¥ 1,728
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
紫式部日記 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

紫式部日記 単行本 – 2007/9

5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

紫式部が中宮彰子に仕えた期間のうち寛弘5(1008)年7月から約1年半にわたる日記と消息文から成る。道長邸の生活、彰子の出産、正月の節会など大小の見聞が式部独特の鋭敏な感覚を通して記録されている。自他の人間を見すえてたじろぐことのなかった『源氏物語』の作者の複雑な内面生活をうかがい知るうえからも貴重な文献。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 単行本: 114ページ
  • 出版社: おうふう (2007/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4273008629
  • ISBN-13: 978-4273008628
  • 発売日: 2007/09
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 813,349位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
この人の観察力はすばらしいものがある。当時の宮廷の諸事を記録的に書いているほか、実に冷徹に人物評価を行っている。ちなみに紫式部の評価では清少納言の評価はよくない。逆に和泉式部については高く評価している。彼女はそんなことも密かに書いていたんだね。
下級貴族の家族の生活の不安、地方で勢力を増し始めた武士、、、当時の女流日記にはいろいろなものが見えてくる。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 時は寛弘五年(1008年)秋、紫式部が仕えるは中宮・彰子、帝の血を引くお世継ぎを
身ごもり、今か今かとその誕生を待ちわびる。土御門殿に響き渡るは安産を祈願する
「不断の御読経の声々」、それを命じるのは彰子の父・藤原道長。
 やがて無事に男子のご生誕、沸き返る周囲、連日の祝祭と儀式、そんな華やかな
舞台とその裏側を綴った日記。

 なんと言っても天下の『源氏物語』の作者、「人を人とも思わ」ない鼻持ちならぬ女かと
決めつける周囲、ただし実際「見るには、あやしきまでおいらか」。
 生真面目、内気、シャイな女子、ただし時折陰湿。
 現代においてさえもある面類型的な人格の持ち主としての紫式部が垣間見える。
 かの(悪)名高き清少納言disをはじめ、若干とがったところを覗かせつつも、宮仕えの
回想シーンを中心に全体の印象としてはむしろ、当たり障りのないフェイスブック臭の
するブログ、といった面持ち。

 トータルで最も印象的であったのは、セレモニーに立ち会った際の出席者のファッション、
ヘアスタイル描写、素材感や色合いがしっかりと表現されている。風俗史の史料云々という
以前に、細部まで記述しようとするその忠実な筆致がとにかく記憶に焼き
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
皇子誕生前後の種々の行事のあり様や誕生後のたび重なるお祝いの席での設えや人々の華美な服装の描写はさすがに見事なものです。後半斎院わたりの人に対するライバル意識(なんたってこっちは中宮派、あっちは皇女派)や和泉式部や清少納言に対するコメントなどテレビのバラエティー番組を見ているように面白く読みました。終り近く、道長が言い寄るところは自慢話というよりもサービス精神ととる方があたっていると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ににたににこ トップ500レビュアー 投稿日 2013/1/2
形式: 文庫
 面白い、心楽しい読み物ではないと思いました。
ただ、宮中の意地悪さのようなものはとてもよくわ
かりました。これだけは大変よく分かった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 るるがまん 投稿日 2014/7/26
形式: 文庫
この本はとてもいい本です。本の状態は、経年変化相当の、使用感もありましたが、全く問題ありません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック