通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
紅迷宮 (祥伝社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

紅迷宮 (祥伝社文庫) 文庫 – 2002/6

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 紅迷宮 (祥伝社文庫)
  • +
  • 翠迷宮 (祥伝社文庫)
  • +
  • 紫迷宮―女流作家ミステリー・アンソロジー (祥伝社文庫)
総額: ¥1,934
ポイントの合計: 24pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (和書総合)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

昔から鼻持ちならなかった女と再会して、青いマニキュアの謎の女性、橋を渡るとき、思わず緊張するのはなぜ?、四年前、失踪した女子職員が意外な場所に、知性と教養に溢れるロマンスグレイの紳士は―唯川恵、柴田よしき、五条瑛、光原百合、桐生典子、篠田節子、森真沙子、小沢真理子、永井するみ、小池真理子があなたに贈るミステリアスな、おののき。


登録情報

  • 文庫: 321ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2002/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396330545
  • ISBN-13: 978-4396330545
  • 発売日: 2002/06
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 450,265位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2003/2/27
形式: 文庫
一度に10名の作家のミステリー小説が読める良い本でした。恐い話も多いけど、本当に読み応えのある話ばかりでした。
最後に各話と作家についての解説が付いてます。もっと作品を読みたいと思わせる作家を探すのにも良いと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私が大好きな「迷宮」シリーズ。

ここでも、女性ならではの感性が発揮されています。

とくに、個人的に大好きな「唯川恵」さんの作品がお気に入りです♪

女心を知りたい方や唯川恵さんファンにははずせない一品
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 fancy 投稿日 2007/2/18
形式: 文庫 Amazonで購入
この本を読んだのは、2回目だが、結構知らない作家の作品も多く、それぞれの個性があって、楽しむ事が出来た。今後も読みたい作家は特にいなかったが、また機会があったらミステリー以外の作品などを読むのも面白そうだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ハズレが多い!!点数としては2.5。全体的にイマイチです。短編って書くの難しいんでしょうね。
そのなかでも個人名を出して申し訳ないけど、光原百合さんの「橋を渡るとき」
ラノベか?!と思いました。最後まで読んで疲れた…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック