中古品
¥ 157
+ ¥ 480 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 大藤屋
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 全品簡易クリーニング済み。●付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。  ●Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ●万が一不具合・不良品がありましたらご対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

粉飾の論理 単行本 – 2006/9/1

5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,944 ¥ 157
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

粉飾には数多くの関与者がいる。なぜ粉飾は後を絶たないのか。その末路とは。カネボウ、メディア・リンクス、ライブドアなどを事例に、粉飾にいたる系譜と構図を明らかにする。 --このテキストは、オンデマンド (ペーパーバック)版に関連付けられています。

著者について

高橋篤史(たかはし・あつし) 1968年愛知県生まれ。93年早稲田大学教育学部卒業。日刊工業新聞社を経て98年から東洋経済新報社記者。2009年に同社を退社。現在はフリーランスのジャーナリスト。 著書に『ドキュメント ゼネコン自壊』(2002年)、『兜町コンフィデンシャル』(2006年)、『凋落 木村剛と大島健伸』(2011年、いずれも東洋経済新報社) --このテキストは、オンデマンド (ペーパーバック)版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 344ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2006/9/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492394680
  • ISBN-13: 978-4492394687
  • 発売日: 2006/9/1
  • 梱包サイズ: 19 x 14 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 251,278位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2016年12月19日
形式: Kindle版|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年2月14日
形式: Kindle版|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2017年4月16日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2011年12月14日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2014年7月2日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2013年4月30日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2007年7月30日
形式: 単行本
0コメント| 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2007年5月28日
形式: 単行本
0コメント| 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告