Facebook Twitter LINE
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 756 (26%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 2,160
Kindle版
¥ 2,916
ハードカバー価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 756 (26%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
築地市場クロニクル【完全版】1603-2018 がカートに入りました
+ ¥ 350 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ゆずの木書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■スレ・キズ・汚れなど、多少の使用感がございますが、中古品として比較的良好な状態です。■記載のない場合、付録や特典(CD・ポスターなど)の付属はございません。また、帯・ハガキなど封入物の付属も原則ございません。■中古品のため気を付けておりますが、見落としによる多少の傷み・汚れ・わずかな書き込み等はご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
14点すべてのイメージを見る

築地市場クロニクル【完全版】1603-2018 単行本 – 2018/7/20


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 2,916
¥ 2,916 ¥ 1,484

booksPMP

【期間限定】ポイントアップキャンペーン開催中

1冊でも最大8% さらに3冊以上を購入する際クーポンコード「2222」を入力すると最大15%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 築地市場クロニクル【完全版】1603-2018
  • +
  • 築地市場: 絵でみる魚市場の一日 (絵本地球ライブラリー)
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 273pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

――2018年10月、築地市場、ついに閉場――

1603年、日本橋魚河岸誕生
1935年、築地開場
2018年、豊洲新市場へ

市場の歴史、建築プロセス、しきたりなど、
「築地史」の第一人者が新発掘・未公開写真約400枚の貴重な写真で解説。
世界最大級の市場のすべてを網羅した、永久保存の完全版。


(はじめに)思い出となる風景に暮らして
築地市場地図・隅田川と銀座に面した築地市場

■第一章 巨大市場、24時間の鼓動
水産、青果物を取り扱う築地市場。水産物の取扱規模は、世界最大級だ。
眠ることなく動き続ける「築地ブランド」の現場を訪ねる。

■第二章 解体を前に、建物の記憶を歩く
関東大震災による帝都復興の最大事業として完成した築地市場。
竣工時の面影をたどりながら、消えゆく施設を歩く。

■第三章 魚河岸と大根河岸。ルーツはふたつの河岸
水産は日本橋、青果は京橋の市場。
扱う産物からそれぞれ魚河岸、大根河岸の愛称で呼ばれた。
ルーツを訪ね、築地移転への経緯を探る。

■第四章 激動の昭和。開場、戦争、復興へ
生みの苦しみを経ての開場。
それもつかの間、戦争により市場機能は改変、戦後は進駐軍の施設に。まさに激動の日々を追う。

■第五章 築地400年の時空散歩
江戸時代の初め、海を埋め立て誕生した築地。
大名屋敷、文明開化をけん引するホテル、海軍の中枢基地と、ドラステイックな変貌をとげてきた。

■第六章 移転、再整備、移転。豊洲への道のり
昭和の宿題といわれてきた築地市場の移転問題。
開場して30年、早くも移転話が浮上する。
新天地、豊洲へいたる長き道のり。

■第七章 豊洲へとつなぐ伝統・風習
初荷、供養祭、信仰。自然を相手に商う日々のなか、
節目に催される様々な行事は、豊洲へつなぐ築地の心。

■資料編
・築地市場年表
・参考文献
・築地市場の仕組み
・築地市場の概要
・掲載写真クレジット一覧
・築地市場のアーカイブス「銀鱗文庫」

内容(「BOOK」データベースより)

築地市場の現在・過去・未来―写真が映し出す、かくも濃密な日々。新発掘・未公開写真約四〇〇枚でたどる築地市場の完全版年代記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 239ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2018/7/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022515562
  • ISBN-13: 978-4022515568
  • 発売日: 2018/7/20
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.1 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 393,334位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう