Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 97の割引 (15%)

ポイント : 54pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[宮城谷 昌光]の管仲(下)<管仲> (角川文庫)
Kindle App Ad

管仲(下)<管仲> (角川文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 780 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 1

【50%ポイント還元】GW文春祭り
現在、GW期間限定で「GW文春祭り」を実施中。3,300タイトルが対象の大幅セール。この機会にお得な情報をチェック! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

時に戦雲が天を覆う春秋時代前期、「管鮑の交わり」として名高い管仲と鮑叔は周の都で出会う。以後、ふたりは異なる性格ながらも互いを認め、ともに中原の沃野を駆け抜けていく。しかし、時代はまだこのふたりの天才を知らなかった――。のちに、思想家、為政者として卓越した能力を発揮し、理想の宰相と称された管仲の生涯と、彼を支えた人物群像を余すところなく描いた、渾身の歴史長編。

内容(「BOOK」データベースより)

鮑叔は斉国の公子小白の傅となり、管仲はその兄弟・公子糾の家宰となった。君主の座をめぐる争いで、二人は戦場で敵同士となる。追いつめられた管仲の放った一矢は虚空を横切り、小白の腹部に刺さった…。新しい時代の霸者が生まれるまでのドラマを、鋭い人物描写と為政への洞察で読ませる渾身の長編。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 556 KB
  • 紙の本の長さ: 328 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2006/7/14)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009TPQQZU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 49,676位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
人間尊重の経営を目指すものはぜひ読むべきである。人間は見た目だけではわからない能力を持っている。その能力を発揮できる舞台を作ってやることが経営者には必要である。
アクリ社の農薬混入は製造担当の契約社員が容疑者として逮捕されたが、人をもの扱いにする会社は崩壊する。人間尊重の経営はどこの会社にも求められている。
このようなことを感じさせるのがこの本である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
管仲は前半生の苦難と後半生の栄光の日々とが実に対照的な人だ。
この本でも見事なまでに対照的になっており、後半生の成功の日々は実にあっさりとしている。
確かに無理も無い。「管仲はこういう政策を取って成功したよ」と成功した日々をただひたすら書き連ねてもつまらないからだ。苦難のカタルシスとしての成功はあくまで簡潔にしなければ効果が薄い。
しかしやはり後半があっさりしすぎている感が強い。「前半生の苦難の日々のほとんどがフィクションであるのだから」なおのことだ。
やはり小説としては少し残念であった・・・と思える。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 あにも 投稿日 2007/10/8
形式: 文庫
斉の垣公に仕えた名宰相の物語です。

文献からは読み取ることのできない
管仲の青年時代が描かれています。
鮑叔との出会いから、
管鮑の交わりの由来となった商売の話など
無理なく散りばめられています。

運命の矢を垣公にむけるシーンは
名場面です。

孔子が賢と評した鮑叔の話としても
おもしろいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
中国の春秋戦国時代に興味のある人なら管仲ははずせないでしょう。

ぜひ読んでください。時代がいくら流れても変わらないものや、志というものを考えさせてくれると思います。

名宰相ですねやはり!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
中国古代史の奥深さを知ることのできる宮城谷氏ならではの作品だと思います。
特に、人間関係の機微が巧みに表現されており、現代を生きる私達にとっても学ぶことの多い内容だと感じました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover