通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
箱根富士屋ホテル物語 (小学館文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、カバーに多少の使用感、ヨレ、シワ、キズ等がございます。カバーデザインが異なる場合がございます。<検品担当者より>チェックは万全を心がけておりますが、万が一見逃しがあった場合はご了承下さいませ。発送時は、可能な限り48時間以内にゆうメールにて発送を致します。(お問い合わせはメールにてお受け致します。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

箱根富士屋ホテル物語 (小学館文庫) 文庫 – 2015/11/6

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 151
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 68

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 箱根富士屋ホテル物語 (小学館文庫)
  • +
  • 百年の品格 クラシックホテルの歩き方
総額: ¥2,300
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

これぞ日本のホテル史だ!

箱根富士屋ホテルといえば、クラシックホテルの代名詞ともいえる日本を代表するホテルである。
1878年(明治11年)の創業以来、一世紀以上の長きにわたり内外の観光客に愛され続けるこのホテルの歴史には、山口仙之助、正造、堅吉という、「創り」「育て」「守った」3人の男の、壮大な野望と波乱万丈の生き様があった――。
明治から昭和という激動の時代を、ホテルと共に生きた男たち。その人生を創業者一族の末裔である著者が丹念に紐解いていく。
箱根の山で繰り広げられた“夢の軌跡”を鮮やかに描ききったノンフィクションの傑作が、初版から20年の時を経て、遂に文庫化。
解説は作家の関川夏央氏。

内容(「BOOK」データベースより)

クラシックホテルの代名詞ともいえる箱根富士屋ホテル。一八七八年(明治十一年)の創業以来、一世紀以上の長きにわたり内外の観光客に愛され続けるこのホテルの歴史には、山口仙之助、正造、堅吉という、「創り」「育て」「守った」三人の男の、壮大な野望と波乱万丈の生き様があった―。明治から昭和という激動の時代を、ホテルと共に生きた男たち。その人生を丹念に綴っていく著者は、創業者一族の末裔である。初版刊行から約二十年。箱根の山で繰り広げられた“夢の軌跡”を鮮やかに描ききったノンフィクションの傑作が、遂に文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 333ページ
  • 出版社: 小学館 (2015/11/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094062319
  • ISBN-13: 978-4094062311
  • 発売日: 2015/11/6
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 180,434位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
100年以上続いている老舗ホテル「富士屋ホテル」を、裏からも表からも。内からも外からも、しっかり、調べて書いてあるので、ガイドブックというより歴史書を読んでいるような楽しさがある。

ふだん、泊まったり、食事しているだけではわからない、創業者の想いやこだわり。それを2代目、3代目、4代目がどのように受け継ぎ、さらに発展させてきたかなど興味をそそる話が満載。

ホテルに行く前の予習に読むと、ホテルの楽しみが数倍になる。逆に行ったあとに復習として読むと、思い出が数倍になる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「事実は小説よりも奇なり」、と言うが、この物語に生きる人間たちは、富士屋と言うホテルを中心として、小説の主人公さながら、いやそれ以上に波瀾万丈の生き様を見せてくれる。

世間的には「旅行作家」の方が通りが良い作者であるが、読み進む内に、主人公達が物語の中から蘇って来るようで、物書きとしての、山口由美の実力を見せ付けられるようである。

しかし、この物語りに血を通わせ、読者に感動を与えるのは、山口の富士屋に対する「愛」に他ならない。

エピローグで著者は語る。「夏の賑わいが去ったら、一人、静かに出かけてみよう。今度は取材でも、資料集めでも、何でもなく。ただ、富士屋ホテルの胸懐に抱かれるためだけに。」

感動のノンフィクション、お勧めの一品である。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告