通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
米中激突、揺れる国際秩序―問われるメディアの分析力... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

米中激突、揺れる国際秩序―問われるメディアの分析力・洞察力ー 単行本(ソフトカバー) – 2019/2/15


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/2/15
¥ 540
¥ 540 ¥ 99

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

2018年11月に開催されたシンポジウム「米中激突、揺れる国際秩序ー問われるメディアの分析力・洞察力」を書籍化。基調講演者に寺島実郎(日本総合研究所会長)を迎え、パネルディスカッションには有識者・ジャーナリストらが参加。アメリカは、トランプ大統領のもとで「自国第一主義」に外交の軸足を移すなか、一方では強権的な政治体制を続ける中国やロシアが国際社会に対する影響力を強めている。米国と中国の対立は、貿易戦争から覇権争いの様相を呈してきた。混迷の度を増す国際情勢の中で、日本はどのように行動すべきか、メディアは複雑な現状を的確に分析・洞察できているのか、改めて検証する。 協力:共同通信社

著者について

パネリスト:三浦瑠璃、柯隆、ロビン・ハーディング、杉田弘毅


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 103ページ
  • 出版社: 新聞通信調査会 (2019/2/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4907087349
  • ISBN-13: 978-4907087340
  • 発売日: 2019/2/15
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 1 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう