ポイント: 7pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 9月18日 土曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日9月 17日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか 精神と物質... がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
お届け日 (配送料: ¥280 ): 9月20日 - 21日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 1995.2.20(3版)[帯なし][カバー]概ね良好ですが表紙とカバーは貼られています。[天地・小口]ヤケがあります。[中身]薄ヤケがあります、他は良好です。【発 送】基本的に「ゆうメール・ポスト投函・追跡番号なし・日祭配達不可」になります。【お願い】慎重に検品していますが小さな瑕疵はご容赦下さい、コンディションに大きな違いがあった場合はメールにてご連絡下さい。※研磨痕は検品していませんので気になる場合は購入前にお問い合わせ下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか 精神と物質 (文春文庫) 文庫 – 1993/10/9

5つ星のうち4.3 82個の評価

価格
新品 中古品
ハードカバー ¥300
文庫
¥726
¥700 ¥66

よく一緒に購入されている商品

  • 分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか 精神と物質 (文春文庫)
  • +
  • 宇宙からの帰還-新版 (中公文庫)
  • +
  • 知の旅は終わらない 僕が3万冊を読み100冊を書いて考えてきたこと (文春新書)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

  本書は立花隆による利根川進への20時間にわたるインタビューの集大成である。利根川がノーベル生理学医学賞を単独で受賞したのは1987年。この分野では単独受賞だけでも珍しいが、選考委員のひとりが「100年に一度の大研究」というコメントを発したこともあり、受賞後、日本のジャーナリストが大挙して押しかけた。しかし、いずれも初歩的な質問に終始し、業を煮やした利根川は一度だけ本格的なインタビューに応じることにした。その相手が立花隆だったというわけだ。

  とにかくおもしろい。ノーベル賞の対象となった研究「抗体の多様性生成の遺伝学的原理の解明」の内容がわかるだけでなく、さまざまな実験方法や遺伝子組み換え技術などのディテールが書き込まれているおかげで、仮説と検証を積み重ねて一歩一歩真理に近づいてゆくサイエンスの醍醐味が手に取るように伝わってくる。利根川が定説を覆す仮説をひとり確信し、文字通り世紀の大発見に至るくだりには思わず興奮してしまった。利根川の研究歴をなぞる構成で、運命的な出会いや科学者の生き方といった人間的な側面も興味深い。

  ワトソン、クリックによるDNAの2重らせん構造の発見に始まった、分子レベルで生命現象を究めるという分子生物学の飛躍的な発展は、物質から生命、精神へと自然科学の方向転換をもたらした。ヒトゲノムの解読もそのひとつだ。いずれは生命現象のすべてが物質レベルで説明できるとの予測すらある。本書は利根川の偉業とともに、人類の知の歴史における一大事件である分子生物学草創期のあらましを書き留めた記念碑的名著である。(齋藤聡海)

内容(「BOOK」データベースより)

20世紀後半になって分子生物学は飛躍的な発展をとげ、いずれは生命現象のすべてが物質レベルで説明がつくようになるだろうとの予測すらある。その中で100年に1度という利根川進のノーベル賞論文はどのような意味をもつのか。立花隆が20時間に及ぶ徹底インタビューで、私たちを興趣あふれる最先端生命科学の世界にいざなう。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 文藝春秋 (1993/10/9)
  • 発売日 ‏ : ‎ 1993/10/9
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 文庫 ‏ : ‎ 333ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4167330032
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4167330033
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 82個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
82 件のグローバル評価
星5つ
49%
星4つ
30%
星3つ
20%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年10月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2018年7月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年10月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2010年6月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年3月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年7月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2013年10月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年8月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入