お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

紙の月 DVD スタンダード・エディション

5つ星のうち 3.0 53件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 1,642 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,462 (60%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで3,000円OFF 1 件

通常7~10日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 1,642より 中古品の出品:17¥ 450より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 期間中にパナソニックの液晶テレビとDVD・ブルーレイソフトをまとめて買うと、合計金額から3,000円OFFに。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • DVD商品2500円以上購入で買取金額500円UPキャンペーン対象商品です。商品出荷時に買取サービスでご利用いただけるクーポンをメールにてご案内させていただきます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 紙の月 DVD スタンダード・エディション
  • +
  • 海街diary DVDスタンダード・エディション
総額: ¥5,350
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 宮沢りえ, 池松壮亮, 大島優子, 田辺誠一
  • 監督: 吉田大八
  • 形式: Dolby, Subtitled
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2015/05/20
  • 時間: 126 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 53件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00TJPTIP0
  • JAN: 4988013254985
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 14,082位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

2014年公開映画 国内映画賞最多受賞作!
原作:角田光代 × 監督:吉田大八 × 主演:宮沢りえ
日本映画界最高のコラボレーションが贈る、2014年最大の問題作!


●2014年邦画映画賞 最多29冠獲得!
「第27回 東京国際映画祭」では、唯一の日本代表作品にして「観客賞」「女優賞」の二冠達成。
「第38回 日本アカデミー賞」では「最優秀主演女優賞」を獲得。
その他報知映画賞、日刊スポーツ映画大賞、日本アカデミー賞優秀賞ほか数々の映画賞を受賞(※3月1日時点で30冠! )。
2014年邦画を代表する作品『紙の月』がいよいよDVD、ブルーレイにて登場

●原作:角田光代(「八日目の蝉」)×監督:吉田大八(「桐島、部活やめるってよ」)×主演:宮沢りえ(「たそがれ清兵衛」)
日本映画界最高峰のコラボレーションが贈る、2014年最大の問題作!

●主題歌は知る人ぞ知る伝説の米ロックバンドである、
ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコの「Femme Fatale(邦題:宿命の女)」!

●2014年11月15日(土)、全国260スクリーンで公開され興行収入9億を突破する大ヒットを記録!

[内容解説]
【ストーリー】
バブル崩壊直後の1994年。夫と二人暮らしの主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事をしている。
細やかな気配りや丁寧な仕事ぶりによって顧客からの信頼を得て、上司からの評価も高い。
何不自由のない生活を送っているように見えた梨花だったが、
自分への関心が薄い夫との間には、空虚感が漂いはじめていた。
そんなある日、梨花は年下の大学生、光太と出会う。
光太と過ごすうちに、ふと顧客の預金に手をつけてしまう梨花。
最初はたった1万円を借りただけだったが、
その日から彼女の金銭感覚と日常が少しずつ歪み出し、暴走を始める。

[特殊内容/特典]
【音声特典】[宮沢りえ×吉田大八監督]による本編音声コメンタリー

[スタッフキャスト]
【キャスト】:宮沢りえ
池松壮亮
大島優子
田辺誠一
近藤芳正
石橋蓮司
平祐奈
伊勢志摩
佐々木勝彦
天光眞弓
中原ひとみ
小林聡美
【スタッフ】
原作::角田光代(ハルキ文庫刊)
監督::吉田大八
脚本::早船歌江子
主題歌::「Femme Fatale」ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ(ユニバーサル ミュージッ)
製作総指揮::大角正
製作代表:秋元一孝 水口昌彦 加太孝明 宮田昌紀 山本浩 宮田謙一 矢内廣 高橋誠
エグゼクティブ・プロデューサー::高橋敏弘 安藤親広
プロデューサー::池田史嗣 石田聡子 明石直弓
ラインプロデューサー::原田耕治
音楽プロデューサー::緑川徹
撮影:シグママコト(J.S.C.)
美術::安宅紀史
照明::西尾慶太
録音::加来昭彦
整音::矢野正人
衣装デザイン::小川久美子
装飾::山本直輝
ヘアメイク::千葉友子 外丸愛
スクリプター::田口良子
キャスティングディレクター::杉野剛
俳優担当::楠本直樹 福中真弓
音響効果::伊藤瑞樹
編集::佐藤崇
ミュージックエディター::佐藤啓
宣伝プロデューサー::小林真希
助監督::甲斐聖太郎
音楽::little moa 小野雄紀 山口龍夫
「紙の月」製作委員会:(松竹 ポニーキャニオン ロボット アスミック・エース 博報堂
朝日新聞社 ぴあ KDDI)
企画・製作::松竹 ROBOT
制作プロダクション::ROBOT



[発売元]ポニーキャニオン

(C)2014「紙の月」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

角田光代のベストセラー小説を宮沢りえ主演で描いたサスペンス。銀行で契約社員として働く主婦・梅澤梨花と夫との間には空虚感が漂っていた。ある日、大学生・光太と逢瀬を重ねるようになった彼女は、彼のために顧客の預金に手を付けてしまう。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 レブロン トップ500レビュアー 投稿日 2016/8/28
銀行に勤める派遣社員の女性が、若い男にのめりこみ、銀行の金を着服して歯止めが効かなくなるというストーリー。
見ていて、シビアで、ストーリー的にも追い詰められるような展開で、息苦しくなるような感じだが、後半はそれを忘れさせるほどの緊迫感があった。
一方、前半部分で、若い大学生にのめり込むまでのプロセスの描写が薄く、なんとなくヒロインの心情はわかるものの、今一つ共感できなかった。ここがしっかり描けていれば、もっと良かったはずだと思う。しかしながら、ここをしっかり描いていたら、ストーリーの不条理さが逆に薄まってしまったかも知れない、とも思った。
人間、社会生活を送るうえで、心のどこかで思う存分やりたい放題をやってみたいと思いつつも、自制しているものだろう。一見お堅い人の方が、一旦歯止めが効かなくなると、転落していってしまうのかも知れない。誰でもヒロインのようになる可能性はあるのであり、その意味では恐ろしくも興味深い映画だった。
俳優では小林聡美の名演技に脱帽。ラスト近くの宮沢りえとの会話は、生きる意味さえも考えさせられてしまったし、石橋蓮司の得体の知れない存在感はさすがだった。
どこか突き抜けたようなラストまでの流れは、破天荒ではあるが、それはそれでよかったとも思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
前々から視たいと思っていた作品を一昨日ようやく鑑賞。
『黒革の手帖』や『疑惑』みたいなドロドロとした悪女モノを予想していたのだが、
意外にもイメージ・ビデオ調の美しい映像と音楽に溢れた純愛物語みたいなものだった。
主役の宮沢りえが美人で悲惨さがあまりなく、なんだか一種のピカレスク成功物語にも感じられるほど。

最大の目玉は裏主役とも言うべきベテラン行員役の小林聡美の名演技だろう。
これを視るだけでも本作鑑賞の価値はあると思う。
若手行員役の大島優子もはまり役で良かった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 happybear0823 VINE メンバー 投稿日 2016/2/29
宮沢りえ主演。
池松壮亮、大島優子、小林聡美、田辺誠一、石橋蓮司。
吉田大八監督。
サスペンス・タッチで事件の様相を描いています。
また、高校時代に習った奉仕するスピリットがこのストーリーのきっかけとなっています。
角田光代の原作とはプロセスや結末に落としていくイメージや描写が少し違ってきます。
原作では、主人公のキャラに注視し人物を描いているところ。
夫婦間のミゾを大きくクローズアップさせているところ。
それに、もっとひらひらと蝶が舞うように、少女が駆け巡るように、暗くはなく、さわやかに書かれていたと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
原作も素晴らしいが、映画も負けじと傑作だ。難しい主人公の表情を宮沢りえさんは素晴らしい演技で表現されてるし、何と言っても「little moa」の音楽が素晴らしい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
いいところは小林聡美が素晴らしい。目の動き、無表情、抑揚を抑えた話し方、完璧だと思う。
悪いところは、宮沢りえ、彼女が悪いのではなく、主人公の女性は決して美人では成立しないのに、どれだけメイクや表情を暗くしても、宮沢りえの華やかさを抑えることができずにいるから。主人公が美人でなく、男性経験も乏しく、自分の容姿にコンプレックスを持っているからこそ、あんなしょうもない大学生と付き合いたくなり、ブランド物で身を固めたくなるのではないか。必ずしもそれだけではないとは思うが、それでも主人公をこのようにした方が、より説得力があったと思う。
最後はあまりに現実離れしていると思うが、映画だからいいと思う。最後の宮沢りえと小林聡美のやりとりは良かった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 かぼかぼこ VINE メンバー 投稿日 2016/5/24
宮沢りえさんとてもきれいでした。うつくいすぎる犯罪者と言った感じがしましたが、女心は伝わりました。みんなここまではやらないけれど、好きなに人に何かをしてあげたいってわかる気がしました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
普通に、真面目に生きてきた主婦。
今の生活に大きな不満もないけど、全然違う自分を見つけて破滅に向かっていく。
あの大学生はどうなんだ?って思ったけど、相手は誰でもよかったのかもしれないなーと。

罪悪感とか後悔とか、そうーいうのがないのが印象的。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
 90年代を舞台に道を踏み外し横領を重ねる銀行員を描く。

 うーん。話があまりに一本道な気がするなぁ。女優の存在感で勝負する映画なのか。これは主演の宮沢りえに入り込めるかどうかで大きく評価が分かれる映画なんだろう。
 小林聡美と横領する銀行員の友達だとドラマ『スイカ』を思い出しちゃうよね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー