この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

紀元弐千年

5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 6,500より 中古品の出品:10¥ 1,400より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ザ・フォーク・クルセダーズ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (2000/12/6)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 33 分
  • ASIN: B00005HQL5
  • JAN: 4988006171367
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 334,472位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 紀元弐阡年
  2. 帰って来たヨッパライ
  3. 悲しくてやりきれない
  4. ドラキュラの恋
  5. 水虫の唄
  6. オーブル街
  7. さすらいのヨッパライ
  8. 花のかおりに
  9. 山羊さんゆうびん
  10. レディー・ジェーンの伝説
  11. コブのない駱駝
  12. 何のために

商品の説明

メディア掲載レビューほか

68年、加藤和彦・北山修・端田宣彦の3人により発表された{フォークル}唯一の正式なスタジオ・アルバム。歌い出しが有名な「帰って来たヨッパライ」ほか、面白い楽曲がたっぷり聴ける。
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
7
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(7)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
フォークル結成のときに3人目を杉田次郎にするという選択肢もあったそうな。加藤さんが端田さんを強く押したという逸話をどこかで読んだことがある。背丈のバランスは杉田さんのほうがよかったんだろうけど、ちょっと声が主張しすぎるような・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cecedece VINE メンバー 投稿日 2006/2/12
形式: CD
フォークルの唯一のスタジオ録音盤です。考えてみればプロとして出したライブ以外はこれだけ。1年間限定活動で走り過ぎた幻のグループ。

その後もソロで活動しているからあんまりそう思わないけど珍しいです。当時、買いたかったのですが、小遣いがなく買えなかった1枚です。借りてテープにとって聞いておりました。他のフォークグループ、フォークシンガーと一線を画していると感じたのは私だけでないと思います。ちょっと(かなり)違っていると感じていました。世の中の見方、人生観、音楽に対するアプローチ等々、懐が深いというか、その後の活動をみたら「なるほど」と思わせることが多いです(結果論ですがね)。やめようとしてその記念に出した自主制作盤があたり、もう1年活動しようと決める。そしてこのレコードが作られたのですが、じゃ1枚レコード出すかってな勢いで「このような」ものが作れた能力の高さを改めて評価した次第。昔の思い出になるが、彼らが当時の俺達(世代)にどれほどの自信を与えてくれたか測り知れないものがある。それほど革命的な出来事でありました。ただ、自信をもらった俺達がレコードを買い、コンサートに行ったかといえば別問題で、フォークルが自信を与えた人種とファンになった人種は別だと思う。その辺が難しいとこです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1969年にアポロ11号が人類初の月面着陸に成功した頃、巷に「帰ってきた酔っ払い」が流れていた。この時代は、僕らサンフランシスコ平和条約締結後の世代にとっては、機動隊に石を投げるのはよくない、いいたいことがあるにしても暴力はいけないという時代だったから、その石や火炎瓶を投げてる世代の人たちが、こういうアルバムを出したことが不思議ですらあった。

彼らはきわめて短い時間で消えていったが、そのインパクトでどれくらいの人が、「正気に戻った」のだろうか?彼らの意図とは別に・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
3曲目の「悲しくてやりきれない」、
8曲目の「花のかおりに」が特に
素晴らしい。
2002年にフォークルは、再結成されたが、
この当時のメンバーである加藤和彦、北山修、端田宣彦の
3人によるユニットの時のフォークルこそが、
真のフォークルだと思う。
フォークルを語るなら、この1枚を避けて通ることは
できないだろう。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す