Kindle Unlimited読み放題の対象です
ポイント: 34pt  (2%)  詳細はこちら
無料配送: 12月11日 土曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
5 時間 33 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 2022年1月31日まで返品可能です
2021年の年末期間においては、返品・交換の条件に基づき、11月1日から12月31日までに購入された返品可能な商品は、原則として2022年1月31日までに返品することができます。
素直 石川直宏 がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥330 ): 12月14日 - 16日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古商品の性質上、折れや破れ、書込み、日焼け、水濡れ跡や若干の汚れなど、一部瑕疵のある商品であっても、お読みいただくのに支障がない状態であれば、販売をしております。また帯や商品内のクーポン券などをお付けできる保証はございません。なお、絵本などの一部書籍は表紙カバーがない状態でも販売している場合があります。シリアルコード、プロダクトコードの使用有無は保証しておりません。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

素直 石川直宏 単行本(ソフトカバー) – 2019/10/6

5つ星のうち4.3 11個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,760
¥1,760 ¥200

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 素直 石川直宏
  • +
  • THE LEGEND 石川直宏 2000 -2017 (サンエイムック エルゴラッソ総集編)
  • +
  • エル・ゴラッソ 総集編 2019 FC東京 365 (エルゴラッソ)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

傷だらけの足が18年間を生き抜いてきたフットボーラーの証し。

著者について

【プロフィール】

石川直宏(いしかわ・なおひろ)
1981年生まれ、神奈川県横須賀市出身。育成組織から横浜F・マリノスに在籍し、
2000年にトップチーム昇格、02年4月にFC東京に加入。
03年Jリーグ優秀選手賞、フェアプレイ個人賞受賞、09年にはJリーグベストイレブンを受賞。
世代別日本代表としても活躍し、日本代表でも6試合に出場。
17年に現役を引退し、翌18年FC東京クラブコミュニケーター就任。19年も同職を務めること決まった。

馬場康平(ばば・こうへい)
1981年、香川県出身。地域新聞の編集部勤務を経て、2006年からフリーに。
現在、東京中日スポーツ等でFC東京担当記者として取材活動を行う。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ カンゼン (2019/10/6)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/10/6
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 272ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4862555004
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4862555007
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 11個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
11 件のグローバル評価
星5つ
75%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
12%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
13%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年10月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 その半生の喜怒哀楽を全て含んだ、素の”直”が、今の自分を勇気づけてくれるような本
ユーザー名: yomei、日付: 2019年10月12日
石川 直宏さんにはじめて直接会ったのは2016年、語る言葉も佇まいも、どこか他の人たちと違う何かを感じた。
  
もちろん、人は全て”違い”をもっているのだが、彼のもっている”違い”は、厚みのある爽やかさのようなものを感じた。
  
そんな彼の半生が綴られた本を読んで、その醸し出すものの源に触れた気がした。
  
人は人を知る時、その人生の点を見ているにすぎない。それが時に華やかに見えたり、順風満帆に見えたり、羨ましく思えたり。
  
そして、同時に「それに引き換え自分は…」などと思ってしまうこともある。
  
しかし、その点と点の間にあるものを知り、線としてその人を知ることが出来た時、”違う”と思っていたその人に自分と同じものを感じたりする。
  
境遇や体験はもちろん違うのだが、そこでの葛藤や弱さや感謝や転換や出逢いや、それらもろもろを受け止める強さや、そういったものを感じて、共感する。
   
彼と出会ったことのある人は、皆ぜったいに読んで欲しい。そして出会ったことがない人も、この本をきっかけに彼を知ってほしい。そう感じる。
  
この本の中にあるフレーズは、いくつも響いたのだが、あえてこれをあげてみたい。
  
「力がなかったからじゃなくて、力を出すための手段や、判断力に欠けていたからかもしれない。」
   
力をつければつけるほど、人には見えなくなるものがあるような気がする。そしてそれを持て余したり、歪んで出してしまったり、いろいろともったいない状態になってしまう。
   
何かが見えなくなる時は、きまって囚われているものがある。その囚われを「す~」っと外すことが出来た時、道が開けていくことはよくある。
  
「素直」であるということは、囚われから解き放たれて、起きることにオープンマインドな状態でいられることなんだと思う。
 
この半生の中で、なおさんは、どんどん素直になっているのかもしれない。それは波乗りをしているからなのかもしれない。
  
年と共に素直でなくなる人間が多い中で、これはとっても稀有なことなのかもしれない。
 
この素直というタイトルは、「素の”直”」で生きるという宣言のようにも感じる。何かを飾ることのなく、思いのまま自由に、それでいて、独りよがりにならず、オープンマインドで。
  
2016年に聞かせてもらった彼のビジョンは、きっともっと進化しているはず。2019年現在のそれを聞かせてもらいたいとあらためて思った。
  
※同時に日本サッカーの歩み、”あの時何が起こったか”的に読めたのもとっても面白かった(^^)
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年2月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入