¥ 2,808
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
精神科医療の隔離・身体拘束 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

精神科医療の隔離・身体拘束 単行本(ソフトカバー) – 2013/4/19

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2013/4/19
"もう一度試してください。"
¥ 2,808
¥ 2,808 ¥ 4,714

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 精神科医療の隔離・身体拘束
  • +
  • 身体拘束・隔離の指針 (日本総合病院精神医学会治療指針3)
  • +
  • 新・看護者のための精神保健福祉法Q&A 平成27年版
総額: ¥9,072
ポイントの合計: 224pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



イヤーノート 2018 内科・外科編
医師国試の出題内容を毎年反映! >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

問題の実態、現場スタッフの意識調査や海外の動向、隔離・拘束を縮減した成功例等をわかりやすく。「刊行によせて」は田島治執筆。

著者について

杏林大学保健学部作業療法学科教授

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 157ページ
  • 出版社: 日本評論社 (2013/4/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4535983852
  • ISBN-13: 978-4535983854
  • 発売日: 2013/4/19
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 331,834位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

私は配偶者の陰謀によって妄想で無いのに妄想がある、死にたいと言っているなど嘘の申告をされt
3カ月も独房部屋で9日間も拘束されました。私は暴れも興奮も無く凶暴犯でもなければ他人に危害を加えるどころか
他人に言いたい事も言えないほど大人しい性格です。初診数分であっという間に男性看護師たちに捕えられ
その時ビックリしてきゃあーと言って椅子の下に隠れただけです。
後はあまりの恐怖と驚きで声も出せない状態で大人しく諦めの境地でしたのでカルテのあちこちに易怒性無と書かれています。
裸にされて真冬なのに薄いパジャマに着替えさせられ拘束され、拘束は食事中さえ外してもらいえないので
1人で食事をとる事も出来ませんでした。これが拷問以外の何に当たると言うのでしょう?
私は念の為他の院に退院後行きましたが、鬱状態ではあったものの統合失調症でもなんでもありません
健常者です。退院後もまったく薬など飲まず普通に生活しています。
この恐ろしい地獄の様な経験により心に大きな傷を負ってしまいました。
一生このトラウマからは離れられないでしょう。
私が閉じ込められたHフル精神病院は夫婦喧嘩やちょっとした事での女性たちが隔離室で拘束されていました。
部屋を出てから色々とお話ししましたが至って普通の大人しい女性たちです。
こんな事が日本で許されているなんてこの国は狂っています
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
イタリヤでは精神科病院を廃止しました。偏見と差別と戦ったお陰です。アメリカでも精神病院が廃止されたところがあります。拘束や隔離をしないでも人間として扱えば、もっと自由にして治療も効果を上げられるということの証明がなされているのです。精神科特例で医師は3分の1、看護師は3分の2という現実がいかに安く患者を処遇して金儲けしか考えていないかがわかります。精神科の歴史を真摯に省みて患者中心の医療に一日も早く移行して欲しいものです。著者にこういった視点があるかどうかは疑わしいのですが、より深く研究して欲しいものです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
精神科への入院は、牢屋や縛られるなどの偏見により拒否する人が多いです。治療で保護室の使用や拘束は必要ですが、必要以上に拘束を行っている事実や医療関係者が拘束や隔離を正当化していることが書いてあります。
日本から拘束や隔離を減らすことはとても難しいと思いました。しかし、少しだけ情報が公開されたことに意義があると思いました。
この本を読むときは、医学書院 精神科病院の保護室とセットで読んでください。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告