中古品
¥ 411
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は特に目立った傷などありません。画像希望の方はご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

約束の地 単行本 – 2008/11/21

5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 410

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

受賞歴

第12回(2010年) 大藪春彦賞受賞

内容紹介

第12回大藪春彦賞
第27回日本冒険小説協会大賞
エンタテインメント文学賞をダブル受賞。
そして、
朝日新聞・週刊現代など書評でも大反響。

大長編の徹夜本。価値ある一冊!

相容れぬ者たちが共に生きるため、男は静かに立ち上がる。

農作物を荒らす、人に危害を加える──など、野生動物被害を調査し対応する公的機関「野生鳥獣保全管理センター」。

その八ヶ岳支所に出向した環境省エリート役人、七倉。

自然に満ちあふれ、のどかに見えるこの地で彼を待っていたのは──。

腰掛け人事、と冷ややかに彼を見る部下たち。
猟を法で規制され爆発寸前のハンター。
密猟でもいい。作物を荒らす「害獣」を殺して欲しいと願う農家。
ヒステリックな動物愛護団体。
親の利害関係が生み出す子供のいじめ。
さらに。
ヒトを「エサ」だと認知し、襲い始めた巨大野生動物。
人間の心の闇が生み出した死亡事件。

四面楚歌のこの地に、孤独癖のある娘と二人でやってきた七倉がなすべきこととは?

山積する難問題に真摯に向き合う男の静かなる決意。日常生活の愛おしさ。家族愛。そして息を呑むアクションシーン。

興奮と感動の書下ろし一大巨編!

実力派作家の才、ここに開花。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 516ページ
  • 出版社: 光文社 (2008/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334926428
  • ISBN-13: 978-4334926427
  • 発売日: 2008/11/21
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 13.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 551,254位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
読みごたえのあるボリュームなのに、あっと言う間に読み終わったしまいました。ここ数年で読んだ本の中で、最も共感出来て感動した本です。
山を壊す人間、山を追われる動物、里に下りた動物は畑を荒らし、ヒトを襲い始める。
これは警告では無いでしょうか?人間の消えることの無い、果てしない欲望の末に起きるであろう近未来を描いているようにも思えました。
作者が書いた南アルプスの地に、私も同様に十年以上暮らしています。
山が何か変わってきた。川が何か変わってきた。何よりも動物達に落ち着きが無く、妙な苛立ちを持って里に下り始めています。農作物の被害のみならず、人に遭遇して怯えたクマが攻撃する事件も増えてきました。
深く、考えさせられた作品です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アイク トップ1000レビュアー 投稿日 2009/7/6
形式: 単行本
「力作」というのが一番ふさわしい感想でしょうか。

環境省のキャリア官僚として南アルプス山麓の関連施設に赴任してきた主人公がその地で出会う人々と自然、そして動物たち。
一見、悠久の時の中で不変とも見える自然の裏で音もなく浮上する破滅の予感。
地元猟師たちに語り継がれる巨グマ”稲妻”を追う主人公たちの前に更なる「荒ぶる神」が襲いかかる。
人が山を狂わせ、そのしっぺ返しを喰らう状況の中で人と野生動物、そして自然との共生を模索する主人公たちが直面したものとは?

主人公をキャリア官僚候補とすることで、まず問題点とそれを取り巻く状況を客観的に描くことに成功しており、読み手にも事の複雑さが伝わってきます。
絶滅が危惧される動物がいる一方で動物たちによる農作物被害も深刻化し「駆除」名目での狩猟すら自由にできなくなった狩猟者たちの不満も高まってゆきます。
その根底には温暖化による気候変動の影響、植林政策の失敗による山林の荒廃、無計画な開発や廃棄物による土壌汚染の影響が見え隠れします。

これだけで十分な内容だと思うのだが過去に起きた惨劇に起因する殺人事件を巡るミステリーや主人公のひとり娘が学校で受ける苛めの問題も絡んできます。
普通に考えれば詰め込み過ぎで消化不良になりそうなも
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
冒頭で描写される殺人事件をはじめ、張り巡らされた伏線がクライマックスへ向かって収斂していく様は見事。
第一級のエンターティメント冒険小説として一気に読み切れる、と同時に、安易に流れることなく重いテーマを描き切る、という困難な両立を果たした大作である。買って損はないだろう。

本書の舞台は、八ヶ岳山麗の架空の市「八ヶ岳市」。
時代はほんの少し未来を想定し、架空の野生鳥獣管理保全管理センターを設定している。
主人公は、その八ヶ岳支所へ赴任してきた環境省キャリア官僚の七倉航(ななくら わたる)。
妻を喪い、娘と二人での赴任である。
七倉を着任早々に迎えたのは、巨大な体躯の熊が農家を襲い死者がでた、という知らせだった。そして事件の調査を進めるうちに見えてきた相手は、熊を超える恐怖の巨大生物だった。
だが、その生物の存在が、最終的な脅威ではなかった。
やがて明らかになる真に恐るべき「闇」は…。
いや、これ以上書くとネタバレになってしまう。口がむずむずするけれど、ここは自重しよう。
ホラーと冒険小説を能くする作者の面目躍如である、とだけ言って置こう。

七倉が任地で出会う人々は、どいつもこいつも一筋縄ではいかない連中だ。「独立愚連隊」のようなワイルドライフ・パトロー
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今は、冒険小説やハードボイルドを書くのが難しい時代だと言われている。これは、このジャンルの登場人物に共通する「清々しい美学」や「厳しいこだわり」が、現代社会と馴染みにくくなっているのが一因だろう。しかし、才能のある書き手は、現在でも意欲的にこのジャンルに関わっている。積極的に「現代社会」と向き合うことで、ジャンルの可能性を押し広げようと模索している。

本作の著者・樋口明雄氏も、この点を慎重に考察し、見事に難問をクリアした。日本人である我々が、現代日本の自然環境や社会の問題として、今、この瞬間に向き合わねばならない事柄を取り上げることによって――さらに、それを小難しい理屈ではなく、エンターテインメント小説の枠組みで描き切ったことによって、誰にも書けない一作をものにした。

人間、土地、自然、野生生物。
それぞれの立場と、それぞれの苦しみ……。
簡単には解決できない問題を、どうやってすりあわせ、共存していくのか?

このように繊細な問題を、一方的な価値観に流されることなく、強靭な筆致で書き綴っていく。著者の誠実で真摯な態度が、ストレートに、こちらの胸の奥まで突き刺さってくる。

これは、作中で描かれた諸問題に、著者自身が日常的にかかわっていることと無縁ではないだろう。野生動物の描き方も
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック