通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
米中もし戦わば がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■2017 5刷 きれいです。きもちよくお読みください。 ■カバー:よれなし 汚れなし ■本書日焼け:なし ■書込み:なし ■折れ:なし ■カバークリーニング済 ■Amazon専売品 ■防水密封梱包 ■配達状況が追跡できるネコポス便発送(ポスト投函) ■海外SAL便 ■毎日発送 ■発送メールでお届け予定日をお知らせ・領収書同封 ■発送元:川崎市麻生区 ■コンディションは基準に則っていますがあくまで主観であり中古品です。 ■配送をお急ぎの方は、ご購入後 "商品配送について" でご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

米中もし戦わば 単行本 – 2016/11/29

5つ星のうち 4.8 68件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,095
¥ 2,095 ¥ 1,166
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 米中もし戦わば
  • +
  • 戦争にチャンスを与えよ (文春新書)
  • +
  • 中国4.0 暴発する中華帝国 ((文春新書))
総額: ¥3,801
ポイントの合計: 115pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◆トランプ政策顧問が執筆!◆
フジテレビ「新報道2001」(11・27)、東洋経済オンライン(11・28)で紹介!
・経済成長のために必要な原油の中東からの輸送ルートは、太平洋地域の制海権をもつアメリカによって抑えられている。
・空母と同盟国の基地を主体にした米軍に対抗するため、安価な移動式のミサイルで叩くという「非対称兵器」の開発を中国は進めてきた。
・南シナ海や尖閣諸島の海底に巨大な油田が発見された。
・南シナ海や尖閣諸島を囲む第一列島線。その内側の制海権を中国は握りつつある。
・歴史上、既存の大国と台頭する新興国が対峙したとき、戦争に至る確率は70%を超える。

経済、政治、軍の内情……。
最前線の情報をもとに、米中戦争の地政学を鮮やかに読み解く。
トランプの政策顧問による分析で、日本の未来が見えてくる!

解説:飯田将史(防衛省防衛研究所 地域研究部 中国研究室 主任研究官)

【目次】

■第一部 中国は何を狙っているのか?

第1章 米中戦争が起きる確率
第2章 屈辱の一〇〇年間
第3章 なぜマラッカ海峡にこだわるのか?
第4章 禁輸措置大国アメリカ
第5章 中国共産党の武力侵略

■第二部 どれだけの軍事力を持っているのか?

第6章 軍事費の真実
第7章 第一列島線と第二列島線
第8章 「空母キラー」の衝撃
第9章 地下の万里の長城
第10章 マッハ10の新型ミサイル
第11章 機雷による海上封鎖
第12章 深海に潜む核兵器
第13章 ヨーロッパの最新軍事技術を手に入れる
第14章 小型艦が空母戦闘群を襲う
第15章 第五世代戦闘機の実力
第16章 宇宙戦争
第17章 サイバー戦争
第18章 国際世論の操作
第19章 「非対称兵器」が勝負を分ける

■第三部 引き金となるのはどこか?

第20章 台湾という不沈空母
第21章 問題児・北朝鮮
第22章 尖閣諸島の危機
第23章 ベトナムの西沙諸島
第24章 南シナ海の「九段線」
第25章 排他的経済水域の領海化
第26章 水不足のインド
第27章 火の付いたナショナリズム
第28章 地方官僚の暴走
第29章 中露軍事同盟の成立

■第四部 戦場では何が起きるのか?

第30章 質の米軍vs. 量の中国軍
第31章 米軍基地は機能するのか?
第32章 中国本土への攻撃
第33章 海上封鎖の実行
第34章 どんな「勝利」が待っているのか?

■第五部 交渉の余地はあるのか?

第35章 米軍はアジアから撤退すべきか?
第36章 中国の経済成長は何をもたらすのか?
第37章 貿易の拡大で戦争は防げるのか?
第38章 核抑止力は本当に働くのか?
第39章 中国との対話は可能か?
第40章 「大取引」で平和は訪れるのか?

■第六部 力による平和への道

第41章 「戦わずして勝つ」唯一の方法
第42章 経済力による平和
第43章 軍事力による平和
第44章 同盟国を守り抜く
第45章 中国の脅威を直視する

■解説 飯田将史(防衛省防衛研究所 主任研究官)
「日本の安全をどう守るのか」

内容(「BOOK」データベースより)

米国の一級の専門家たちが分析。トランプ政策顧問が執筆!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 412ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/11/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163905677
  • ISBN-13: 978-4163905679
  • 発売日: 2016/11/29
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 68件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,789位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「米中もし戦わば」というタイトルから「アメリカと中国が戦ったらどっちが勝つか」といったシミュレーションものだと思うかもしれないが、そうではない。アメリカの立場からどうしたら中国との衝突が避けられるかを真面目に分析した地政学・安全保障の本である。内容は深刻だが、書き方が堅苦しくないし、1つのテーマについて最初にクイズを出して簡潔に提示するようなやり方なので、堅いテーマのわりに読みやすく感じた。

内容は深刻である。中国の日米の軍事的な優位はかなり詰められていて、中国が領土拡大に確実に駒を進めており、それは今後も続く。また、なぜ米中衝突の可能性があるかも冷静かつ論理的に書かれていて、煽っていないぶん読み進むごとに静かな恐怖を感じた。「中国との戦争なんてあり得ない」「核戦争なんてありえない」「北朝鮮が日本に核兵器を使うわけがない」と楽観的な人は、本書を読んでもう一度考えてみて欲しい。それらの可能性はゼロではなく、確実にあることがわかるはずだ。私の印象では「十分にあり得る」という感じがした。

テレビでもほとんど扱われないし新聞などにちゃんと書かれていないことばかりだが、軍事的な知識や地政学について知識がない人でも、何とか読めるように書かれているので、たとえば、池上彰さんのテレビ番組や、ネットのニュース解説番組「虎ノ門ニュース」、ラジオの「VOICE
...続きを読む ›
1 コメント 306人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
今を生きる全国民が知る基礎知識の1つの本です。
中国は選挙が無い一党独裁であるから、対外的に、国連的に都合が悪い話は隠蔽できる。地下で行われている活動の点と点をつなげると、本書のような推論は全うである。国際条約とは異なる価値観、政治観をもつ中国ですから、日本人が考える常識と違うことがこの本からわかります。読後、各自準備しておきましょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
すべての日本人に読んでほしいと思う本に出会うことはまずない。
この本はこの10年ではじめて、私がすべての日本人に読んでほしいと感じた書籍だ。

内容は、私が読んできた国際関係に関する本で、最も論理的、かつ具体的に中国の脅威をわかりやすく説明した本である。
筆者は、トランプの政策顧問であるが、本書は30人近くの第一線の米国の軍事専門家との真剣な議論を統括する形で執筆されており、まさに米国の知恵の結晶を本という形で出版したことになる。

各章が簡単な質問から始まり、それに答える形で具体的な意見やデーター、議論/反論がなされ、最後に最も現状を単純に説明しうる結論が示され、それに基づいて、次の章で新たな質問が提示されるという形で、飛躍しない論理的な結論をつなげていきながら、具体的に、しかも論理的に起こりうるシナリオや現状が示されていく。
もちろん議論には一部、最悪のシナリオのみが選択されているところもあるが、そこで示される現状・結論は、どういう思想の側に立っていても十分に納得できるものではないだろうか。

近年、YahooJapanのようなインターネットサイトも含めて、NHK、朝日、毎日、日経等のメディアが急速に中国寄りの報道を展開しており、これらの企業の業績不振を補う形で、中国からのカネが強い影響力
...続きを読む ›
1 コメント 108人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本の題名が際物なので、このような本は読まないよ、薦めた人から皆にいわれたが、読まず嫌いは困ったもんだ。
題名は多分「米国の振り子が大きく変わるとき」ということであろう。
確かに米国のGDPは70%は、サービス産業なのだから、いまさら中西部のラスト・ベルトの復活は極めて難しい。
しかし、米国のスタンスは、対中政策で大きく変わるとき、国内に必要な、産業は残すべきという理由が、これでもかと書いてありますね。
キーワードは、非対称兵器とスターリンのいう「量も質のうち」ということである。
にもかかわらず、ナブァロ氏は、国際経済の専門の学者なのである。
つまり、彼が、中国や不得手の軍事情報をあえて取り扱ったのには訳がある。また、当初、トランプ大統領が、言っていたことが。少しずつ
変化しいてきたのには、このような、有能なスタッフが、思った以上、中枢いるということが、この本を読めば解る。(正確には共和党中枢)
また、トランプ大統領の「ワシントン」・「マスコミ」・「アップルなどの、中国での生産基地をを持つ企業」を激しく非難する意味がよくわかるので、一読のかちがありますよ。しかも、圧倒的にわらわれが、思った以上に、米国民から支持を受けている。
今後、少しずつ、しかし、方向が変わっていくであろうことを、知る上で、重
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー