この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

素顔の宮家 単行本 – 2009/10/3

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,352
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

東京都庭園美術館として一般公開されているアール・デコの館は、
かつての朝香宮邸であり、著者が暮らした思い出の地でもある。
15歳で母を亡くし、朝香宮の女主人としての務めを果たしていた著者を、
貞明皇后、母の姉妹である北白川宮・東久邇宮様をはじめ、
宮家の皆様が温かく見守ってくださり、結婚の折には、
貞明皇后が直筆のお手紙をくださるなど、お心をかけていただいた。
開戦当日の披露宴、生活の変化と戦争の混乱、
次から次へと押し寄せる波を夫と家族とともに乗り切り、
戦後の華族令廃止によって一市井人となった著者。
本書は、パリーで過ごした両親の充実した日々がそこかしこにあふれている
白金・朝香宮邸での暮らし、貞明皇后、母の姉妹や親族、
著者の家族との触れ合い、民間の人と変わらない情愛で結ばれていた
“素顔の宮家”の微笑ましいエピソードが、貴重な写真とともに、ちりばめられている。

内容(「BOOK」データベースより)

白金・朝香宮邸(現東京都庭園美術館)で暮した明治天皇の孫が歴史の記憶を紐解く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 205ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2009/10/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569771726
  • ISBN-13: 978-4569771724
  • 発売日: 2009/10/3
  • 梱包サイズ: 19.6 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 830,827位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2012年8月17日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告