新品の出品:8¥ 2,427より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

細雪[東宝DVD名作セレクション]

5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:8¥ 2,427より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 佐久間良子, 吉永小百合, 古手川祐子, 伊丹十三, 石坂浩二
  • 監督: 市川崑
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2015/02/18
  • 時間: 140 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 13件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00R4LP4KY
  • JAN: 4988104095961
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,895位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

☆東宝DVD名作セレクション 第1弾☆

巨匠・市川 崑監督の華麗な映像美の中で蘇る現代文学の最高傑作!!

【特典映像】
「市川崑監督 きものを語る」/製作ニュース(特報)/劇場予告篇【静止画特典】プロダクションノート

【封入特典】
解説書

【キャスト】
佐久間良子/吉永小百合/古手川祐子/伊丹十三/石坂浩二/岸恵子

【スタッフ】
原作:谷崎潤一郎 監督:市川崑 脚本:市川崑/日高真也

【仕様】
カラー/140分/ビスタ/片面2層/音声: 1.日本語モノラル/1983年

※デザイン・仕様は変更になる可能性がございます。

内容(「Oricon」データベースより)

美しい四人姉妹のそれぞれの運命を、四季折々の風物を絡めながら描く、谷崎潤一郎の同名小説を佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子ほか豪華キャストにて映画化した作品。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
小説では、着物の見事さを、想像することは、出来ません。映画が、有利なところです。この着物も、蘆屋川の家も、上本町の土蔵造の家も、
空襲で総て無くなりました。嵯峨野や、平安神宮の桜の様に、散ってしまいました。けれども、この人たちは、まだ、それを知りません.
素晴らしい映画です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ににたににこ トップ500レビュアー 投稿日 2015/3/29
 あのころいく度となく映画館に足を運んだ名画、こうしてDVDで見ても見飽きないし、またこまかな点にも目が行き、TV放映の時などとは全
く別物として立ち現れる。半襟の模様が見える、調度の屏風の図柄も見える、鶴子の電話のシーン、後ろの襖のツボツボが見える、小道具の雑誌や
地図が見える・・・・・・。
 どこをとっても構図として完璧だ。フェイドアウトもゆったりとなかなか味わいがある。往年の市川監督の切れがないなどと評する人もあるが、
これが映画として抜群の面白さであることはまちがいない。
 原作は、雪子がただお見合いを繰り返す、という筋立てだけでどうしてこれほどにおもしろいのか、という名作だが映画もそこは同じ。原作中もっ
とも大きな事件である大洪水はばっさりカット。
 岸惠子の鶴子が総領らしい、おかしみを含んだおっとりとした持ち味。すらりとした立ち姿が美しい。ラストの「ねばらはっただけのこと・・・」
の台詞の絶妙の味。次女佐久間良子の襟化粧、鏡に映るシーンがこれまた美しい。常識人。それに対しあわてずさわがず、やや得体の知れない三女
吉永小百合、開巻「そのお金て、いくらぐらいあるか知ってんの」からしてすばらしい。
 婚礼衣装を広げているシーンもきれいだが、法事で姉妹が少しずつ色合いの違う紫の色
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
戦前の経済的にピークを過ぎつつあっても、東京より経済力のあった関西の富裕層が描かれた世界に感動。この美しい世界も数年後に
戦争によって破壊されてしまうのであるからその哀惜は深いものとならざるを得ない。大阪市内の船場も上本町も灰燼にすべて帰すのである。
芦屋も西宮も、火垂るの墓にあるような惨状に見舞われる。箕面・嵐山・平安神宮・嵯峨野・三宮と関西人にとってなじみのある地名、阪急はいうまでもなく、現在の阪急京都線である新京阪などは懐旧の思いを深めさせる。

原作とはやや異なる世界観で構成されているものの、戦前の関西に存在していた穏やかな日々を映像的に再現した傑作だろう。バブル期を迎えつつあった戦後日本が到達できた地点を示す記念碑的作品と思う。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
美味しいお菓子と小さな桜、これはしみじみ幸せ感じる
D.C.の見事な桜、圧巻・歴史を感じて本当に素敵。
谷崎の、市川昆の細雪は、豪華絢爛日本の美女との共演で、
息をのみ、嘆息する世界の桜を映し出す。
戦争で大打撃を受ける前の、優雅で典雅な幻のような
こいさん達の世界。光に影に、所作にセリフひとつひとつに、
日本人であることの美意識と矜持を感じ、これまた幸せと思う時間です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hw トップ500レビュアー 投稿日 2016/4/17
豪奢な色彩と映像美、むせかえるような日本的情感、桜満開のオープニングと桜散るエンディング。市川崑の集大成ともいうべき作品で、桜に彩られた超絶的な艶やかさからいっても、これほど彼の美意識が徹底された映画はないのではないか。桜満開の京都嵐山、桜色に映し出される和室の障子、美しく優雅な着物の数々、しだれ桜……、耽美的な映像のなかで描かれる旧家の没落と別れゆく4姉妹の姿は文字通り「滅びの美学」というよりほかはない。岸恵子、佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子の豪華女優陣が美しさに花を添える。

舞台は昭和10年、戦争の影が忍び寄る時代に、栄華を誇っていた大阪・船場の旧家の凋落を4人の姉妹の離散を通して描く。そこには失われゆく日本の伝統美と文化への万感の思いが込められている。主を失った蒔岡家の本家を継いだのは長女の鶴子(岸恵子)。一家の伝統を守る立場にあるが、娘婿の辰雄(伊丹十三)は銀行員で旧家の運営に戸惑いを隠せない。次女の幸子(佐久間良子)は伝統にとらわれない自由な立場にある。しかし、夫の貞之助(石坂浩二)は、物静かで控えめな三女の雪子(吉永小百合)に秘めた想いを抱いている。四女の恋多き妙子(古手川祐子)は意志が強く自由奔放。

ストーリーは、雪子の縁談を軸に展開する。3人の見合い相手が登場し、なかでも小坂和也とのエピソードが可笑しくて秀逸。結局3人
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す