全体通してお話が一つではないので、それぞれで読むことができます。上巻は老倉育とミステリー、中巻は鬼に続くエピソード、そして「暦物語」のラスト(こよみデット)からの流れで下巻は始まります。物語の総仕上げであり、ほぼすべて伏線が回収され解決されていきますので、このシリーズを読まれている方は必読だと思います。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・というか本当に終わるのかな?このシリーズ(+o+)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ryo 投稿日 2014/4/3
形式: 単行本
物語シリーズここに完結。
化物語(上)から始まった、阿良々木暦を取り巻く怪異譚の最終話として見事な作品でした。
物語シリーズのひとつのテーマであった、「正しさ」「正義とは」について焦点が当てられており、また阿良々木暦の自己犠牲、他人本位が導き出す答えなど、物語シリーズを総括する内容であり、随所に散りばめられた伏線も納得のいく回収をされていました。

次巻『続・終物語』ではどのような話になるのか気になるところであり、10年間というひとつの大きな作品が終わっていることに寂しさを覚えました。
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
シリーズ17冊目.残り一冊を残しつつも,長く続いた本編としては最後の巻になります.

後付けやこじつけがなかったとは言いませんが,『敵』となった彼女の正体やその理由,
機転を利かせての『後始末』もこのシリーズらしく,どれもが腑に落ちるキレイな幕引き.
最後の巻なのに序盤から伏線を撒き続け,それらはもちろん,これまでのこともほぼ回収と,
驚きと楽しさの中,言葉はよくありませんが,期待以上にしっかりと畳まれたという印象です.

ほぼオールキャスト,あの少女の『その後』もわずかでしたが描かれていたのはうれしく,
引っ張りに引っ張っての再登場なのに,あっさり引っ込むあの男の振る舞いもニクいところ.
派手な場面などはありませんが,終わりへと進んでいく空気と演出が最後まで飽きさせません.

何より,対決の直前で彼女が救いを求めた姿は,すべて明らかになるにつれ意味を増し,
誰もが正しく,強くありたいと願い,それでも間違え,もがき苦しみながら生きている中,
決して正しくはなかったけれど,最後まで間違えなかった彼の思いは,強く響き,残ります.

また,自身の内側の具現化である『怪異』と向き合い,そこから前に踏み出していく流れは,
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
忍野扇を巡る、阿良々木暦と青春の戦いは
『卒業』に向けて走り出していく。

……というわけで、本編最終巻。
セカンドシーズンから始まった全ての伏線を回収し、長い長い青春が、ついに完結です。

とはいえ、高校を卒業するだけで、彼の青春は終わりません。
いや正直、忍ちゃんとお別れして人間にもどるのかと思ったのですが、
本当に大きな変化もなく、精神的な成長を残して大団円。
けっきょく物語は偽物語(下)の状態にもどりました。
忍ちゃんが影に潜み、ガ原さんは彼女のままです。
交友関係の変化と言えば、千石撫子と扇ちゃんくらいでしょう。
いくつもの変化はあるのですが、最後まで阿良々木くんはお人好しで、これからも人助けに明け暮れます。

偽物語までで培った幸せを失うことなく、本編完結を迎えました
おもしろかった。
夢中で読みました。
けれど人にはオススメしにくいです。
つまりセカンドシーズン以降は
「化物語の世界にもっと触れていたい」という作者と読者のための物語だったのでしょう。

自分の間違いを認め、周囲に助けられながら事件を解決する。
それは化物語第五話「つばさキャット」でも行
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック