中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

約束の地で 単行本 – 2007/9

5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

北の街に、名もなき者たちの慟哭が響く――
憎しみ、哀しみ、愚かさ、やるせなさ…先の見えない日々を送る名もなき人々。それぞれの鬱屈は、やがて…。北海道を舞台に、生きることの暗部を描き切る、馳ワールドの新しい幕開けを告げる短編集。

内容(「BOOK」データベースより)

北の故郷に谺する、名もなき者たちの哀しみ…ここに始まる、より深き馳ワールドの新天地!珠玉の最新短篇集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 252ページ
  • 出版社: 集英社 (2007/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087748782
  • ISBN-13: 978-4087748789
  • 発売日: 2007/09
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,043,469位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 馳さんの作品は、「不夜城」3部作に「漂流街」、「M」に続いて6作品目。
 
 結局馳さんは、不夜城を超えられないんだろうなと思っていた。実際、この作品も不夜城を越えるに至っていないのかも知れない。でも、登場人物の描写はこれまでよりも深く、秀逸だと思った。
 
 不夜城に出てくる登場人物のどの人にも共感する部分が無く、そこが退廃的で陰惨な世界観を作っているんだろうと思うが、今回はどの登場人物にも感情移入せずにいられない。心に深く入ってくる作品で、悲哀の篭った余韻に浸ることが出来る。

 少し馳さんの作品から離れていたが、また読んでみようと思わせる一冊だった。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
抑制が程よく効いた、しっとりとした文体です。
確かに<絶望感>が、メインテーマなのかもしれませんが、陰惨な作品ではないところが、心に不思議な沈殿をもたらします。
疾走感、それが無遠慮にに飛躍し過ぎて、???となってしまった過去のいくつかの作品に比べて、読後感を裏切られることはありませんでした。
Mもそうでしたが、短編でのまとまり感を作り上げる意味では、すごく優れた作家なんだな…と改めて感じました。
とかく、処女作の<不夜城>が最高傑作的な評価を受けてしまい、大変だな、と感じますが、、この短編集を読む限りは、今後の作品も読んでみたいな、と自分は思いました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 5編の短編小説を収録した短編集。3話と4話は繋がりのある話でそれ以外は1つの話としてできている。舞台は北海道。北海道の極寒の寒さを背景に登場人物の心情も辛いものに仕上がっている。馳星周氏独特の薄暗い世界が1つ1つの話にそれぞれ違う趣を湛え集約されている。

 読んでいてまずやってくる感情は悲しさだ。思い通りにいかない人生。苦しい気持ち。全てを投げ出したい。初めからやり直したい。なぜこのようなことになってしまったのか。

 登場人物はどう生きればいいかわからない10代の若者から、人生に失敗した中年男性、母の介護に追われ追い詰められた中年女性、そして結婚をした男女とさまざま。それぞれが心にわだかまりを抱え生きている。迷いながら生きている。5話通して感じられたことは縛られた人生から解放されたいということ。がんじがらめの人生。筆者の文章表現が生々しく、話の運び方がリアリティに富んでいるので読んでいて本当の話のように辛い気持ちにさせられた。また実社会の苦しむ人々の気持ちを代弁しているかのようだ。

 愛、憎しみ、希望、絶望、羨望、悲しみ、恐怖。さまざまな感情が渦巻くこの小説の1話1話の終わりは、心臓をわしづかみされるような苦しさを覚える。悲しくも切ない5つの物語。ぜひ読んでほしい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lemonerika 殿堂入りレビュアー 投稿日 2007/10/8
形式: 単行本
 北海道を舞台とした「絶望」を表現する5話からなります。
5話は、それぞれ独立していますが、前の話の脇役が、次の話の主人公
となる、という構成です。

 金、欲、人間関係・・・そして暗い季節が、普通に生活する人々の中の
どうしようもない絶望を描きます。
 そして、絶望の中で、あがき苦しむが、また逃げようのない絶望があり、
という感じです。

 ここまで、苦渋な本は、そうそうないと想います。
読むほうも、強く気持ちを持たないと、結構気分的にキツイ本でした。
でも、この苦渋、、ありかな、と思います。

 以前の本と比べて、テンポもゆっくりで、風景などのじっくり描かれています。
風景からも、絶望が伝わってきます。
 暴力やセクシーなシーンは、ほとんどないです。その分、主人公たちの絶望が、
強く、強く伝わってくる本でした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告