中古品:
¥ 2,750
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

細雪 [DVD]

5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:7¥ 2,050より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 佐久間良子, 吉永小百合, 古手川祐子, 石坂浩二
  • 監督: 市川崑
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2004/03/26
  • 時間: 140 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 31件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001BUDSM
  • JAN: 4988104022202
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 74,415位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   市川崑監督が谷崎潤一郎の原作小説に挑み、そのリリシズムと美意識を艶やかに開花させた名作。昭和13年。戦争の足音が近づく大阪・船場の名家薪岡家の四姉妹は、三女雪子の縁談の話や四女妙子の奔放な言動など、何かと騒々しい日々を送っていた。そんな折り、長女鶴子の夫、辰雄が勤め先の銀行から東京転勤の辞令を受ける。春の1日、京の桜の下で遊んだ四姉妹に別れの日が近づく…。
   これが3度目の映画化となる「細雪」だが、市川監督は20年間この原作の映像化を望んでいた。だからといって映画の中に気負った部分はまったく見あたらず、むしろ4人の姉妹それぞれのキャラクターを鮮明に描き分け、そのやりとりを快適なテンポで描いており、2時間20分という上映時間は心地よく過ぎて行く。また岸恵子、佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子といった女優たちの所作の美しさ、衣装の艶やかさも特筆もの。これほど女優を美しく捉えた日本映画は近来稀であろう。一方で次女の夫でありながら、三女に思いを寄せる貞之助(石坂浩二)の複雑な感情が微妙に表現されており、この映画の「艶」の部分をアンモラルに刺激している。(斉藤守彦)

内容(「Oricon」データベースより)

美しい四人姉妹のそれぞれの運命を、四季折々の風物を絡めながら描く、谷崎潤一郎の同名小説を佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子ほか豪華キャストにて映画化した作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ともぱぱ 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/12/25
とにかく映像の美しさは文句のつけようがない。冒頭の京都の花見のために4人姉妹が座敷に集まる場面から、障子にさす淡いピンクの光が作る陰影に目を奪われ、あとはため息が出るばかりシーンの連続。花見の場面の桜の花にあえて造花を使ったということを知って、美を追求するスタッフの心意気に感銘を受けた覚えがあります。4人姉妹の着物の絢爛たる美も特筆もの。20年前に劇場で見たときは、大げさに言えば日本人に生まれてきてよかったという感動で、しばらく席から立ち上がれませんでした。たしか原作は3年ほどの期間の話ですが、この映画では昭和13年の1年にまとめて、四季の移り変わりを見せてくれます。もちろん、役者さんの演技も見事。筋は三女の見合い話を中心に進んでいきますが、だれることはありません。その三女を演じるのが吉永小百合。私は吉永小百合、そして市川崑監督の映画を全部見たわけではありませんが、私にとっては本作品が彼らの最高傑作と思えます。DVDで見直してもその思いは変わりません。

ところが、音響面では、サラウンドが主流になってきているこのご時世に、モノラルはないでしょう、と言いたい。特典映像がステレオなら、本編の方もせめてステレオにしてほしいもの。折角のオンブラマイフと映像の調和もDVDでは今一歩の感を否めません。東宝が50周年を記念したその名に恥じない大傑作なのですから、音響面のリマス
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
長い間ずっと待ってました。
この映画をDVDで出していただき、本当東宝さんには感謝感激です。
タイトルにあるとおり、無人島に一本映画を持って行くとしたらこれかなと言うくらい好きです。

星5つどころか、この欄一杯に星を埋めつくしたい。
映像の美しさ、演技、音楽、よく纏め上げた脚本、素晴しい演出。見ていた2時間半の間ずっと幸福な気分にしてくれました。

この映画は日本判「失われた時をもとめて」ではないでしょうか?
最後に長女がつぶやきます。
「みんなええ具合に行ったらええなぁ。」
まるでハッピーエンドのような終わり方。
彼女達の誰もがこの生活がいつまでも続くと無邪気に思っています。
けれども観客だけは知っているのです。
この後すぐに戦争と云う化け物が彼女達の幸福をめちゃめちゃにしてしまうことを・・・・

俳優陣も文句なしです!
吉永小百合に到っては、これだけの役をもらってもって瞑すべしと言うくらいの素晴しさでした。
勿論、岸恵子、佐久間良子はミスキャストぽいにもかかわらず最高の演技。
石坂浩二、伊丹十三も素晴しい!
また、脇役の新橋耐子や横山道代も一つ間違えると遣り過ぎになる所をうまくを抑え好演。
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 recluse VINE メンバー 投稿日 2008/4/29
原作自体が確固たるストーリーがない作品ですので、映像はいい手段です。むしろ映像こそ、この作品の本質を余計な説明なしに見事に提示するものなのかもしれません。原作には相当忠実に作られています。ただし時間は一年という短い時間に凝縮されています。その中ですべての季節、桜と紅葉と雪が現れます。原作の最後のシーンでは、どうしても映画の結末としてはおさまりが悪かったのでしょう。結果として、原作には存在しない男女間の陰影のシーンがいくつか付け加えられています。この部分は余計な部分でしょう。そこまでして無理にストーリーの展開を作る必要はあったのでしょうか。もうひとつ、女優だけではなく男性陣(サリーとエモヤンをのぞくと)にも関西弁を母国語とするものはいないようで、関西弁の会話の部分は、どうしても力みすぎて硬さと動作のぎこちなさが残ります。そして忘れてはならないのは、全編を通して主役でもある着物です。さまざまな種類と色彩の着物が、それぞれのシーンのモティーフに合わせて登場し、私のような無知なものにも十分にその魅力を伝えてくれます。ヘンデルの音楽がバックに流れ、作品全体としては素晴らしい仕上がりです。もうこのような作品が作られることはないのでしょうか?
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
 巨匠市川崑が谷崎文学をどう理解し、それをどう映像美として実現した
のかが問われるのだから、こういう作品こそブルーレイによる発売が待た
れるはずだのに、いっこうにその気配がない。
 待ちきれないので北米Criterionのブルーレイ版を買ってしまった。ファ
ンの皆さんは関心があると思うので、ご参考までに報告しておきます。

 タイトルはThe Makioka Sisters。封入されていたブックレットの解説に
よれば、北米版のアスペクト比はオリジナルと同じ1.85:1。音声はモノラ
ルだがサウンドトラックから 24bit でリマスターしたとのこと。映像につい
てもオリジナルのネガから時には手作業もまじえながら入念にリマスター
したとある(英語なので解釈に間違いがあればご容赦を)。

 個人的感想だが、やはりブルーレイは美しさがちがう。着物の柄や女優さ
んたちの肌などの再現がとても精細で、ため息がもれるほどだ。さすがは
Criterion。ブックレット(もちろん中身は英語で、Audie Bockさんという
日本映画の専門家による解説もなかなか読みごたえがある)の装丁も新潮
文庫のそれを思わせる品の良さである。
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。補聴器 集音器

関連商品を探す