通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
糖質制限ダイエットで何の苦もなく糖尿病に勝った! ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s6711a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

糖質制限ダイエットで何の苦もなく糖尿病に勝った! (扶桑社新書) 新書 – 2011/3/1

5つ星のうち 3.2 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 糖質制限ダイエットで何の苦もなく糖尿病に勝った! (扶桑社新書)
  • +
  • おやじダイエット部の奇跡のレシピ (マガジンハウスムック)
総額: ¥1,683
ポイントの合計: 36pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「守る健康」から「攻める健康」へ~「生活習慣病」は「新しい生活習慣」で治す

日本国内の糖尿病患者は、予備軍も含めると、その数は、実に日本人の5分の1にのぼるという。
しかもその数は今後、爆発的に増加することが確実視されている。
そんな中、美食エッセイやホテル論などの仕事も多数こなしてきたノンフィクション作家である著者は、
昨年の5月に糖尿病に見舞われた。
絶望のなか、糖尿病と徹底的に戦う決意をした著者は、“糖質制限食”という食事療法に巡り合う。
糖尿病であるにもかかわらず、酒も飲めて肉も食べられるという“糖質制限食”を用いた
「糖質制限ダイエット」を実践した著者は、わずか3ヵ月で、メタボも糖尿病も解消した。
この著者の体験談は、数々の週刊誌や健康雑誌等で取り上げられ、
大きな話題をよび、既に多くの人が実践し始めている。
本書では、糖尿病のメカニズムや著者が格闘した日々と、
著者が実践し成功した「糖質制限ダイエット」のHOW TOを紹介。
まさに今後の主流となるダイエット+健康法を記した一冊である。

内容(「BOOK」データベースより)

糖尿病なのに、酒を飲み肉を食べ3ヵ月で17キロ減!美食家としても知られるノンフィクション作家が徹底した取材と調査を重ね、自ら実践!食の喜びを失わずに糖尿病とメタボ体形を解消した貴重な記録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 231ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2011/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594063659
  • ISBN-13: 978-4594063658
  • 発売日: 2011/3/1
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 756,657位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
糖尿病を宣告された著者が「糖質制限ダイエット」を試みて体重の減少と血糖値の低下とを成し遂げた体験記である。読んで面白いとは思う。しかし本当に「糖質制限ダイエット」について知ろうと思えば、本書を読むより江部康二の著作を読む方が良い。

著者は「ノンフィクション作家」という職業柄、興味を持ったテーマは数多くの専門文献を読み漁り、最先端の専門家に会って徹底的に取材すると述べている(34ページ)。そしてその知的好奇心を自分がなった糖尿病に向けたのだそうだ(34ページ)。事実、著者は江部康二の著作を夫婦ともども10回以上読み、また江部の勤務する病院にも出掛けて直接話を聞いている。しかし「糖質制限ダイエット」を礼讃し、「糖質制限ダイエット」を受け入れない日本糖尿病学会を批判するのであれば、「糖質制限ダイエット」を批判する糖尿病学会認定専門医にも取材するべきではないのか? 一方の意見だけを聞いて判断するのはフェアではない。更に専門文献を読み漁ったのであればUKPDS等の大規模臨床研究に言及していないのは何故か? 著者の言う「専門文献」とは江部康二の著作だけか? あるいは書店に並んでいる一般向け医学書だけか?

