約束の旅路 デラックス版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 注)レンタル専用商品でディスクは1枚です。メーカーの承諾を得て販売している正規品です。★ケース交換、クリーニング済み。ジャケット、ディスクに若干のスレがありますが全体的に良好な状態です★レンタル用ラベルなど商品を傷つける恐れがある場合には剥がさずにそのままの形での郵送となります。(ディスクとケースのみの出品で特典等は付属していないのでご了承下さい)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,608
166pt  (5%)
通常配送無料 詳細
発売元: 杜若堂【コンビニ払い&各種お支払い対応】
カートに入れる
¥ 3,608
166pt  (5%)
通常配送無料 詳細
発売元: さるかに堂☆毎日迅速配送☆【お急ぎ便・代引・コンビニ支払い可能】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

約束の旅路 デラックス版 [DVD]

5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,608 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,468 (29%)
ポイント: 166pt  (5%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、春風★迅速・丁寧・真心を込めてお届けします★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,608より 中古品の出品:13¥ 649より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: シラク・M・サバハ, ヤエル・アベカシス, ロシュディ・ゼム
  • 監督: ラデュ・ミヘイレアニュ
  • 形式: Color, Mono, Widescreen
  • 言語: フランス語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2007/10/24
  • 時間: 140 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000V9FRQ2
  • JAN: 4532640303532
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 137,840位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

イスラエルが行った実在の難民移送作戦“モーセ作戦”を題材にしたヒューマンドラマ。ユダヤ人と偽り、スーダンの難民キャンプからイスラエルへと脱出した9歳のエチオピア人少年。真実の名前を隠し新しい土地で生きる少年の葛藤と苦難の人生を描く。

内容(「Oricon」データベースより)

エチオピアのユダヤ人をイスラエルに移送するという「モーセ作戦」の史実、そして監督自身が出会った一人のエチオピア系ユダヤ人の男性の体験を基に、フランスの新進気鋭監督ラデュ・ミヘイレアニュが贈る感動作。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

スーダンの難民キャンプから、
ユダヤ人と偽り一人イスラエルへ脱出するエチオピア人の黒人少年が成長していく物語。
彼の母親が息子をイスラエルで生き延びさせようとする苦肉の策で、
彼が望んだことではない。

言い出したら切りがない程、様々な問題が背景にある。
それを小さな身に背をわざるを得ない哀しさを、少年の眼がものがたる。
少年の眼を観ていたら、何も言えない。
評価云々という作品ではない気がする。

観ているのが辛く、胸が痛くなる。
ただ、心に突き刺さるものの深さを★の数で表すのみ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
自分は何者か?自分の存在の曖昧さに
思い悩むシュロモ少年にグッときた。

人は独りでは生きてゆけないと言うけど、
こんな人生を送る人もいるんだなぁ・・。

エチオピアに住むユダヤ人をイスラエルに
移送した「モーセ作戦」を初めて知った。

難民キャンプ、宗教、養子縁組、人種差別、
家族愛、隣人愛と、見ごたえがありました。

たくさんの人の愛情の中で自己を確立する
主人公に引き込まれ140分が早かった。

最後の実母との再会シーンがたまらない、
静かな感動が胸に迫って泣けました・・。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トビアス 投稿日 2008/1/15
イスラエルのことだとかエチオピア系ユダヤ人のこととか全く知らないで観て、観終わった後もよくわかってないですけども、一つ一つの出来事をそのまま理解していきながら観れば感動できると思います。監督さんはすべての母親に観てほしいと言っていましたが、親と縁を切った子供のいない僕のような人間が観ても感動しました。本当の母と別れ、養子として裕福な家庭に引き取られた主人公。生活のギャップに戸惑いますが、勉強をがんばりついには医者になってもともと生活していた難民キャンプ(?)で働くようになる。一見波瀾万丈のような主人公の人生ですが、最終的には恵まれた家庭に引き取られ医者にまでなる。自分自身の人生と比べて非常にうらやましくなりました。主人公は常に本当の母を想いますが、養子として引き取られた先での家族の方にこそ愛があると思いました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
エチオピア難民の少年がユダヤ人と偽ってイスラエルに迎え入れられ、いわれなき差別とおのれのアイデンティティの確立に苦悩しながら、たくましく成長していく魂のビルダングスロマンです。

 なんだまたお馴染みのユダヤ人苛め物語か、といささか鼻白みましたが、だんだん引き込まれてとうとう2時間半も見物してしまいました。

 主人公が母親の愛情、米国とモサドの脱エチオピアエクソダス作戦に後押しされる形でイスラエルに潜り込んだものの、そこでも黒人ゆえのいじめや差別に遭うあたりの描写は新鮮ですし、国際政治に翻弄されながらもしたたかに生き延びようとする青年を、側面から擁護する寛容な人々の精神のありようがしっかり描かれていました。

 ただラストの母親との奇跡的な再会シーンは不要なり。また原題の「VA, VIS ET DEVIENS」という韻を踏んだよいタイトルを、「約束の旅路」などという凡庸な日本語に「翻訳」する配給会社のセンスを疑うのです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
9歳の少年には過酷すぎるほどの多くの苦難を抱え、その中でも人の愛に支えられて乗り越え成長していく。

宗教問題、人種差別などの苦難、生い立ちを偽っての罪の意識。成長する過程において生き方を強いられ、
後ろめたさを抱えながら生活していくのはたとえ恵まれた環境の中でも非常に窮屈だろう。

自分は何のために生きているのか?その答えが少しでも見えてきた時に人は大きくなれる。そんなことを気づかせてくれる映画でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
買い置きしておいた「約束の旅路」という映画を観た。今、エチオピアに関係しているのでメンギスツ政権時代に実施されたモーゼ作戦も耳にしており、この映画をたまたま見つけたので是非観たいと考えていた。映画は149分の長編、とても見応えのある内容でした。1984年に実施されたエチオピアのユダヤ人をイスラエルへ空輸するモーゼ作戦を題材にしている。北部ゴンダール出身の9歳のエチオピア人少年がユダヤ人と偽りスーダンの難民キャンプからイスラエルへ逃れ、真実を隠して生きる葛藤と苦難の人生、そして、宗教、人種、隣人愛、家族愛を描いた作品。原題はフランス語、Va, vis et devines!「行きなさい、生きなさい、そして何かになりなさい」。
各所での映像はきめ細い、雄大かつ急峻な地形、そして、森林のないエチオピア北部シミエンの風景、少年の水に対する認識(イスラエル到着後のシャワーのシーン)、学校での人種的偏見、故郷への想い;裸足で歩くシーン、同じ黒いユダヤ人同士での美人局、養父母や義理の兄妹の愛情表現、人種を超えた人間愛、イスラエル情勢など。
昨年末からエチオピア国内では反政府デモや民族間の対立がエスカレートし内政が緊張している、この映画は何か示唆するものがあるように思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す