通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
米中もし戦わば がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●帯あります●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、概ね良好なコンディションです。コンディションガイドラインに沿って販売、比較的状態の良いものを選んで販売しております。●消毒後に防水封筒もしくはOPP封筒等にて防水加工した状態で送付いたします。原則2営業日以内に出荷致します。日曜・祭日、連休は不定期で出荷します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

米中もし戦わば 単行本 – 2016/11/29

5つ星のうち 4.8 68件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,095
¥ 2,095 ¥ 1,210

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 米中もし戦わば
  • +
  • 戦争にチャンスを与えよ (文春新書)
  • +
  • 中国4.0 暴発する中華帝国 ((文春新書))
総額: ¥3,801
ポイントの合計: 115pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◆トランプ政策顧問が執筆!◆
フジテレビ「新報道2001」(11・27)、東洋経済オンライン(11・28)で紹介!
・経済成長のために必要な原油の中東からの輸送ルートは、太平洋地域の制海権をもつアメリカによって抑えられている。
・空母と同盟国の基地を主体にした米軍に対抗するため、安価な移動式のミサイルで叩くという「非対称兵器」の開発を中国は進めてきた。
・南シナ海や尖閣諸島の海底に巨大な油田が発見された。
・南シナ海や尖閣諸島を囲む第一列島線。その内側の制海権を中国は握りつつある。
・歴史上、既存の大国と台頭する新興国が対峙したとき、戦争に至る確率は70%を超える。

経済、政治、軍の内情……。
最前線の情報をもとに、米中戦争の地政学を鮮やかに読み解く。
トランプの政策顧問による分析で、日本の未来が見えてくる!

解説:飯田将史(防衛省防衛研究所 地域研究部 中国研究室 主任研究官)

【目次】

■第一部 中国は何を狙っているのか?

第1章 米中戦争が起きる確率
第2章 屈辱の一〇〇年間
第3章 なぜマラッカ海峡にこだわるのか?
第4章 禁輸措置大国アメリカ
第5章 中国共産党の武力侵略

■第二部 どれだけの軍事力を持っているのか?

第6章 軍事費の真実
第7章 第一列島線と第二列島線
第8章 「空母キラー」の衝撃
第9章 地下の万里の長城
第10章 マッハ10の新型ミサイル
第11章 機雷による海上封鎖
第12章 深海に潜む核兵器
第13章 ヨーロッパの最新軍事技術を手に入れる
第14章 小型艦が空母戦闘群を襲う
第15章 第五世代戦闘機の実力
第16章 宇宙戦争
第17章 サイバー戦争
第18章 国際世論の操作
第19章 「非対称兵器」が勝負を分ける

■第三部 引き金となるのはどこか?

第20章 台湾という不沈空母
第21章 問題児・北朝鮮
第22章 尖閣諸島の危機
第23章 ベトナムの西沙諸島
第24章 南シナ海の「九段線」
第25章 排他的経済水域の領海化
第26章 水不足のインド
第27章 火の付いたナショナリズム
第28章 地方官僚の暴走
第29章 中露軍事同盟の成立

■第四部 戦場では何が起きるのか?

第30章 質の米軍vs. 量の中国軍
第31章 米軍基地は機能するのか?
第32章 中国本土への攻撃
第33章 海上封鎖の実行
第34章 どんな「勝利」が待っているのか?

■第五部 交渉の余地はあるのか?

第35章 米軍はアジアから撤退すべきか?
第36章 中国の経済成長は何をもたらすのか?
第37章 貿易の拡大で戦争は防げるのか?
第38章 核抑止力は本当に働くのか?
第39章 中国との対話は可能か?
第40章 「大取引」で平和は訪れるのか?

■第六部 力による平和への道

第41章 「戦わずして勝つ」唯一の方法
第42章 経済力による平和
第43章 軍事力による平和
第44章 同盟国を守り抜く
第45章 中国の脅威を直視する

■解説 飯田将史(防衛省防衛研究所 主任研究官)
「日本の安全をどう守るのか」

内容(「BOOK」データベースより)

米国の一級の専門家たちが分析。トランプ政策顧問が執筆!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 412ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2016/11/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163905677
  • ISBN-13: 978-4163905679
  • 発売日: 2016/11/29
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 68件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,553位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「米中もし戦わば」というタイトルから「アメリカと中国が戦ったらどっちが勝つか」といったシミュレーションものだと思うかもしれないが、そうではない。アメリカの立場からどうしたら中国との衝突が避けられるかを真面目に分析した地政学・安全保障の本である。内容は深刻だが、書き方が堅苦しくないし、1つのテーマについて最初にクイズを出して簡潔に提示するようなやり方なので、堅いテーマのわりに読みやすく感じた。

内容は深刻である。中国の日米の軍事的な優位はかなり詰められていて、中国が領土拡大に確実に駒を進めており、それは今後も続く。また、なぜ米中衝突の可能性があるかも冷静かつ論理的に書かれていて、煽っていないぶん読み進むごとに静かな恐怖を感じた。「中国との戦争なんてあり得ない」「核戦争なんてありえない」「北朝鮮が日本に核兵器を使うわけがない」と楽観的な人は、本書を読んでもう一度考えてみて欲しい。それらの可能性はゼロではなく、確実にあることがわかるはずだ。私の印象では「十分にあり得る」という感じがした。

テレビでもほとんど扱われないし新聞などにちゃんと書かれていないことばかりだが、軍事的な知識や地政学について知識がない人でも、何とか読めるように書かれているので、たとえば、池上彰さんのテレビ番組や、ネットのニュース解説番組「虎ノ門ニュース」、ラジオの「VOICE
...続きを読む ›
1 コメント 306人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ナヴァロの「Crouching Tiger」の邦訳。
原題は、チャイナとは身を低くしていつでも獲物に飛びかかれる臨戦態勢にある虎だという意味である。

この本を読むと、現実のチャイナの軍事力がどれほどの脅威になっているかがひしひしと分かる。
チャイナはアメリカの優位性に対する対抗戦略、反干渉戦略を長期ビジョンで推し進めてきており、チャイナにアメリカが対抗するには従来の戦略を大きく転換しなければならない状況にある。

今までのアメリカの軍事的優位性の3本柱とは1.空母戦闘群 2.第1第2列島線上の大規模基地 3.高度なC4ISRシステムにあったし今もそうだが、チャイナは、空母に対しては1600Km彼方から空母を撃沈できる対艦弾道ミサイルを完成させており、マッハ10で飛ぶ対艦巡航ミサイルも完成させてしまった。これによってアメリカの軍事パワーの象徴的な存在ともいえるる空母戦闘群、イージスシステムは無防備な標的となり機能しない。1000億ドルの空母を100万ドルのミサイルが1発でも当たればいいわけで、このような非対称兵器の攻撃はアメリカにコストリスクを跳ね上げさせる。チャイナのこれらミサイルはゲームチェンジャーといえるものである。
2の日本やグアムにある大規模基地などはミサイル攻撃に対し全く無防備で地上に露出している。<
...続きを読む ›
1 コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
中国の脅威に対して、どう取り組むべきかについてまとめられています。
トランプ政権の国家通商会議代表であるピーター・ナヴァロ博士の書かれた本書は、トランプ大統領のアメリカがどのように中国に対して取り組むのかを示していると思います。
軍事的な脅威だけでなく、経済政策についても言及されています。

個人的な感想ですが、トランプ大統領は孤立主義的とも称される強硬な貿易政策をなぜ行おうとしてるのかという疑問に対して新たな側面からの答えを与えてくれます。
この本を読む以前は、多くのメディアが主張していたように、トランプ大統領の支持基盤である生活の厳しくなった白人労働者層向けの単なる票集めであろうと思っていました。票集めという観点では、生産拠点をアメリカに移し、国境税をかける、という貿易政策は、物価が上昇し、むしろ票を失い逆効果ではないか、と考えていました。

しかし、本書を読み、単なる票集めではないと思いました。
安全保障という観点からみると、戦争で勝つにはやはり生産力が必要であり、アメリカは現在進行形で軍事力を失っていると考えることができるのではないでしょうか。2度の世界大戦を通じてアメリカが戦勝国となりえたの世界の工場だったからであるという点は非常に重要な点であり、21世紀の世界の工場が中国であることを考える
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書は仮想戦記ではなく、中国が戦争を起こすことを防ぐための提言集である。

著者はトランプ陣営の外交顧問で唯一、経済から軍事まで分かるという、カリフォルニア大学教授のピーター・ナヴァロ。
今後のアメリカのアジアへの関与の仕方を予測するうえで、非常に有益だ。
私のような軍事オンチには敷居が高いかな?とも思ったが、そうでもなかった。

全412ページ(解説とソースノートを含む)と厚めだが、クイズ形式で45章に別れているので、Wikipediaなどで耳慣れない言葉を調べながら少しづつ読んでもいい。

翻訳の良さもあってか読みやすいが、副題に「戦争の地政学」とあるだけあり、日本でも知られたピルスベリーやミアシャイマーらの地政学者やマイケル・グリーン、各シンクタンクや軍の研究者などの見解が章に合わせて広く紹介されている。

経済的依存は抑止に役立つか?、「屈辱の100年」以外にもある中国の被害者意識、アメリカは中国の戦略・戦術の何を危険視しているのか、など、中国ウォッチャーには身近に感じられるトピックも多い。
最大の「ゲームチェンジャー」になり得るロシアに1章しか割いてないのがちょっと物足りないが、アメリカ国内での反発も予想されるので、まだ時期尚早ということか。

(追記) さて、私たちはどうすればこのような中国を無害化できるのか。難題であるが、考え続けたい。
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー