この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

米軍基地と環境問題 (幻冬舎ルネッサンス新書) 新書 – 2010/6/25

5つ星のうち3.3 2個の評価

価格
新品 中古品
新書
¥922 ¥1,203

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

2009年8月、民主党政権が誕生。米海兵隊普天間飛行場の移設問題と並行し、沖縄の負担軽減策の一つとして、日米地位協定に環境保全条項を入れようとの議論が浮上してきた。本書では、これまで在日米軍基地で生じた環境汚染がどの程度であるか、改善のために地位協定がどう改定され、運用されるべきかについて論じる。軍事が引き起こす環境問題についての論点がわかる良書。

著者について

京都大学文学部仏文学科卒、1989年環境庁に化学職として入庁、パリ第7大学で環境学の修士、フランス社会科学高等研究学院で社会発展学の修士取得。国連環境計画でポートフォリオマネージャー、環境省地球温暖化対策課課長補佐、防衛省地方協力局環境対策室室長等を歴任。2010年公務員退職後、現在はフリーの環境ライター。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 幻冬舎ルネッサンス (2010/6/25)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2010/6/25
  • 新書 ‏ : ‎ 216ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4779060192
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4779060199
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.3 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.3
星5つ中の3.3
2 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
27%
星3つ
73%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年7月2日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告