通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 書き込みありません。古本のため多少の使用感やスレ・キズ・傷みなどあることもございますが全体的に概ね良好な状態です。水濡れ防止梱包の上、迅速丁寧に発送させていただきます。【2018年8月1日17時~2018年8月31日までマケプレお急ぎ便の追加送料230円でお急ぎ便対応致します。同時注文なら追加送料は1点目の230円のみで何点でもお急ぎ便対応致します。(通常配送の配送料は別途1点ごとにかかります。)】【大雨の影響が残っておりますため中国地方・九州地方・東北地方をお届け先とするお急ぎ便は現在ご利用頂けません。通常配送は全国でご利用可能です。】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

精神医学徒然草 教授室の窓辺から 単行本 – 2015/4/10


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2015/4/10
¥ 4,860
¥ 4,860 ¥ 830

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「1724」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



159回芥川賞&直木賞 大賞作品発表!
芥川賞受賞 『送り火』 高橋弘希。直木賞受賞 『ファーストラヴ』 島本理生。 特集ページへ

商品の説明

内容紹介

 精神医学は人の異常行動を対象とする学問です。人は社会の中で行動を通貨のように使用しながら生活を営んでいます。人は社会という外界から受ける刺激を認知することにより適切な行動を選択しますので、認知と行動は一体となり互いに影響しながら社会生活の通貨として機能しています。
 人の行動は少なからず無意識により規定されていることも知っておかねばなりません。その人の心理的状態によっても行動は変化します。同じ外的刺激に対する行動であっても、教育レベルや経験によって異なる行動を示します。また、その人の癖や嗜好や性格によっても外界に対する反応は異なります。癖や嗜好や性格により自分の行動が影響されていることについてはあまり意識されていないかもしれません。精神疾患は外界刺激の認知機能を大きく変化させることにより、その人の行動を変化させますし、精神疾患により人の行動パタンは大きく変化します。異常行動を直接の対象とする精神医学にとって、認知機能が極めて重要であることをご理解いただけると思います。
 認知機能とは、外界からの刺激や情報を基にして自分の反応・行為・行動を決定する機能のことであり、注意力、実行機能、記憶・学習、言語、知覚・運動、社会認知などが含まれます。
 私は、精神科医となってからこれまで三十六年間臨床と研究に携わってきましたが、その活動のすべては人の認知機能を理解することであったと言っても過言ではありません。専門としてきたアルツハイマー病は認知機能障害が前景に出ている病気ですが、多くの精神疾患においても認知機能の障害が注目されるようになりました。統合失調症患者では注意力、言語性記憶、実行機能、言語流暢性などが健常者と比較して低下しています。うつ病、不安障害、双極性障害でも、注意機能を中心に多くの認知機能障害が見られます。うつ病ではうつエピソードを繰り返すほど遅延再生記憶が障害されることが知られています。
 本書は、これまでの研究生活の間に書き溜めた文章を一冊にまとめたものですが、エッセイや論考の多くが、人の認知機能を理解したいという想いにより紡がれているように思います。大阪大学の定年を迎える機会に編纂した本書には、自分の生い立ちと、自分を育て上げていただいた先生方のこと、そして、良書に巡り合った際に寄稿させていただいた書評の一部をも掲載することにいたしました。思い返しますと、精神科医となった翌年にDSM-Ⅲ(一九八〇)が発表され、DSM-Ⅳ(一九九四)、DSM-5(二〇一三)の改訂作業を通じて、私が経験した精神医学は、サイエンスとしての基盤を確立しようとして進んできた時代でありました。サイエンスとなるためには精神疾患の正確で妥当な診断がまず必要とされました。診断の信頼性を高めようとするあまりに極端に操作的診断基準を取り入れすぎたのかもしれません。これからの精神医学には、ようやくサイエンスの対象として評価できるようになった診断の信頼性を犠牲にすることなく、診断の妥当性をサイエンスとして検証していくことが求められます。  (序文より)

出版社からのコメント

36年間精神医学の臨床と研究に携わってきた筆者のこれまで書き溜めたエッセイや論考をまとめた一冊。生い立ちから精神医学との出会い、恩師らとの思い出話なども楽しい。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 456ページ
  • 出版社: 新興医学出版社 (2015/4/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4880028576
  • ISBN-13: 978-4880028576
  • 発売日: 2015/4/10
  • 梱包サイズ: 20 x 10 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,273,894位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう