通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり)
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
精神科薬物治療を語ろう 精神科医からみた官能的評価 がカートに入りました
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 【帯付き】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


精神科薬物治療を語ろう 精神科医からみた官能的評価 (日本語) 単行本 – 2007/10/18

5つ星のうち3.2 15個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥2,640
¥2,640 ¥221
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 精神科薬物治療を語ろう 精神科医からみた官能的評価
  • +
  • 精神科のくすりを語ろう 患者からみた官能的評価ハンドブック
  • +
  • 精神科のくすりを語ろう・その2  患者による官能的評価の新たな展開
総額: ¥6,600
ポイントの合計: 66pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

個々の精神科医は、日頃何を考え、何を感じながら、投薬を行っているのか。その内に秘められた営為を開陳し、相互に照らしあわす画期的なワークショップが開催された。本当に、EBMと精神薬理学の知識を身につけるだけで、薬物治療、ひいては精神科臨床に通暁することが可能なのか。薬を知り、患者を知るとはどういうことか。まさに臨床の本質を射ぬかんとした、たましいの一作である。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

神田橋/條治
伊敷病院副院長。1937年、鹿児島県加治木町生まれ。1961年、九州大学医学部卒業

兼本/浩祐
愛知医科大学医学部精神神経科講座教授。1957年、島根県松江市生まれ。1982年、京都大学医学部卒業

熊木/徹夫
あいち熊木クリニック院長。1969年、京都府京都市生まれ。1995年、名古屋市立大学医学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2007/10/18
  • 単行本 : 221ページ
  • ISBN-10 : 4535982813
  • ISBN-13 : 978-4535982819
  • 出版社 : 日本評論社 (2007/10/18)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.2 15個の評価