中古品
¥ 16
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙カバーにスレ、使用感ございます。文中は概ね良好です。発送は原則「ゆうメール」です。万が一商品に不備がございましたら、全額返金いたします。※なお、併売品のため、時間差での在庫切れ、又は発送前の最終検品において商品に不具合が見つかった場合は、ご注文をキャンセルさせていただきます。コンビニ決済等で商品を購入した場合の注文キャンセル及びご返金はAmazonギフト券での返金となりますので、予めご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

純愛小説 単行本 – 2007/6

5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 16
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 555 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

純愛小説で出世した女性編集者を待ち受ける罠と驚愕の結末。(表題作)慎ましく生きてきた女性が、人生の終わりに出会った唯ひとつの恋(「鞍馬」)など、大人にしかわからない恋の輝きを、ビタースイートに描く。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

成熟の向こうになお存在する、愚かしくも愛おしい衝動を、時にシニカルに、時にエロティックに描く、篠田節子の最新短編集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 263ページ
  • 出版社: 角川書店 (2007/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048737791
  • ISBN-13: 978-4048737791
  • 発売日: 2007/06
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 958,897位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 中年期、高齢期を迎えた大人を視点に、恋愛、性を切り取ると言うよりはえぐり取った「苦い」短編小説集。

 遊び人だった男友達に相談された離婚話、謎の失踪をとげた姉にちらつく男の影、家を出た息子の自宅に現れる彼女、メンタルクリニックで聞く印象がコロコロ変わる熟年の女。
 どのエピソードも自分自身が経験したわけでもないのに生々しく、胸が苦しくなります。

 苦みの強い珈琲を飲んだときのように私は顔を歪めてしまいましたが、人によってはこの苦みを好む人もいるかもしれません。もしかしたら、私自身がまだ子どもなだけかもしれません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 桜っち 投稿日 2008/4/13
形式: 単行本
相変わらず巧いな〜
というのが読み終わっての感想。篠田氏の小説は短編で
あろうと長編であろうと、いつもながら読み応えがある。
中身がギッシリと詰まった鯛焼きのようなというか・・・。

この短編(中編?)集も、例によって篠田節を効かせながら
読む者の心になんともいえない黒い染みをつけてくれる
オトナの恋愛小説だ。
分別をきかせながらも迷走する生殖器の生々しい蠢きを
アイロニカルなタッチで描写した四つの恋の物語は、
なんとも息苦しい。「生」が「性」であることを否応ナシ
に突きつけられ、「それでもあなたはセックスしたいですか?」
と篠田さんに目の前十センチの距離で詰問されているような息苦しさ。

篠田さんは普段、どんな表情をしながら執筆しているんだろうと、
ふと考えてしまった重い一冊である。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
標題が恋愛小説だから、短編のすべてが恋愛関係かと思ったら、全くそうではなかった。
普段短編はあまり好きではないのだが、これは一話一話がすべて満足できる内容になっていた。
恋愛になんてもう興味がないし持ちたくもない人が読んでも穏やかな気持ちになれる。

全編を通して大人の女性、自分のセクシャリティーが通用できなくなった世代の女性の心理描写が、とてもよく書かれていて共感を覚えた。
静かに心に深くしみわたる内容で、恋愛嫌いの私も無理することなく作品に入っていけ共感できる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 美花絵留 VINE メンバー 投稿日 2008/9/3
形式: 単行本
こうした短編集というと、必ずどれかは「う〜ん」といういまひとつの作品もあるものですが、本書に収められている4篇ははずれなしでした。

特に「鞍馬」。連絡がつかなくなった姉をめぐり、最初は妹の立場で描かれていた物語が、やがて「姉」の視点で語られ始めると、ぐっとミステリー色を帯びてきて、ページをめくる手が止まりませんでした。60代になって初めて経験する恋の味。その衝撃の結末には震えがきます。

あっという間に4篇を読了し、出た言葉は「巧すぎる!」でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ミステリーの要素が多いなと思いました。さすがの文章で、ぐいぐい読ませる感じです。重そうで重くなく、重くなさそうで重いテーマを取り上げられている気がいたします。短編なので読みやすいですが、もう少し、深いものを期待します。内面の描写が少々中途半端な印象でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 本当の純愛とはこうだ!

と作者はこの本で、昨今のお手軽恋愛小説に物申しています。

不倫三昧していた夫が純愛してから改心したとしたら。。。

杉並に家と土地を持つ65歳の乙女の姉が、高倉健みたいな男に言い寄られていたら。。。

息子のガールフレンドがとても美しく、夫が会ったことを隠していたら。。。

35歳の夫が土偶のような47歳の女の体に溺れたら。。。

何もかも捨ててのめり込む人。

理性が勝ち寸前で止めた人。

恋愛とは、損得なしで命懸けでするものではないか。
それでとことん落ちても後悔しないもの。
だから、傍から見て、あんな不美人と?
お金目当てなんじゃないの?

とか言われても本人が満足していれば幸せなんじゃないの。
という何故かわからない恋愛に陥る化学反応。

そして、どのケースも清々しさがあるのは、
この作者の性格なのかなと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告