通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
篦棒な人々ー戦後サブカルチャー偉人伝 (河出文庫 ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 東京 ブック
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ヤケ、擦れ、軽いヨレが見られますが、その他特に大きな損傷などなく概ね良好です。アマゾン掲載画像とカバーデザインなどが違うことが御座います。中古品の為、使用感がある場合もありますがご了承くださいませ。【検品担当者より】中古品の為、できる限りの確認作業を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご了承下さい。※土日、祝日出荷作業は行っておりません。2営業日以内にゆーメールにて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

篦棒な人々ー戦後サブカルチャー偉人伝 (河出文庫 た 24-1) 文庫 – 2007/12/4

5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 918
¥ 918 ¥ 264

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 篦棒な人々ー戦後サブカルチャー偉人伝 (河出文庫 た 24-1)
  • +
  • うらおもて人生録 (新潮文庫)
総額: ¥1,598
ポイントの合計: 34pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

戦後大衆文化に放たれた、激烈なるエネルギー――
康芳夫(マルチプロデューサー、虚業家)/石原豪人(挿絵画家、画怪人)/川内康範(月光仮面原作者、生涯助ッ人)/糸井貫二(全裸の超・前衛芸術家) 彼らケタ外れの偉人たちを追う伝説のインタビュー集。裏の昭和が熱く妖しくよみがえる。

サブカルチャー総合誌『クイック・ジャパン』創刊当初の名物企画から生まれた名著『篦棒(ベラボー)な人々』、待望の文庫化。 解説=本橋信宏

内容(「BOOK」データベースより)

戦後大衆文化に放たれた、激烈なるエネルギー―康芳夫(マルチプロデューサー、虚業家)、石原豪人(挿絵画家、画怪人)、川内康範(月光仮面原作者、生涯助ッ人)、糸井貫二(全裸の超・前衛芸術家)。彼らケタ外れの偉人たちを追う伝説のインタビュー集。裏の昭和が熱く妖しくよみがえる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 360ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2007/12/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 430940880X
  • ISBN-13: 978-4309408804
  • 発売日: 2007/12/4
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 181,501位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
9
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(9)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ICHIRO トップ500レビュアー 投稿日 2008/5/7
形式: 文庫 Amazonで購入
昭和を代表(?)するサブカルチャーの「怪人」4人へのインタビュー集。
いやあ、面白い!
よくぞここまで突っ込むか、という竹熊健太郎が聞き手だが、
子供の頃、川内康範・文、石原豪人・絵――という「月光仮面」を読んできた者としては
懐かしいやら面白いやら。

それにしてもこの4人、ぶっ飛び方が半端じゃない。
話も、飛びまくりだ。だけど、みんな一本筋が通っている。

篦棒(ベラボー)な人々 とは、よくぞ付けたタイトルである。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「要するに僕は煽動を楽しんでいる」──こんな科白を引き出すインタビューに、敬意を払わずにおられようか!
これは、“四大奇人”の一人、康芳夫氏のひとことだが、彼の経歴を存分に知悉した上で読むと凄みさえ感じる。
サブカルチャーという言葉は、あまり好きではないのだが、康芳夫氏や川内康範氏がサブカルチャーの旗手だというならば、われらもサブカルチャーの旗の下に馳せ参じよう、と思わずにいられない。──それだけの「煽動」する力が、本書にはある。こんな淡々とした煽動もあるのだと、談話の魔力に引き込まれる。
強面(こわもて)で知られた川内康範氏が、繰り返し著者に名前で語りかける。「竹熊さん」と。──これが、いい!
もちろん、本書の全編に満ちている濃厚な「物語」は、そんじょそこらの三文小説が束になっても太刀打ちできないほどのものだが、それだけならば他で知ることができないものでもない。しかし著者のインタビュー原稿の神髄は、その節々にある。
ずけりと踏み込む、その姿勢は、苦笑しながら構えを解いてゆくという「奇人」の語りのプロセスをくっきりと読み取らせる。このあたりが、本書の最大の魅力だろう。
──それにつけても、たった四人ではもの足りない。ぜひ、続篇をインタビュー&刊行していただきたい。それだけの「人々」がいるだろうし、なにしろもっと、読みたい!
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「康氏のポケットには無数の『熊沢天皇』が隠されている。ネッシーもオリバー君も、ノアの方舟もそのひとつだ。康氏はそうした爆弾をわれわれの日常に投げつける。人々はそれをニセモノとして必死に退けようとするが、しかしそれをニセモノと呼ぶこと前になすべきことがあるはずだ。それはホンモノの検証である。われわれの考えるホンモノとは本当にホンモノなのか・・・・・?」(P337)

 「あとがき」のこの記述はそのまま著者のこの本の隠された目論見へと通じる。
 ニセモノの「サブカルチャー」として新聞で記述されるようなの「戦後史」から退場宣言を受けた人々のインタビュー。それは、私たちが当たり前に受け入れてきた「ホンモノの戦後史」を厳しく問う行為だ。
 康芳夫には、「オウム真理教と消費者社会」を、石原豪人には、「高度経済成長」を、川内康範には「戦争」を、著者はどこまでも質問し続ける。

 クイック・ジャパン創刊号に掲載されたインタビュー当時、飛鳥新社の社長により「1ページも理解できない」と片づけられた「サブカルチャー」は今や圧倒的な市民権を得た。私たちの世代にとって「サブカルチャー的である」ということは賞賛しか意味しない。
 だが、しかし。サブカルチャーそれ自体が当然に「ホンモノ」となってしまった時、サブカルチャーの誕生は単なるメーンカ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
いつか読もう読もうと思いやっと購入。
本を開いてからは一気に読み終わりました。
竹熊さんの取材対象者に対する思いが各ページから垣間見えました。
先人の鬼才の生き方に圧倒されました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ダダカンこと糸井寛二のインタヴューが載った貴重な一冊です。

本書で指摘されている通り、ダダカンの活動は美術史から無視されています。日本の現代アートを扱う本でもダダカンが登場することは稀です。これはダダカンを単なる珍事として捉える傾向に加えて、本人の活動が展覧会場でのハプニングや個人に送り付けるメールアートなどジャーナリストの記録に残りにくいこと、そして本人の取材拒否のせいだと思われます。

インタヴューのなかで他の60年代の芸術家激集団の名も出てくるし、彼の行動原理も分かってきます。貴重な図版も多く、読みごたえは十分です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告