紅の豚 [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,552
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 3,560
通常配送無料 詳細
発売元: 大八商店(※送料込みにて最安価格に挑戦)
カートに入れる
¥ 4,980
50pt  (1%)
通常配送無料 詳細
発売元: ブックス鵬宝堂(年中無休で最短発送、コンビニ受取・代引可能)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

紅の豚 [DVD]

5つ星のうち 4.3 20件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,580 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,496 (29%)
ポイント: 72pt  (2%)  詳細はこちら
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、S japanが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:16¥ 3,552より 中古品の出品:9¥ 2,561より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 紅の豚 [DVD]
  • +
  • 魔女の宅急便 [DVD]
  • +
  • となりのトトロ [DVD]
総額: ¥10,722
ポイントの合計: 72pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 監督: 宮崎駿
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語, 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • 発売日 2014/07/16
  • 時間: 93 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 20件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00K72YNZ4
  • JAN: 4959241753069
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,223位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

最新HDマスターを使用した
デジタルリマスター版DVD! !

『紅の豚』

<ストーリー>
1920年代末のアドリア海は、ファシズムの足音と新たな戦争の予感におびえていた。それは決して「古き良き時代」などではなかった。食い詰めた飛行機乗り達は空賊となって暴れまわり、彼らを相手に賞金稼ぎたちは功を競った。その中に、賞金稼ぎとして最も名を上げていた一匹の豚、ポルコ・ロッソ(紅の豚)がいた。イタリア空軍のエース・パイロットだった彼は、自らに魔法をかけて豚の姿になってしまったのだ。ポルコをとりまく女性たち、手に汗握る空賊との戦い、アメリカからやってきた宿命のライバル、そして全編を彩る空を飛ぶロマン。誇りと金と女のために、命を賭けた戦いが今幕を開ける。

<映像特典>
●絵コンテ
●予告編集
●プロデューサー・インタビュー/制作当時に鈴木敏夫が語る「紅の豚」(約3分)

※商品情報は変更になる場合があります。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

宮崎駿監督の連載漫画を映画化した長編アニメのデジタルリマスター版。世界恐慌の嵐が吹き荒れるイタリアを舞台に、国家の英雄になることを拒み、自ら魔法を掛けブタになった中年パイロットの活躍を描く。加藤登紀子、桂三枝など豪華声優陣が出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
若い頃はこの映画の魅力が分からなかった。
本当につい最近40代にしてその魅力に気付いた。

とにかく登場する人物達が魅力的だ。
悪党なんだけど単なる悪人じゃない。

そしてなぜ主人公が豚なのか?
理由はよく分からないが、普通の人間だったら
こんなに面白くはならなかったのかも知れない。

忘れた頃にふとまた観たいと思う。
紅の豚はそんな映画だ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ガラクタ(大宮) 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2014/10/16
眼のさめるような青い空と白い雲を背景に、紅の飛行機が飛んでいるシーンがとても印象深い作品で、
主人公が冷酷で非常な雰囲気を漂わせているような映画だと思うんだけど、当時男が主人公とい
のは監督のアニメからするとちょっと異色のような感じがしました。

人生そのものに夢を託さない主人公が、心の底から愛しているのは飛行機だけなのである。
罪深い人間であることに嫌気がさした、彼にとっての飛翔というのは、その行為自体が楽しいので
はなく、もう地上の世界には住むことができないという、最後に到達した答えなのかもしれない。

またこの作品の背景に眼を通すと、これは実にすばらしいものであった。目のさめるような青い空
と白い雲、さらにはアドリア海の生々しい青い表現、夜の濃厚な気配も上手に再現していると思います。
また、エンジンの音も実にリアルな感じをかもし出していました。
それにしても主人公の声を担当した森山周一郎が絶妙でした。またフランス語音声でボルゴを演じるのは
ジャン・レノです。

企画当初は30分の短編だったという本作が、絵コンテを作っていく過程で90分の長編へ形を変えた
というエピソードがあるのです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 羽田シルバー VINE メンバー 投稿日 2016/11/14
宮崎駿監督のスタジオジブリ作品です。イタリアを舞台とした飛行艇乗りの豚が主人公です。もう何回も見た作品ですが、改めて見て、たくさんの発見がありました。飛行艇制作のシーンで、戦争で、男手がなく、女性ばかりで、制作しているシーンは面白かったです。また、イタリアのファシスト党の政治についても描かれていて、驚きました。そして、何より、男のダンディズムがカッコ良かったですし、イタリアのロマンの光景も素敵でした。やはり宮崎監督はスゴイ人だったのだなあと再確認しました。また、、見てみたいです。何度見ても、味わえる作品なのだと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ヒコーキマニア向けの作品で、大人のテイスト。
アニメは、子供対象でない作品ができるということを示したのだろうか?
ポルコは、優秀なパイロットだったが、今は、賞金稼ぎのヒコーキ乗りに。
姿は、なぜか豚に されてしまった。
声が、森山周一郎なので 渋くて いい豚になっている。
ブタのダンディズム というものを発揮。イタリア アドリア海 が舞台。
ジーナの 大人としての女性が、うまくかもし出されている。
声が、加藤登紀子。いい声をそろえている。
アメリカ人 カーチス。空賊の用心棒をしながら シナリオを書いて 
ハリウッドのスターを夢みて、将来は 大統領になるという。
こういう、アメリカ的な人物設定がいい。
ジーナが カーチスにいう
『あんたのそういう馬鹿っぽいところが好き』と。
確かに、憎めなくてかわいい男性である。
ピッコロ社の職人気質の おじいちゃん。そして、その孫であるフィオナ。
おじいちゃんの エンジンをフル回転しているときのうれしそうな顔がとてもいい。
雲、空、そして飛び回る。人を殺すことが嫌いな ポルコ。
ファシストと一緒になるより、豚のほうがいいと。
宮崎駿としては 違った世界を構築している。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 菅野 正美 投稿日 2014/7/26
Amazonで購入
長年の夢がかないました。男のロマンかな、でも愛嬌かな。楽しいことは確か
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ジブリ大好きなのに、なぜかこの作品は食わず嫌いで観ていませんでした。アホでした。

社会人になって初めて観て、面白くてマジ後悔。
自分の中でジブリはもののけ姫がNo.1なのですが
この作品が勝っちゃったかも...w
ポルコはワイルドなキャラなのになぜか可愛く見えてくる(笑

イタリアに生まれてみたかったと思わせるくらい美しい海。空を舞う飛行艇。憎めない空賊たち。強く美しい女性たち。

男のロマンが詰まっています。
最高です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー