中古品
¥ 98
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※アマゾンのガイドラインの規定にそった基準で出品しております。中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ、シミ等)などがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。商品に不備が見つかった場合は、発送前にメールでご連絡いたします。※住所、宛先などが違う場合商品が届かない場合がございますので、必ず、ご購入前にご確認くださいませ。商品がこちらの不備で届かない場合は即座に返金させていただきます。■こちらの商品は、日本郵便のゆうメール(追跡機能がございません)又はヤマトDM便で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。注文確定から商品到着まで最長7営業日を要する場合がございます。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。書き込みがないように検品をさせていただいておりますが、万が一ございました場合に関しましては少量の書き込みにつきましては商品代金の30%、過度な書き込み商品代金の50%を返金処理をとらせていただいておりますので、不備に感じましたらお問い合わせくださいませ。よろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

細胞から元気になる食事 単行本 – 2006/4/27

5つ星のうち 4.5 36件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 98
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 464 ¥ 37

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

あなたを「活かす」も「殺す」も食べ方次第。
カリスマ栄養アドバイザーが伝授する「食の改革」法とは!?

著名人も山田式で続々と体質改善中です!
 王貞治、ATSUSHI(EXILE)、保阪尚希、
 美川憲一、横峯良郎(さくらパパ)……

出版社からのコメント

今までの栄養学は間違いだらけ!

・正しく炭水化物をとれば太らない
・肉の多食は骨をも溶かす
・問題はマグネシウム不足
・欧米では悪者「トランス型脂肪酸」
・最善の方法は「生で食べる」
・「マゴワヤサシイ」が理想の食事
・「食の改革」で復活を遂げたアスリートたち
・健康は自分で作り出せる

山田豊文氏(杏林予防医学研究所所長)は、故障に悩む数多くのスポーツ選手を見事復活に導いてきたカリスマ栄養アドバイザーです。そんな山田氏が、誰もが簡単にケガ知らず、病気知らずの体を手にできる「食の改革」法を伝授します。単純明快な新常識にもとづき、日々の食生活を見直せば、細胞の一つ一つから「変わった!」ことが実感できるはずです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 208ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/4/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103023716
  • ISBN-13: 978-4103023715
  • 発売日: 2006/4/27
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 36件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 88,968位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
「いくつになっても若々しい人がいれば、実年齢よりも老けてみられる人もいます。若々しい人は本当に若々しく、老けてみえる人は、実際に老化が急速に進行しているのであって…」これは本書の文庫版あとがきに記載されている文章です。

 余談になりますが、主人と私、毎日、ほとんど、同じ食事(和食が主)をし、同じ時間に起き、同じ様な生活をして。なのに、主人は、風邪をひいてもすぐ治ります。私、咳が止まらず、病院に行くと「アレルギーもありますね」と診断され、花粉症のお薬と咳止めのお薬を頂いて飲んではみたもののあまりきかず、今現在もすっきりしません。これは、主人と私のDNAのちがいによるものと安易に納得していました。

 主人は、乳製品を好みません。ところが私は、マーガリンもヨーグルトも好きで、おまけに、骨粗鬆症にならない為に、牛乳も毎日しっかり飲んでいたのです。また、主人はお魚大好きですが、私はブリやサケを焼いたときの皮が嫌いで主人に食べてもらっていました。外食をしても、主人は「刺身定食」、私は「天ぷら定食」。そんな些細なことの積み重ねが、結婚して○十年。この本を読ませて頂いて、「目から鱗」。

 元気の秘訣が「DNA」だけではなかったことに気がつきました。日々の正しい食生活によって細胞を活性化させ、自然治癒力を高めお薬に頼らずに生きていけた
...続きを読む ›
コメント 138人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
体重の1000分の一からニ必要とされるタンパク質だが著者は肉類の過剰摂取を戒め肉を食べすぎるとスタミナ日切れになりやすいと特にスポーツ選手に警告している。
今老人では低栄養が問題となり肉類摂取が勧められている現状と比べると、どういう生活スタイルなのかによって栄養の力点が異なることがわかる。
お勧めは、まごわやさしい(ま=豆 ご=ゴマなどの種実類 わ=わかめなどの海藻類 や=野菜 さ=魚 し=シイタケなどのキノコ類 い=イモ類)などのバランス食である。
ともすれば忘れがちになるミネラルバランスの重要性(特にマグネシウム)に触れている点はもっと注目されてもよい。そして解毒のために定期的断食を勧めている点もカロリー制限が長寿につながるという最近の学説を裏付けている気がした。

欧米で禁止されているマーガリンやショートニングをいまだに許している日本の厚労省のみならず、それを何とも思わない我々のヘルスケア意識の低さこそが問題だと思った。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
栄養に携わる者で、山田先生の本を愛読しています。
この本の中に1988年のソウルオリンピックでドイツでは全選手にマグネシウムを義務づけていたという
エピソードが書かれていました。マグネシウムはスポーツ選手の体力を大幅に向上させる働きがあるのです。
しかし、日本のどの栄養士がアスリートにマグネシウムの摂取を促しているのでしょうか。

近日では2012年糖尿病学会で九州大学グループがマグネシウムを摂取することで2型糖尿病のリスクが
大幅に低下するという研究も発表されていました。
こちらも悲しいことに日本のどの医者が糖尿病患者にマグネシウムを特化して与えているでしょうか。
日本の栄養学はカロリーやヘルシーさに特化したものばかりで、浅はかさにとても悲しくなります。
この本を読んで山田先生の考え方に感動し、栄養に携わる者として正しい知識を広めていく義務を感じました。

マグネシウムが豊富な食事といえば、豆や玄米・野菜など日本古来から食べられていた食事で、
欧米化したほとんどの日本人の食生活ではマグネシウムを大幅に不足していると考えられます。
九州大学が発表した糖尿病だけでなく、マグネシウムの不足は心臓病・精神疾患・様々なことに関係しています。
そうしたこ
...続きを読む ›
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
人間の60兆もある細胞がちゃんとしたチームワークで充分な栄養状態のもと、きちんとした仕事をするから体や脳が元気でいられる。

至極当然なことです。それを無視し続けた結果が今の残念な日本社会に繋がってしまっているというのも当然です。

文庫版で大幅加筆された第1章で述べられている通り、韓国は「学校給食法」により小、中、高校の油脂類、砂糖、食品添加物の使用を制限し、米と旬の食材の組み合わせを基本としたメニューに変え、なんとジャンクフードは学校周辺では販売が禁止され、ゴールデンタイムにもCMが流せなくなるという徹底振り。
ファーストフード店員を講師にして、ハンバーガーを完全食品と教え、もはや外「食」産業を「育」てる為の「食育」と化している日本とは大違いで、これで学力や運動能力を下げるなと言うほうが無理な話だと思います。

以前、日本の栄養士(大学教授とその一団)と食事をする機会があったのですが、その中の一人がテーブルに着くなり店員に言ったのが「コーラ下さい!」。それに対して教授は止めずに、笑いながら言った言葉が「あんた食事の前はいつもそれが無いと駄目だもんね。」でした。
「ええ!?止めたり注意したりしないの?」と当事は驚きましたが、この本を読んだ後では、米もパンも砂糖もコーラも同じ炭水化物としてひとくくりにし
...続きを読む ›
1 コメント 118人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック