通常配送無料 詳細
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
米国人ジャーナリストだから見抜けた日本の国難 (S... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯あり】◆ページは良好な状態です。◆カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。◆ご注文確定後、通常1-2日程で配送予定(日曜・祝日除く)◆万が一、商品に不具合があった場合は、迅速に返金させていただきますので、ご安心の上お取り寄せください◆日本郵便(ゆうメール/ポスト投函)にて発送いたします◆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

米国人ジャーナリストだから見抜けた日本の国難 (SB新書) 新書 – 2019/4/6

5つ星のうち3.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥864
¥864 ¥152

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 米国人ジャーナリストだから見抜けた日本の国難 (SB新書)
  • +
  • 権力と新聞の大問題 (集英社新書)
  • +
  • 同調圧力 (角川新書)
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 27pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Amazonタイムセール祭り開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 タイムセール祭りを今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

平成の終焉、新時代の幕開け!
日本取材20年、元ニューヨーク・タイムズ東京支局長が忖度、タブーなしで明かす!
日本人が気づかない、ニッポンの大問題と展望を示す1冊。
東京新聞記者・望月衣塑子氏推薦!


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

バブル崩壊で始まり「失われた30年」を過ごし
停滞と閉塞感の中で時が流れた平成日本。
フェイクニュースと極論、偏向に満ち溢れる平成末期。
長年の低成長とデフレがもたらした「貧困・分断社会」という現実、
そしてポピュリズムが生み出した民主主義の危機。
この国をミスリードしてきた官僚や政治家、マスコミの在り方という問題だけでなく、
国民を欺き続け盲目的な国民が多い構造こそ問題の根源にある。
いま、「政治」「経済」「外交」「メディア」「教育」「生活」と、
どこをみても「問題だらけ」で、国難レベルの危機にあるわりには
危機意識が足りていない人が多いのも現実である。
日本在住20年、知日家ゆえに国難・崖っぷちの日本を憂う米国人ジャーナリストが、
日本に住む私たちが気が付かないいまの日本の実態に迫り、
ポスト平成への提言までも行う1冊。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「はじめに」より――

2016年のアメリカ大統領選挙でトランプ旋風が吹き荒れ、「アメリカ・ファースト」という内向きの一国第一主義が国際政治を席巻した。統合と融和へと向かいつつあるように見えた世界は、まるで「新冷戦」とも言うべき混乱を見せている。2018年の米中関税衝突は、19 世紀のグレート・ゲームによる覇権の再来を予感させた。

かたや日本の内政は「安倍一強」のもとで安定しているかに見えるが、「安倍一強」は永遠に続くわけではない。自民党総裁には3期9年という任期制限があるため、安倍内閣の体制は最長でも2021年9月までだ。安倍首相が任期を終えて退陣すれば、再び内政混乱の時代が訪れる懸念もある。

人口減少、高齢化、格差、デフレ、AI、縮小国家、移民国家、米中覇権、トランプ現象、安倍一強――「ポスト平成」が抱えるキーワードを思いつくまま列挙してみるだけでも、日本が抱える諸問題のレンジの広さに立ちくらみがするほどだ。

(中略)

日本滞在歴20年、日本取材歴15年の経験をもとに、「外国人ジャーナリストから見た日本」について分析していく。平成の30年間を通じて、日本は時に「国難」とも言うべき深刻な危機に直面してきた。本書では平成を象徴する折々の「国難」をプレビューしつつ、未来志向の提言と期待も各章で綴る。

日本で生まれ育った日本人の視点からはなかなか気づかない、外国人ジャーナリストならではの視点を皆さんに提示できれば幸いだ。


目次

序 章 「失われた30年」とは何だったのか――日本滞在歴20年の私が振り返る国難の萌芽
第1章 「一強政治」が継続する日本の現実
第2章 超二極化が進む日本の生き残る道
第3章 米中新冷戦で翻弄される日本の外交
第4章 ジャーナリズムが欠落している日本の大問題
第5章 世界がモデルとする課題先進国・日本

内容(「BOOK」データベースより)

「失われた30年」ばかりか、移民国家化、一強政治、米中新冷戦といった新たな難題・課題が待ち受ける日本。メディアはその国を現す鏡であり、そのあり方がそのまま国の状況を示す。日本滞在歴20年の著者が絶えず言い続けているのが、権力からの圧力に屈する日本のメディアという不思議な存在だ。「本当のこと」が伝えられない構造は、新時代に持ち越される諸問題の根源に潜んでいる。元ニューヨーク・タイムズ東京支局長がタブー抜きで大問題に迫り、ポスト平成への提言までも行う。

商品の説明をすべて表示する

出版社より


登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2019/4/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4815601240
  • ISBN-13: 978-4815601249
  • 発売日: 2019/4/6
  • 梱包サイズ: 17.4 x 11.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 160,338位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
評価の数 4
星5つ
27%
星4つ
27%
星3つ
45%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

4件のカスタマーレビュー

ベスト500レビュアー
2019年4月12日
形式: 新書Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアー
2019年6月20日
形式: 新書Amazonで購入
ベスト500レビュアー
2019年4月10日
形式: 新書
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年5月19日
形式: 新書
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告