¥ 8,100
通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
筋:機能とテスト―姿勢と痛み がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

筋:機能とテスト―姿勢と痛み 大型本 – 2006/3

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 8,100
¥ 8,100 ¥ 16,200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 筋:機能とテスト―姿勢と痛み
  • +
  • 続 運動機能障害症候群のマネジメント頸椎・胸椎・肘・手・膝・足
  • +
  • 運動機能障害症候群のマネジメント理学療法評価・MSIアプローチ・ADL指導
総額: ¥29,484
ポイントの合計: 1141pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ケンダル
講師、米国陸軍軍医長官顧問、メリーランド州理学療法士試験委員会顧問・元委員。メリーランド州ボルチモア小児病院元理学療法士。メリーランド大学理学療法学部医学系教員。ジョンズ・ホプキンス大学看護学部「身体特性」講師

プロバンス
メリーランド州ボルチモア、ユニオン・メモリアル病院。臨床リハビリテーション理学療法外来部門。多発性硬化症リハビリテーション・プログラム・コーディネーター

栢森/良二
帝京大学医学部リハビリテーション科(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 大型本: 435ページ
  • 出版社: 西村書店 (2006/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4890133380
  • ISBN-13: 978-4890133383
  • 発売日: 2006/03
  • 商品パッケージの寸法: 27.4 x 21 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 57,639位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
2006年出版。“Muscles, testing and function with posture and pain” 第4版(1993年出版)の翻訳書。徒手筋力テストに関する不朽の名著である。原書は,共に理学療法士であるHenry O. Kendall(1898−1979)とFlorence P. Kendall(1910−2006)の夫妻により “Muscles, testing and function” として1949年に出版されて以来版を重ねており,原書第4版から姉妹本 “Posture and pain” (1952年出版)を吸収した。原書第4版の著者はFlorence P. Kendall,Elizabeth Kendall McCreary(夫妻の次女),理学療法士Patricia G. Provanceである。
 とりわけ徒手筋力テストを行う際の筋肉の画と体表の写真との対比が秀逸で,検者には大いに参考となる。また,本書は徒手筋力テストの本であると同時に,ヒト運動器に関する卓越した解剖書でもある。アメリカでは原書が理学療法士の標準的な教科書であると聞くが,理学療法士・作業療法士・リハビリ学生に限らず,医師(とりわけ整形外科医・神経内科医・脳神経外科医・リハビリ医)・医学生・解剖学者などにもお薦めしたい本といえよう。
 ちなみに,2005年には原書第5版が出版された。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
普段の人がとる姿勢とそのとき働いている筋肉と骨の角度との
3つの間にある関係がわかりやすい。

テストとして、どの様な姿勢をとれば、アプローチしたい筋肉が浮かび上がってくるのか
ポーズ写真とそれに沿った筋肉および骨格の模式図を併記して、
都度、詳細に解説してある。チャートもある。

巻末には、痛みや痺れの要因と神経との、関連を示す図およびチャートが載っている

理学士にとっては常識なのかもしれないが
整体士にとっては新鮮に見える内容だ。

というのも
市井の整体/マッサージが書いた本に載っている諸々の説明は
この本からの孫引きにしか見えない。図はとくに・・・・
・・・・孫引きだから焦点がぼやけた施術になることもあるのではないか?

 端的な例を一ヶあげると、X脚O脚の件がある。本書は
腰から膝までの捩れと膝から足先までの捩れが逆向きであるということを
たった一ページに載せられた、一枚の写真と一枚のX線透視画像と一枚の解説図と、
短い文とで、わかりやすく説明してある。
 すくなくとも本書の当該ページを目にしていれば、整体の施術は容易なはずだ。
しかしながら、いま挙げた
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
いろいろ読んでいてなるほどと思う部分がたくさんあります。MMTの本と違って実写でわかりやすく解説されているので治療に生かせます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック