通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
算木の家 がカートに入りました
& 配送料無料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 さらら書房
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 2009年11月10日・第1刷発行 ◆カバー有(帯なし)◆カバーにスレ、ヨレ、折れ、汚れ有。中身は小口に汚れが有りますが、書込み、ライン引きなく良好です。◎中古品ですので完璧な物をお求めの方はご遠慮ください。また市場状況により定価より高額な場合がございます。理解の有る方のみ宜しくお願いいたします。☆清掃後、丁寧に包装し、配達事故の少ない(ゆうメール)または追跡番号付きで速やかに発送させて頂きます☆
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


算木の家 単行本 – 2009/12/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,540
¥1,540 ¥121
お届け日: 12月4日 - 11日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
19 時間 30 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

大正初期の少女の目に映る「祖先の算木」と「新しい算木」―学問を奨励した直江兼続ゆかりの米沢に暮らす一家族の何世代にも亘る生き様を、時代ごとの世相もまじえて、大正初期の少女の目を通して描き出した小説。新しい数学に追われて消え残る和算の面影、西洋文化導入でも、なお残る古風な女子教育、上杉謙信公以来続く、米沢藩時代の気風が残る暮らしぶりも併せて描く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

遠藤/寛子
1931年、三重県に生まれる。三重大学を経て、法政大学史学科卒業。三重県下の中学校および都立の養護学校に勤務。教職の傍ら創作に勤しむ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2009/12/1
  • 単行本 : 148ページ
  • ISBN-10 : 4876395055
  • ISBN-13 : 978-4876395057
  • 出版社 : 研成社 (2009/12/1)

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません