Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥ 500
ポイント : 5pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[岡田 英三郎]の紙はよみがえる: 日本史に見る紙のリサイクル (22世紀アート)

紙はよみがえる: 日本史に見る紙のリサイクル (22世紀アート) Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2019/7/1
¥ 500


【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

小野小町 後醍醐天皇 菅原道真 藤原道長……紙のリサイクルにおける先人たちのエピソードを、親しみやすい史話として紹介。
「この本で、日本の歴史資料に残されている、紙というモノの3Rを通して、日本人がいかに“紙”というモノに接してきたかを考えてみたいと思いました」(はじめに)
かつて日本人は、紙に魂が宿ると考え、様々な用途でくりかえし使用してきた。たとえば平安時代の日本人は、書類の裏面に暦を書き、暦が不要になってからは余白を使って字の練習、最後は漆の器のふたとして、一枚の紙を四度利用したことがわかっている。
リサイクルの達人だった日本人が1500年かけて築いた知恵とはどのようなものだったのか。日本人と紙の切っても切れない関係を、再生紙の脱墨技術の開発に長年携わった著者が解き明かす。
身近な「紙」の、マニアックで奥深い世界が楽しめる一冊。

 目次
プロローグ 一枚の紙で5度のオツトメ
第1章 紙には魂が宿る
第2章 紙を漉き返す
第3章 紙の余白を利用する
第4章 モノを包む
第5章 補強する
エピローグ 「古紙」と「故紙」

【著者プロフィール】
岡田 英三郎(おかだ・えいざぶろう)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 61504 KB
  • 出版社: 22世紀アート (2019/7/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07TVDCLJW
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効になっていません。
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 150,614位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover