紅の豚 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

紅の豚 [DVD]

5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,691 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,385 (27%)
残り19点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 3,691より 中古品の出品:4¥ 3,300より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 紅の豚 [DVD]
  • +
  • 魔女の宅急便 [DVD]
  • +
  • 天空の城ラピュタ [DVD]
総額: ¥11,073
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 監督: 宮崎駿
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語, 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日 2014/07/16
  • 時間: 93 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00K72YNZ4
  • JAN: 4959241753069
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 1,007位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

最新HDマスターを使用した
デジタルリマスター版DVD! !

『紅の豚』

<ストーリー>
1920年代末のアドリア海は、ファシズムの足音と新たな戦争の予感におびえていた。それは決して「古き良き時代」などではなかった。食い詰めた飛行機乗り達は空賊となって暴れまわり、彼らを相手に賞金稼ぎたちは功を競った。その中に、賞金稼ぎとして最も名を上げていた一匹の豚、ポルコ・ロッソ(紅の豚)がいた。イタリア空軍のエース・パイロットだった彼は、自らに魔法をかけて豚の姿になってしまったのだ。ポルコをとりまく女性たち、手に汗握る空賊との戦い、アメリカからやってきた宿命のライバル、そして全編を彩る空を飛ぶロマン。誇りと金と女のために、命を賭けた戦いが今幕を開ける。

<映像特典>
●絵コンテ
●予告編集
●プロデューサー・インタビュー/制作当時に鈴木敏夫が語る「紅の豚」(約3分)

※商品情報は変更になる場合があります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

宮崎駿監督の連載漫画を映画化した長編アニメのデジタルリマスター版。世界恐慌の嵐が吹き荒れるイタリアを舞台に、国家の英雄になることを拒み、自ら魔法を掛けブタになった中年パイロットの活躍を描く。加藤登紀子、桂三枝など豪華声優陣が出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 菅野 正美 投稿日 2014/7/26
Amazonで購入
長年の夢がかないました。男のロマンかな、でも愛嬌かな。楽しいことは確か
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
空中での活劇が多い中、最後には地上での決闘があり迫力がすごいです。

まさに、宮崎 駿監督が描きかった作品が生まれたのでしょう!!

ポルコ・ロッソ役はやはり森山周一郎さんにしか合わないと思います。あの素晴らしい低音の声は「紅の豚」のロマンを引き立たせております。 
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ジブリ作品はコレクションとしても最高です。何度見ても飽きませんね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
中古出でも高いなら新品買えばいいと思う。大人のバイブルだと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
若い頃はこの映画の魅力が分からなかった。
本当につい最近40代にしてその魅力に気付いた。

とにかく登場する人物達が魅力的だ。
悪党なんだけど単なる悪人じゃない。

そしてなぜ主人公が豚なのか?
理由はよく分からないが、普通の人間だったら
こんなに面白くはならなかったのかも知れない。

忘れた頃にふとまた観たいと思う。
紅の豚はそんな映画だ。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
世界には異なった価値観を持った人がいる。宮崎駿監督を帝国の主だと崇めたり、金持ちのじじいが金稼ぎにやっているだけだと批判したり、マルコ達のストーリーを純粋に楽しむ人もいる。結局、見方はそれぞれで良いのだと思う。肯定的な意見も批判的な意見も大切だ。それを踏まえた上で、私はこの作品が好きだ。だからこそ紅の豚が人々の記憶に残って欲しいと思う。この作品を通して色んな意見が飛びかっているということはそれだけ愛された作品だと言うことだ。無関心ならば意見は生まれない。この作品が多くの人に個々の価値観を持たせてくれることを願おう。最後ではあるが、マルコのようなダンディーで冷静な男になりたい今日この頃の私である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 羽田シルバー VINE メンバー 投稿日 2016/11/14
宮崎駿監督のスタジオジブリ作品です。イタリアを舞台とした飛行艇乗りの豚が主人公です。もう何回も見た作品ですが、改めて見て、たくさんの発見がありました。飛行艇制作のシーンで、戦争で、男手がなく、女性ばかりで、制作しているシーンは面白かったです。また、イタリアのファシスト党の政治についても描かれていて、驚きました。そして、何より、男のダンディズムがカッコ良かったですし、イタリアのロマンの光景も素敵でした。やはり宮崎監督はスゴイ人だったのだなあと再確認しました。また、、見てみたいです。何度見ても、味わえる作品なのだと思いました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ガラクタ(大宮) 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2014/10/16
眼のさめるような青い空と白い雲を背景に、紅の飛行機が飛んでいるシーンがとても印象深い作品で、
主人公が冷酷で非常な雰囲気を漂わせているような映画だと思うんだけど、当時男が主人公とい
のは監督のアニメからするとちょっと異色のような感じがしました。

人生そのものに夢を託さない主人公が、心の底から愛しているのは飛行機だけなのである。
罪深い人間であることに嫌気がさした、彼にとっての飛翔というのは、その行為自体が楽しいので
はなく、もう地上の世界には住むことができないという、最後に到達した答えなのかもしれない。

またこの作品の背景に眼を通すと、これは実にすばらしいものであった。目のさめるような青い空
と白い雲、さらにはアドリア海の生々しい青い表現、夜の濃厚な気配も上手に再現していると思います。
また、エンジンの音も実にリアルな感じをかもし出していました。
それにしても主人公の声を担当した森山周一郎が絶妙でした。またフランス語音声でボルゴを演じるのは
ジャン・レノです。

企画当初は30分の短編だったという本作が、絵コンテを作っていく過程で90分の長編へ形を変えた
というエピソードがあるのです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これは映画館に家族全員で行った唯一の思い出深い作品です。当時は小学生だったので、ストーリーを把握できていたかは疑問ですが。
主人公が豚になったポルコ・ロッソ。紅の飛行機を乗り回し、悪党から子どもを救う冒頭シーンから笑いこけたのを覚えています。
本来なら緊迫する場面なのに、物怖じしない子ども達と誘拐する空賊の輩が同レベルの会話をしたり、ジーナの女性的雰囲気に、大人の世界を感じたりしたことを覚えています。
飽きないリズムで進むストーリーには、様々な人生が入り乱れ、それなのにどこか敵も味方も清々しいほど自分を生きている。
その姿は自分が思春期になっても、大人になっても、たぶん変わらない永遠の傑作だからでしょうね…。
ジブリは沢山作品を出してきましたが、自分は一番この作品をよく見ました。
そしてこれからも見ていくんだと思います。
完全な善や悪を描くより、人間が不器用で矛盾だらけだからこそ、それぞれの人生が正に生きていく。それがあって、こんなふうな唯一無二の素晴らしいアニメドラマが生まれるんでしょう。
物語りはいつも変わらないけれど、自分の成長と共に語りかけてくる内容が、見るたびに全く違って心に映る。こんな映画に出逢えた事が、すごく尊く感じます。
よい作品は時代も国境もなく、人々の手から伝わり生き続ける
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。dvd 邦画