揚げ足を取るつもりはないが、著者の勘違いを指摘する。例えば以下の点。

接待などでどうしても皆と同じメニューを食べざるを得ない場
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ひげダンプ VINE メンバー 投稿日 2011/7/23
形式: 新書
 この本を買おうと思っている方、まじめに糖質制限ダイエットを勉強したい方は、江部康二著「主食を抜けば糖尿病は良くなる!糖質制限食のすすめ」を読みましょう。本書は江部氏の著書の受売り体験談です。糖尿病と言われたときに目に付いたこの治療法を実践したら、体重も減った、血糖値も下がったという体験談が延々と書いてあります。理論的な部分は完全に江部氏の受売りと素人なりの解釈で、批判的視点や医学的な検討・考察などは皆無です。これでは「俺はタバコを毎日100本吸ったけど100まで生きた」というのとほとんど変わらないでしょう。本書に、低糖質ダイエットに対して肯定的な立場、否定的な立場の意見を考察したうえで、自身の体験と考えのもとにこのダイエットを勧める・・という内容を期待していましたが、完全に裏切られました。週刊誌に文章をお書きになるのが本業のようですが、なるほど週刊誌の健康記事独特の根拠の薄弱な文章です。このような一方的、情緒的な内容ではノンフィクションライターの肩書きが泣きますね(笑)。受売りと書きましたが、本書は江部氏の治療を「信仰」に貶めているといさえ言えるでしょう。江部氏は著書の中で、氏の理論が現在の糖尿病治療の中では異論がある旨をきちんと書かれています。
 私自身は江部氏の低糖質ダイエットは、将来、主流になる可能性があると考えています。ただし、現在の医学全体の中では科学的な根拠
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私は糖尿病患者ではありません。池波正太郎のファンで食に関するエッセイは何度も繰り返し読んでました。それに影響されてか、米、麺類、酒類が大好きで、運動は毎日しているものの体重がだんだん増え始め、気がついたら10年間で10kg以上も増えていました。「まあ、運動はしているし大丈夫だろう」ということで別に気にしていなかったのですが、久しぶりに受けた健康診断で血圧が高めと診断されました。それ以降、ダイエットについて考え始めましたが中々思うように体重は減らず、そんな時に何気なく本屋で手にしたのがこの本です。いきなり「始まりは池波正太郎だった」とあり、思わず購入してしまいました。
個人的にはこんなに簡単に効果が出るダイエット法は他に知りません。私の場合、試してみたのは食事の最初に野菜を摂る、米・麺類を一切摂らない、日本酒を焼酎に替える。この3点だけです。後は好きなものを食べてました。結果、一週間で4kg弱体重が減りました。減り始めると面白くなって今だに継続していますが、始めて2ヶ月で7キロ減っています。肉類とチーズ、ナッツ類は以前に比べて倍以上取っています。「炭水化物を摂らないなんてとんでもない」という意見もありますが、そもそも炭水化物を全く取らないなんて不可能ですし、それより過剰摂取を防ぐほうが肝心ではないかと思いますね。
まあそれでも、米を食べなきゃ日本人じゃない!って人には受け入れられないやり方でしょうね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私は現在70歳です、1999年(58歳)にサラリーマン生活を定年退職しました、退職の大きな理由のひとつが糖尿病と診断されたことです。勤務は厳しく、早朝5時過ぎに家を出て帰宅は夜の12時近くというような生活を数年間続けていたのでそれが原因で糖尿病になったと考えていました。退職後は栄養士の指導に従いカロリー制限と運動を行い改善に努め,退職時に24.8であったBMIは最近では20.0と正常値となっているが空腹時血糖値、HbA1Cの値は糖尿病の範囲から脱することができず悩んでいた。
新聞の広告欄で本書を見つけ、私は肥満ではなかったが、「糖尿病に勝つ」という言葉に惹かれ早速購入した。
そこで著者が実践された糖質制限の療法を知り、早速糖質を絶ち、夕食事の前後の血糖値を計測すると食前110、食後(1時間)134(以前は食後2時間で250を越えていた)と驚くべき結果が得られた。糖質を採らなければ血糖値は上昇しないというシンプルな科学的真実をこれまで知らされていなかったことを悔やんでいる。糖質制限を開始してからまだ3週間しか経過していないがこの療法で糖尿病に勝てると確信している。長年悩んできた糖尿病を克服するきっかけを与えてくれた著者にいくらお礼を言っても言い過ぎることはないと感謝している。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー