中古品
¥ 13
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

純情エレジー 単行本 – 2009/3

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 13
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「会っている数日のあいだ、わたしたちはセックスしかしない。おぼえたての高校生のままみたいに」十七歳のわたしたちが互いに向けたのは、ただ、欲望だった。それから八年。上京した彼は年に一度だけ故郷に帰ってくる…。上京、就職、結婚と、人生で最初の岐路に立つ主人公が振り返る、忘れられないセックスの記憶。少女から女へ、少年から男へ。心と身体の移ろいを瑞々しく描きだす全七篇。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

豊島/ミホ
1982(昭和57)年、秋田県生れ。早稲田大学第二文学部卒。2002(平成14)年、「青空チェリー」で第一回「女による女のためのR‐18文学賞」読者賞を受賞してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 190ページ
  • 出版社: 新潮社 (2009/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104560030
  • ISBN-13: 978-4104560035
  • 発売日: 2009/03
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 12.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 655,437位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 マキ VINE メンバー 投稿日 2009/5/20
形式: 単行本
『会っている数日のあいだ、わたしたちはセックスしかしない。
 おぼえたての高校生のままみたいに―――』

どきっとする一文そのまま
からだのつながりを主軸にした恋愛小説集です。
「女による女のためのR‐18文学賞」でデビューした作者の
原点回帰ともいえるような短編集といえるかもしれません。

豊島さんらしく、舞台はすべて田舎。
ふつーの男子高校生のひと夏の経験であったり
上京した元彼が帰ってくる三日間であったり
なにか、振り返れば人生のひとつの区切りとなる「そのとき」が舞台になっている。

どのお話も恋人とはいえない、約束事のない二人で
求め合う二人の行為は、刹那的。
けれどその描写はなぜか
官能的というよりも、せつなさが胸を打つ。
けして恋とか愛とかいうものを真剣に考えているわけではないのに
ひどく純粋な恋心がそこに見え隠れしているのだ。

あまりロコツなのはちょっと…という人でも
官能小説とかエロティックとかいう売り文句に一歩引かないで
手にとって読んでみてもらいたいのです。
こんな切なさを表現できる作家は他にそうそういない。
豊島ミホさん、
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
7つの短編は男と女がからむ甘ったるいものなのに、豊島ミホにかかると鋭くて冷たい言葉が鎧となって、なんとも切ないラブストーリーになっている。
将来を漠然と考えながらも、今の恋愛を貪欲に食べる主人公たちの姿は生のまぎれもない姿になる。その艶めかしさはR−18文学賞デビューが伺える特徴かもしれない。
欲望だけの作品と重松清の『なぎさの媚薬―敦夫の青春|研介の青春』シリーズなのと考えてると全く異なります。欲望を主体にしていそうに見せながら、恋心がきちんと存在する作品だから。
自分の人生を相手に委ねてしまえる幼さが残るからこそ、関係の中心に欲望が見えるけれども、実は相手の存在に心を重ねている恋がある。その辺りの描きかたが絶妙な豊島ミホ、まだまだ期待の作家です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
こういう小説は困ってしまう。勿論、いい年齢をしてセックスを否定するつもりはない。ただセックスを描くならこう、なんというか必然がほしい。読むことを納得させるだけの何かが描かれていてほしい。
本書は、その辺に転がっている、何にもなることのできない青春期のちっぽけな少年、少女、イタさという言葉が似合うような彼らを、生き生きと切なく描くことを得意とする作家、豊島ミホの、本書オビの言葉を借りれば「等身大のエロティック純愛小説」。
そこにはセックスを通すことで初めて実感できる、彼らのちっぽけで陳腐で切ない恋愛や想いが幾つかの短編として描かれる。生き生きというより、さらけだされるような肉と肉のぶつかり合い、肌と肌の触れ合い。ぬくもりを交わすことでしっかりと確かめる、あるいはぬくもりでしか確かめる術を知らない。それもひとつの愛のかたちなのかもしれない、かけひきではなく、ただ求めるだけの身体の欲望。ある意味、純粋と言えるのかもしれない。本当の「想い」なのかどうかは別として。
好意的に読もうと、徒に言葉を弄び、連ねてみれば、本書を高く評価することは可能だろう。しかし正直に言えば予想どおり途方に暮れた。以前、村山由佳の描いた、この年代の主人公の性愛を描いた作品を読んだときと同じようにどうしたらよいのだろうという思い。本書はぼくの好みではない。
「十七歳スイッチ」「
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nyanco VINE メンバー 投稿日 2009/5/18
形式: 単行本
豊島さんは、「女による女のための『R-18』文学賞(読者賞)」受賞者。

この作品も、ややR‐18っぽい表現が多々、出てきます。
おまたパカパカの女の子が嫌いなので、最初の「十七歳スイッチ」で、う〜ん、と思ったのですが、感情表現などに面白いものを感じ読み進めました。
「あなたを沈める海」
遥のような生き方、私は選ばないけれど、照には言わない遥の気持ちに胸がキュっとなりました。
年に一度、たった数日だけ一緒に時を過ごす照と遥。
「飛行」は、照から語られた物語。
こちらが描かれることにより、物語に深みが出たように感じました。
他の作品も、地方出身者が主人公のものが多く、方言がとても効果的でした。

只今、休筆宣言中の豊島さん。
デビューが早かったから疲れたのでしょうか。
ゆっくり休まれてから、再びペンを取っていただきたいと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告