通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
紅白歌合戦と日本人 (筑摩選書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版。カバーに薄い複数のスレキズ、上下部に薄いスレ、端に若干のヨレ、カバーと三方の一部に若干の薄汚れ、本文に多数の角折れ跡があります。ほかは、やや強めの使用感はありますが、中古品として概ね良好なコンディションです。コンディションガイドラインに沿って販売、比較的状態の良いものを選んで販売しております(書き込み・マーカーの無い状態)が、中古品の為若干の使用感や傷みがある場合がございます。万が一品質に不備があった場合には返金対応。消毒後に防水シートまたは保護シートに包んだ後、梱包して発送いたします。付録や付属品につきましては明記のないものは原則として付属しません。この商品は(神代本舗発送代行)により年中無休で毎日発送されます。神代本舗が発送する商品は地域の障害者活動支援センターで1点ずつ丁寧に梱包して発送いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

紅白歌合戦と日本人 (筑摩選書) 単行本 – 2013/11/13

5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/11/13
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 212

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 紅白歌合戦と日本人 (筑摩選書)
  • +
  • 紅白歌合戦の舞台裏 誰もが知りたい紅白の謎と歴史
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 71pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

誰もが認める国民的番組、紅白歌合戦。今なお40%台の視聴率を誇るこの番組の変遷を、興味深い逸話を交えつつ論じ、日本人とは何かを浮き彫りにする渾身作!

内容(「BOOK」データベースより)

今なお、四〇パーセント台の視聴率を誇る、紅白歌合戦。「紅白」の歩みは、私たち日本人の歩みでもあった。美空ひばり、坂本九、山口百恵、都はるみ、SMAP、美輪明宏…。大晦日の夜、時代を彩る歌手が一堂に会し、その年のヒット曲を、懐かしの歌を、心に残る名曲を歌い上げる。時代とともにそのあり方を変えながら、国民的テレビ番組であり続ける「紅白」に、私たち日本人は何を求めてきたのか。今日に至るまでの「紅白」の歴史をたどり直し、日本人の心の軌跡を描き出す渾身作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 350ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2013/11/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480015868
  • ISBN-13: 978-4480015860
  • 発売日: 2013/11/13
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 460,234位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

投稿者 nilce 投稿日 2014/5/18
 私が紅白歌合戦を初めて観たのは、TVが我家に来てからであるから昭和34年頃だろう。つまり第10回である。
 それから(多分)一回も欠かさず観ているから、もう50年以上観続けている。飽きもせずに?いや実を言うと、最近では昔ほどの熱心さではもう観ていない。録画しても観直さないことがあるくらいである。しかし観続けている。そういう人、我々の世代には結構いると思う。いやおうなしの行事のように、観てしまうのである。
 私の一番古いの紅白の記憶は、森繁久弥やフランキー堺やトニー谷なんかが出ていたころである。まだ小学生だったから、どういう時代で、どういう文化でそのような紅白になったなどということも考えずにただ、楽しく観ていた。
 それを今の大人の自分がどう感じるか、ということなどを期待して本書を読んだのだったが、つまり、もっと資料的な内容と解説かと思ったのだったが、そうではなかった。出場歌手一覧にしても1963年のものが一箇所出てくるだけである。
 しかしそういう不満は当方の勝手であって、著者としては、紅白歌合戦という日本の番組の文化的側面を書こうとしたのだろう。そういう意味では、第一回から2012年の第63回まで網羅的に書かれた、真面目な本である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 モワノンプリュ VINE メンバー 投稿日 2013/12/19
Amazonで購入
 TV文化論を専門とする社会学者を名のる著者は、これまですでにお笑いやアイドル史に関する著作を発表しているが、いずれも1960年生の自身のリアルタイムでのTV体験を足場に語ってきた。しかし今回の本は、表題のとおり1951年から現在に続く「紅白歌合戦」という番組を柱に、しかもその前身で、1945年末に放送された「紅白音楽試合」にまで言及しながらTV文化を論じた内容で、おそらくは著者は執筆過程で、これまでとは異なる叙述上の課題に直面したと推測される。
 問題はそれが成功しているかどうかだが、どうだろう。

 今後もし「紅白」について語ろうとするなら、本書は必ず参照される1冊になるだろう。ただし叙述の大きな枠組みをなす歴史観については、教科書でも読まされているような物足りなさを感じた。特に著者が同時代的に経験できなかった時代の叙述については、出来合いの構図を流用して描いた書割の歴史に留まっている。
 著者は「紅白」そのものや、歌手や歌については、入手可能な限りで1次資料に当たったに違いない。しかし、それらを大状況に関連させて意味づける際の、その大状況が、いかにも奥行きを欠き、通念に沿った当たり障りのない時代把握に終始しているように思う。しかも、ここぞという解釈場面に限って、特に本書前半部分で「ではないか」、「だったのではないか」といった語尾が多用さ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
全曲目のリスト・歌詞も付録でと思ったが、これはネットですぐわかること。
エピソードも豊富だし、書かれていることも一人よがりでない。
十分満足できる「紅白歌合戦における歌謡曲からみた現代史」だと思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
紅白歌合戦は見る。
でもかつてのように、ずっと見る訳ではなくチャンネルを変えながら。
ましてテレビは1人に1台の時代だ。

筆者と同じ年の生まれ、ほぼ同じように紅白は受け止めてきたと思う。

でも現況を考えるにさて、筆者の言う「紅白歌合戦は日本人の安住の地」たり得ているのか。
ここまで大上段に振りかぶる勇気はもてない。

送り手NHKの意図はどうあれ、受け手の側は変わっている。

ただ史料を博索した跡が見え、時代の空気を振り返るのにはいい読み物。
嗜好の分散化を重ねてきた日本の戦後史で、逆説的な言い方ながら「全国民普く愛唱する歌」がない世の幸せというのもある、と再確認した。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック