¥ 1,296
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
約束の大地 想いも言葉も持っている がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

約束の大地 想いも言葉も持っている 単行本(ソフトカバー) – 2017/3/15

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/3/15
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1,682

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 約束の大地 想いも言葉も持っている
  • +
  • ねずさんと語る古事記 壱
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 85pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

ご覧の通り 何もできない私ですが
ぼんやりと生きてきた
わけではありません。 ずっと私は
人間とは何なのか
ということを
考えてきました。

〈目次〉
序文 矢作直樹(東京大学名誉教授)
「約束の大地」に寄せて 柴田保之(國學院大學人間開発学部初等教育学科教授)
約束の大地 詩 みぞろぎ梨穂
梨穂の言葉 みぞろぎ眞理
梨穂の言葉
梨穂とのおしゃべりタイム
2016年柴田保之先生との対談
きんこんの会
24年の希積~脳障がいの娘と希望を積んできた日々 みぞろぎ眞理

著者について

みぞろぎ/梨穂 (溝呂木梨穂) 1992年7月23日東京都杉並区生まれ。3日後、新生児黄疸のため都内の総合病院に入院。突然、脳に酸素がいかない状況に落ち入り生後1か月で、最重度の脳障がい児となってしまう。2000年2年遅れの8歳で光明特別支援学校小学部入学。2012年光明特別支援学校高等部卒業。2012年國學院大学柴田保之先生らと出会い、自分の想いや言葉を詩を引き出してもらう。小冊子「私の私らしさを見つけたよ」を配分し始める。2015年2月「らりるれろのまほう」Office Oharadaより出版する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 214ページ
  • 出版社: 青林堂 (2017/3/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4792605830
  • ISBN-13: 978-4792605834
  • 発売日: 2017/3/15
  • 商品パッケージの寸法: 19.1 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,624位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

著者のみぞろぎ梨穂さんは重度の脳障害をお持ちで、言葉を発する
ことができません。

たとえことばを発することができなくても、魂は確かに想いも言葉も発し
ている。本著はそのことに痛いほど気づかせてくれます。

言葉を発することのできない彼女の魂が発している想い・言葉を、一緒
になって丹念に紡ぎあげてきた研究者、それを支えたお母さんやご
家族、周りのすべての人々の愛の記録。それがこの本です。

みぞろぎ梨穂さんの詩は、魂をわしづかみにする「芸術」です。

透徹した深い思索から生まれる哲学、興味深いストーリー、想像も
できない視座、空気と色が伝わってくる言葉の組み合わせ・・・

版元の社長さんの言「魂を持っていかれた」は大げさでも何でもあ
りません。

彼女の魂の想い・言葉を紡ぎだした柴田先生は本著で、

<言葉がないとされてきた人々にも深い思いがあるという事実を明
らかにすることによって梨穂さんは歴史を書き換え、この世界に理
想を育もうとしているのです。・・・私もいつか、梨穂さんととも
にその約束の大地に立つ日が来ることを夢見ています。>
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
梨穂さんの心の奥から届けられるひとことひとことのお言葉を味わいながら読ませていただいています。
そして今、4歳、6歳の子供を育てていますが、子供たちに読み聞かせたときの反応が他の本と違うので
大変驚いています。

言葉の中に魂がこもっているというのはこのことをいうのだなぁ。
この本を読み聞かせると
〇悲しみを乗り越えていくことが大切だと思った
〇心の願いが届けられるんだよ
などの感想が子供たちの口から

そして、夜にしんみりと梨穂さんの詩を一つ選んで朗読する時間を親子で楽しんでいます☆
ステキな詩人、みぞろぎ梨穂さんのご活躍をこれからも応援しています(^^)/
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
■勇者からの48篇の贈り物
『チャレンジド』とは「障がいを持って生まれてきた勇者たち」のことです。
みぞろぎ梨穂さんは、そんな勇者のひとりです。
梨穂さんは生まれてすぐ、黄疸で入院中に突如として脳に酸素がいかなくなるトラブルに遭遇しました。一命はとりとめたものの、脳に障害が残り、最重度の寝たきりの脳障がい児になってしまったのだそうです。
 
身体を動かすことも、しゃべることもできない梨穂さんでしたが、長年障がい者の教育について研究されてきた柴田保之先生と出会うことで彼女の人生は一変します。
 
現在においても医療や福祉、教育の世界では梨穂さんのような人は「言葉を持つ以前の発達段階にある」とされ、「言葉を持たない」というのが常識とされていたそうです。
ですが、言葉を持たないとされる子供たちとの触れ合いの中で「障がいが重いと言われていてもこの子には言葉があるだろう」と実感させられる少年との出会いを通じて柴田先生は障がい児から”言葉を引き出す方法”の開発に取り組み、障がいが重いとされ、言葉を持たないと言われていた子供たちから「言葉」を引き出すことに成功します。
 
そうした活動を続けていく中で、梨穂さんと出会い、梨穂さんから言葉を引き出してみたところ、”ごんごん”と言葉が溢れ出てきたのだそ
...続きを読む ›
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告