この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

細胞の分子生物学 大型本 – 2004/11

5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,794

この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

豊富なカラー図版で、学生にも読みやすくわかりやすい細胞生物学の概説書。ゲノム研究による生物の理解を基本とするという共通認識を明確に出した、教育社95年刊に次ぐ第4版。


登録情報

  • 大型本: 1681ページ
  • 出版社: ニュートンプレス; 第4版 (2004/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4315517305
  • ISBN-13: 978-4315517309
  • 発売日: 2004/11
  • 商品パッケージの寸法: 27.8 x 22.2 x 6.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 423,493位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ko 投稿日 2017/5/4
形式: 大型本 Amazonで購入
現在は第5版が出ていますが、基礎的な部分は余り変わっていないので、内容的にも詳しくて非常に良いです。
後半からは実験方法なども記載されているので、下手な実験方法の本を買うよりも役に立つと思います。
Extra Cellular Matrix (ECM) などの情報も記載されているので、生物学、医学、有機化学研究者だけでなく、生体材料、工学研究者などにもお勧めできる本です。
パラパラと、好きな項を読み始めると、分かりやすさもあって止まらなくなり、知識が勝手に増えていきます。
一つ古い版ですが、中古で一桁も安く買えるので、学生さんには特にお勧めします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
現在、医学部2年ですが、生化学に興味をもち、通読を目標に購入しました。
大学は物理を使い受験したので、高校レベルの生物を勉強してないわけですが、羊土社の『分子生物学講義中継』をざらっと読んでから、読み始めました。

全25章から構成されていて、その範囲は免疫や癌細胞についてまで含みます。
内容は非常に詳しく、かつ、わかりやすく説明されてます。他のレビューであったように日本語訳の不自然さは多少あるものの、そこまで気にならなかったです。
また、図やイラストが沢山あって、それらはもちろん理解を助けるのですが、大学の教授に言わせると、『このイラストの表現はちょっとおかしい、あまりに簡略化しすぎてる』というような部分があるそうです。

ただ、全体的には上手くまとまっていて、満足のいく本だと思います。
生物系の大学では院試の際に使うそうですが、高校生物をまともにやってた学部1年生ならば、すぐに読めるのではないかと感じました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
<生物学必携本>
〜読まずとも飾れる:この重さ!この厚み!この値段!

内容と構成:
大学の生物学の教科書として代表的な一冊。あまりの厚さに挫折して本棚に飾るだけという人も多い。内容も装丁に見合ってご立派。細胞の進化から入り、段階を追って高度な内容まで説明していくので、生物初修者にも十分理解できる一方、細胞内部の構造や細胞間情報伝達に関しては非常によくまとまっており、既習者も満足できる。初習者から研究室に入るまで使える一生もの。通読して面白い稀有な教科書でもある。全ページカラーで、美しい図や写真が多いのも嬉しい。解明された結果を解説するだけでなく、それを導き出す発想、方法から示してあり、そこが魅力の源泉でもあるが短所でもあり、試験勉強には全く使えない。しかし、一通り目を通しておくと専門で学ぶ時、THE CELLでやったな、という内容が非常に多いことに驚かされるだろう。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
細胞生物学・分子生物学のバイブルといった感じでしょうか。

かなり詳しいので辞書として使うのもよし、読み物としてもとても面白い。しかし他の方がおっしゃっているように、たまに日本語の訳が意味不明な部分も正直あります。

原著本を参考にすると良いと思います。

学部生がこれを使いこなすのはちょっと厳しいかと・・

院試の対策で参考書としてこの本の利用を考えているなら、姉妹版のエッセンシャル細胞生物学をお勧めします。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
使用上の注意:
英語版と邦訳の両方が入手可能。英語版は平易な英語で記述されており、価格も邦訳のほぼ半分で、自信があれば挑戦してみるのもいい。図書館で借りてSUMMARYだけ読む、という読み方もある。平均読破時間は3ヶ月程度と言われている。
(以上抜粋)
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/7/9
形式: 大型本
私は生物系の学生ですが、講義のほとんどはこの本で勉強できます。去年まではまだこの本が出ていなかったので『Essential細胞生物学』を参考にしていましたが、Essentialは免疫や発生の分野の内容が薄く、また全体的に詳しい分子機構までは書かれていなかったので、その点ではこの本はすべてが網羅されていてとても良いと思います。大学の講義プリントには英語版からの抜粋が多く、訳の分からないところなどの参考にもなって便利です。図や絵もカラーで分かりやすく、難しい専門書という感じがしなくて良いです。ただ、いくつか欠点があり、この本はあくまでも"細胞"に関する内容が中心となるため、組織や器官レベルの内容はあまり詳しく書かれていません。特に、生化学や生理学の分野はあまり参考にならないと思います。また、生物学を勉強していない人には少し難しい内容かもしれません。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー