Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 77の割引 (12%)

(税込)
ポイント : 113pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[松浦だるま]の累(2) (イブニングコミックス)
Kindle App Ad

累(2) (イブニングコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 累(イブニングコミックス)の10の第2巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 617 ¥ 1

紙の本の長さ: 194ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ



商品の説明

内容紹介

口紅の力が、少女の暗き欲望を解き放つ。『美醜』の本質に迫る衝撃作!! 醜き少女・累(かさね)は大女優だった母が遺した口紅に秘められた能力を使い、美しき者が持つすべてを奪う事を決意する。そんな累の前に現れたのは、亡き母と口紅の秘密を知るという演出家・羽生田(はぶた)。彼の手引きによって、圧倒的な“美”を持つ無名の女優・丹沢(たんざわ)ニナに出会った累は……。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 41474 KB
  • 出版社: 講談社 (2014/1/23)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00I8DYPZW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 suika トップ500レビュアー 投稿日 2014/2/28
形式: Kindle版 Amazonで購入
作品自体は新しいのだが、読んでいてなんとなく昔読んだような懐かしい気分になる。
おそらく、手塚治虫や楳図かずおなど、60年代から80年代に読んだマンガの雰囲気があるように感じるからだろう。
絵的にも、それぽい感じがするし。
ともかく、本気で醜い主人公ヒロインなど、最近めったにお目にかかれない。
たいていはブスだなんだと言いながらも、絵の造形自体はそれなりに可愛かったりするが、この主人公が初めて顔をさらしたときなど、ジョージ秋山のアシュラかとおもった。
更に自業自得で口が裂けているし。
そのコンプレックスを土台にし、顔の入れ替わりを手段として、演劇を背景にして、人間の膨れ上がる欲望を描いているわけであるが、これが破滅の前兆であることも隠すことなく描いている。
更には、今回のヒロインのニナにしろ、主人公を負けず劣らずコンプレックスと腹グロさの塊。
その手法が、最近の漫画ではあまり見ることの無くなった、かつての巨匠たちの手法に似ているように思える。
つまり、読む者は結末を予想しながらも、そこに至る道筋をワクワクしながら楽しむ、いわゆる因縁話。
勿論まだ2巻で、どういう結末が待っているかなどわかりはしないのだが、少なくとも単なるハッピーエンドじゃ終わりそうもない。
こういうドロドロ
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
容姿にコンプレックスを持っている主人公の外見への憧れ。
容姿端麗ながら演技力にコンプレックスをもつ崖っぷちの女優とのやり取りに兎に角引き込まれる。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「分をわきまえろ、不細工」
麗しく醜悪なヒロインズが、笑顔の下にそう言い合うようでした。

そんな第二巻です。

一巻を読んで思いっきりドハマリし、すぐに二巻を購入しました。
一巻も充分おもしろかったですがヒロインが『相棒』と出会うことで、
どんどん泥沼になっていきます。

どちらも美しいのに、だからこそ、その醜さが際立ちます。
特に13話ラスト。110ページ。
美女であるはずの彼女の笑顔が、作中でもっとも醜悪だったのが非常に印象的でした。
一瞬、『かさねの顔』になったのかと錯覚させるほどです。

かさねに囁く母の幻影によって、謎は深まるばかり。
このままかさねとニナのコンビが続いていくのか、それともあっさり崩壊するのか。
先が読めません。第三巻が楽しみです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LATO 投稿日 2014/2/9
形式: コミック
二巻では面白さに磨きがかかっています。天性の演技力をもった累と天性の容姿をもったニナ。利害が一致し協力関係になるものの、ある一人の男性を巡って二人の間にはすれ違いが・・・。ともに複雑な過去を持つ者同士、二人には心の隙間がありました。その隙間を埋めてくれる存在に最初に気付いたのはニナ。しかし累も気付いてしまった。嫉妬や憎悪が渦巻く、醜くも悲しい物語。次巻も見逃せません。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
話が面白いのはもちろん、肝となる演劇のシーンの描写が優れているので、のめり込める。
普通、登場人物の演技や演奏が素晴らしい事を示すのは、観客が賞賛する、または息を飲むといった見る側の台詞や様子で描かれるが、この作品ではなぜかそういったものが無くても伝わってくる。(勿論そういう描写もあるにはあるが、演技力を分かりやすく伝えるための手法にとどまっていない)
ああ、早く続きを読みたい!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover