Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

200万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または
Kindle 価格: ¥250

(税込)

獲得ポイント:
3pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
[猪川紀夫]の米国の田舎にあったハイテク企業アップル社のサードパーティNewer Technology社がぶっ壊れていくのを見た僕の記憶【前編】 (マックメム文庫)

米国の田舎にあったハイテク企業アップル社のサードパーティNewer Technology社がぶっ壊れていくのを見た僕の記憶【前編】 (マックメム文庫) Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥250

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

 Apple社のサードパーティであったNewer Technology社。米国のどまんなかカンザス州の田舎町ウィチタのMac用CPUカードを設計・製造していた小さなハイテク企業だ。

 このNewer Technoology社は最高の製品を作り続けながら倒産にいたった。Newer Technologyに勤務し、そのぶっ壊れていく過程をつぶさに見ていた僕の記憶を記していく。

  Newer Technology社は偉大だった。製品を生み出す技術料は業界トップだった。多くのファンもいた。無数のヒット製品をリリースした。ヒット製品に気を良くして多くの製品を作りすぎ、在庫があふれ、その処理に困り、たたき売り、資金が不足して、クビが回らなくなった。

 株主は怒って、有能な創業者である社長を更迭し、副社長を追い出し、Newer社の資産を他社に売り飛ばしていった。僕はすでにこの段階でNewer Technlogy社を飛び出し独立していた。

***

 Newer Technoology社は僕にとって最初の米国で勤務した会社だった。それまでの日本の会社勤務との大きな違いに戸惑い、そして多くのことを学んだ。米国とは何か、米国人とは何者か、Newer Technolgoy社とは何か、Macとは何か、仕事とは何かなどなど、哲学的なことでも考えないとやってられないほどのカルチャーショックのオン・パレードだったのである。

 僕が現在マックメムの店長として独立しているのは間違いなく、Newer社での経験があるからだ。

 しかしNewer社にいた人々が素晴らしく、僕が多くの影響を受け触発されたので独立心が湧いたのだと考えるのは全く検討違いである。Newer社にはとても素晴らしい人々が多くいたことは間違いない。でも私の独立心はまったく逆の人々に養われた。Newer社にいたとんでもない人々と一緒に仕事をしないためには独立するしかない、またはこんな人たちが社会でやっていけるなら僕ならもっとやっていけるはずだ、というマイナス面からの脱出的な指向が働いた結果、独立に至ったと思っている。

 Newer社は良いところでもあったし、悪いところでもあった。そのことを読んでいる方と共有できたらと思う。 なお、ここにある事は米国の一つの中小企業にわずか3年の勤務の経験だけを元に、僕の偏った主観で書かれたものである。なので、そこらへんは割り引いて読んで頂きたい。

【第一章】恐怖!共有されない情報
 Mac業界にあこがれて、日本の大手企業のシステムエンジニアからNewer Technology社に転職をした僕。米国の会社で多くのカルチャーショックを受けることにになった。一番の驚きは情報が共有されていないことだった。部門毎に好き勝手に仕事を進めて、その状況を他部門に教えることをしない。問題があって遅延が発生していても、逆に前倒しで先行して作業が進んでいても他部署ではそれがわからない。そのため製品の完成日になってはじめて開発部門で遅延が発生していたことを知ったり、逆に何の前触れもなく製品が仕上がっていたりする。しょうがないので、自分で情報を日々集めに奔走するのだが、本当の情報を誰が知っているのかもよくわからない。結局は当日に起こることだけが事実となるのだった。

【第ニ章】殺伐!新製品の奪い合い
1998年ヒット商品が重なったおかげで資金不足となってしまう。そこで現金で購入してくれる代理店に優先的に製品を販売することにしたところ、日本の大手商社M社が潤沢な資金を背景にほぼ全ての製品を買い取ってしまった。そのため米国内の代理店に販売する製品がなくなり、米国の営業マンが不公平だと怒り出した。そこで、日本向けと米国向けの製品数をわけるようにしたところ、今度は資金回収が滞るようになってしまった。本末転倒である。これまで和気あいあいとしていたNewer社内で製品の取り合いが起きるなど不穏な空気が漂い出した。

【第三章】仰天!大ヒット製品で赤字転落
1998年は日本向けPowerBook 2400用のカードがリリースされた。このカードの製造までいろいろと苦労があったのだが、無事に完成にこぎつけることが出来た。販売してみると3000本が即完売。あまりの評判の良さにその後に注文がどんどん入ってくる事態となった。アップグレードカードはなまもののような性質があるので通常再生産はしないのだが、爆発的なヒットに気を良くして多めに再生産を決断する。しかし追加生産が出来上がったころには市場が冷めており、追加生産分の半分ほどが不良在庫となってしまう。

【第四章】極秘!新規代理店の誕生
不良在庫を処分しようとするもうまくいかない。日本向けのPowerBook 2400用カードを売り切るために新規の代理店を開拓することになる。商社M社との準独占販売契約があるのだが、契約に抵触しないように日本の大手代理店K社と代理店契約を結ぶことに成功する。

【第五章】玉砕!マックワールド東京’99
1999年のMac World 東京で新しい代理店K社のブースにて大々的にプロモーションを行う。3日間マイクを持ちっぱなしで喉が枯れまでにNewer社製品の説明と宣伝を繰り返した。多くのユーザーが集まり大盛りあがりのブースとなった。しかし、PowerBook 1400/2400用のカードを安い価格で3日間積極的に販売するもほとんど売れることがなく、ショックを受ける。

【第六章】清算!在庫のたたき売り
Mac Worldで売れ残った製品が問題となる。不良在庫は代理店K社に委託していたのだが、Newer社内部では会計上販売したことにして銀行から融資を受けていた。しかし製品の支払いが代理店K社から入ってこないために銀行から督促を受けることになる。さらにその支払がないという理由でK社への新製品の出荷を停められてしまう。委託した製品は売れず、新製品も出荷出来ないためにK社は何の機能しない状態になってしまった。そしてついに万策尽きて、不良在庫をいい値で買い取ってもらうことにする。

以下 後篇に続く

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 427 KB
  • 推定ページ数: 36 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B081QY4YG5
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 120,504位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover