数量:1
紀元前1万年 [Blu-ray] がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧いただきましてありがとうございます。こちらは ★ レンタルアップ品 ★ になります。再生は確認済みで、盤面に微細な傷がございましても問題ございません。一部管理シールが貼られておりますことをご了承ください。チラシやブックレットはなく、DVDのみとなっております。ご注文いただけましたら丁寧に梱包いたしまして、迅速にゆうメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

紀元前1万年 [Blu-ray]

5つ星のうち 2.5 83件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,500
価格: ¥ 1,391 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,109 (44%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 995より 中古品の出品:3¥ 750より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で紀元前1万年(吹替版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ワーナー・ストアはこちら】 - 『ブルーレイ2枚で3,000円セール』 や 『海外TVドラマ 1,980円』 など最新のセール情報はワーナー・ストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 紀元前1万年 [Blu-ray]
  • +
  • ホワイトハウス・ダウン プレミアム・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]
総額: ¥4,041
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: スティーブン・ストレイト, カミーラ・ベル, クリフ・カーティス
  • 監督: ローランド・エメリッヒ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2010/04/21
  • 時間: 109 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 83件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003GQSYBM
  • EAN: 4988135803573
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 64,952位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介


「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒ監督最新作!
誰も見たことのない世界は、「過去」にあった


時は紀元前1万年。人も動物も自然のままに生き、マンモスが大地を闊歩する時代。サーベルタイガーや獰猛な肉食動物と果敢に闘い、広大な砂漠で青年は旅を続けていた。邪悪な支配者に囚われの身となっている愛する人を救うために――。

ニュージーランド、南アフリカ、ナミビアの世界三ヶ国で撮影を行い、現地の壮大な風景に最新CGで蘇ったマンモスに加え、映画史上最大のセットとなったピラミッドを復元した、驚異のアドベンチャー大作。
1996年「インデペンデンス・デイ」、2004年「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒ監督が、今度は私たちを、“紀元前1万年”の遥かなる時代へと誘う!!


【映像特典】
・ メイキング: 紀元前1万年に生きた動物たち(13分)
・ 失われた文明を描く(13分)
・ ドキュメンタリー: 紀元前1万年の世界 (90分)
・ もう1つのエンディング(3分)
・ 未公開シーン集(10分)

内容(「Oricon」データベースより)

人も動物もマンモスも自由に生きていた紀元前1万年前を舞台に、愛する女性を救うために旅を続けている青年の姿を描いた、ローランド・エメリッヒ監督によるアドベンチャー大作。復元されたピラミッドや最新CGによるマンモスなど迫力ある映像満載の作品。スティーブン・ストレイト、カミーラ・ベルほか出演。「ついに来たぜ!ワーナーのブルーレイ 2,500円!」対象商品。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
タイトルから想像するに、大自然や猛獣たちの脅威からサバイヴしていく原始人たちの話なのかしらと思いましたが、実際は全然違いました。例えるなら「全く緊張感の無いアポカリプト」、もしくは「スターゲイト姉妹編」といったところでしょうか。
まずいきなり登場人物が流暢に英語を話すところで「ああ、エメリッヒ先生いつものように科学的考証なんておかまい無しね」ということは分かります。ただ、仮に今回もSFとして撮ったのだとしても、全編に渡って違和感がありすぎです。とにかくどう考えても「紀元前1万年」の頃の話に思えないのが致命的。最初は失笑しながら観ていましたが、途中から笑うのにも疲れて代わりに眠気が襲ってきました。
マンモスとサーベルタイガー目当てとしても、何の工夫もない展開があまりに退屈な110分。最後、10分くらい延々続くエンドロールを観て、これだけ多くに人が関わってこんなとんでもない駄作を生み出してしまうことにある種の感慨を覚えました。未見で御購入予定の方は、一度レンタルで内容を確認してからの方が良いのではないでしょうか?
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
見る前から酷評されていたのは知っていましたが、
マンモスとサーベルタイガーのCGだけを期待してDVDを買いました。

…が、唖然…。
ここまでストーリーがないものとは…。
さらわれた恋人を救いに行くという大雑把な概要しか思い出せません。
期待していたCGは、マンモスの動きだけは滑らかでよかったのですが、
サーベルタイガーのCGは酷い出来でした。

残念な一作です。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
監督、ローランドエメリッヒ。

何かの記事で「マンモスがすごいよ」みたいなコメントを見たような気がします。

『ロードオブザリング』や『キングコング』など、近年のファンタジー系大作には欠かせない精巧なモンスターキャラも、出始めの頃は驚いたにせよ、それだけではもう見向きもされなくなってしまったこの悲しい時代に飛び出す「マンモスすごいよ」発言。いい感じです。

毛の一本一本まで細かく作り込んだという自慢のマンモスは、違和感があるような無いような不思議な仕上がりで、威圧的というよりどこか微笑ましくあります。

そして、監督が一番こだわらなければならなかったはずの演出部分に関しては特にこだわりが無いようで、良く言えばオーソドックス。ストーリーから音楽、役者の顔に至るまで本当に何も特徴が無いので、もうマンモスを褒めるしかありません。

一方で、おもしろシーンは満載。マンモスに絡まった網に必死にしがみつきながら引きずられる主人公たちの雄姿や、重労働を強いられている割に案外いい汗かいている奴隷たち、警備がユルユルな敵部族のアジトに出たり入ったりし過ぎの主人公とか、槍の命中率が無敵とか、エンドロールが長過ぎなど、別の意味で見所は多いです。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
SFとかファンタジー、あるいは逆に大昔を舞台にした物語っていうのは、観客は見ながらその映画の世界観をつかんでいくわけですよ。これがこの映画の常識で、これは常識じゃないんだな、みたいに。で、そのつかんだ基準をもとに「これは大変だ」とか「こりゃ無理だろう」とか判断していく。その世界を20分おきにころころ変えられるんでは、見る方はストーリーを追うのが馬鹿馬鹿しくなる。
最初はマンモスとの対決が軸になる原始時代の話かと思ったらそれは案外早く終わり、馬に乗り剣を持った部族が現れる。あれ、案外進んだ部族もあるんだなと思ったら、今度はピラミッドですよ。こういう、人類史的常識を無視した荒唐無稽な話なのに、マンモスとかサーベルタイガーとかピラミッドとか、ピンポイントでリアルに描いてどうするよ。馬鹿馬鹿しさがますます鮮明になるだけでしょうが。
最初からファンタジーにすりゃよかったんじゃん。各部族も人間じゃなく、それぞれ姿形のちがう生物にして。そうすりゃ、あれも違う、これも違う、と余計な事を考えずにすむ。
こういう映画が価値を持つことがあるとすれば、CGの圧倒的迫力で見せるしかない。ところがCG場面、非常に少ない。従って、見るべき場面はほとんど無し。
この10年ぐらいの間に見た映画の中でも、もっともひどい映画の一つだ。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック