通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
紅楼の悪夢 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 3月書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【カバー・表紙】微汚れ・ヤケ・スレ少々 【天地・小口】汚れ少々 【紙面】ヤケ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

紅楼の悪夢 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) 新書 – 2004/6/11

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 796

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 紅楼の悪夢 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
  • +
  • 観月の宴 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
  • +
  • 南海の金鈴 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 76pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

酒場、賭場、娼館が集まり、この世の極楽ともいえる一大歓楽地・楽園島。出張旅行の帰途、腹心の部下マーロンと共に宿を求めてこの地を訪れたディー判事。繁盛を極める楽園島で何とか確保した宿は、かつて自殺が相次いだ不吉な一室、紅色で室内を統一した通称・紅堂楼だった。剛胆な判事は気にも留めなかったが、絶世の美女が突如部屋に闖入したり、奇怪な人影が窓外に現れたりと、怪事が相次ぐ。そして深夜、宴席から戻った判事を待っていたのは、紅の絨毯に横たわる全裸美女の死体だった…極楽の裏に潜む地獄を暴く、判事の比類なき名推理。

内容(「MARC」データベースより)

不夜城の歓楽地・楽園島へと赴いたディー判事は、遊郭を血に染める惨劇に遭遇する。事件は、華やかな世界の裏に隠された過去の悲恋に端を発していた。稀代の名探偵がかつてない難事件に挑む。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 182ページ
  • 出版社: 早川書房 (2004/6/11)
  • ISBN-10: 4150017522
  • ISBN-13: 978-4150017521
  • 発売日: 2004/6/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 343,187位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/6/19
形式: 新書
 おなじみのディー判事もの。時系列的には『観月の宴』の直前に当たる。もし『観月の宴』が未読なら、こちらから読んだ方がいいだろう。
 楽園島という歓楽地に立ち寄ったディーは、友人のルオから奇妙な自殺事件の操作を押しつけられる。なんと事件はディーが泊まることになった、まさにその部屋で起こったのである。楽園島を取り仕切る3人の男たちに、高慢な花魁、部下のマーロンも絡んで謎は30年前までさかのぼることになり…。
 ディーが迷走するのが面白いが、謎自体は単純で、ミステリとしての出来はいまひとつ。プロットが良く出来ているだけに、冒頭部で犯人のわかってしまうようなトリックが残念。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 唐王朝時代の実在の人物をモデルにした中国を舞台にしたミステリーシリーズの特徴は、当時の風俗描写が良く出来ていて、かつ作者自身が中国風(時代がやや下るが)の挿絵でも表現している点と、キャラクターたちが京劇のようにはっきりした役割を持って表現されている点に尽きると思います。主役のディー判事は、水戸黄門と大岡越前級の名裁ききに、人柄の厳しさと温かかさを感じます。副官のマーロンは、男気あって腕もたつうっかり八兵衛といったところでしょうか。
 今回の事件は歓楽島の高級娼婦殺人と、過去の自殺を結び付けつつ、マーロンの失恋?ありと、悲惨な苦しみを抱えた人間に対する温情ある裁きに、最後はホロリとさせられました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 spikework VINE メンバー 投稿日 2004/9/13
形式: 新書
中国の一種独立した歓楽街での怪事件を当地の知事に
揉め事を押し付けられたディー判事が担当する一編
官僚のエリート候補や歓楽街一の花魁の怪死
更に30年前の同様の事件を
判事が解決します
それぞれが少し関連性に乏しいのが難点
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告