通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
等伯 〈上〉 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 take book
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし、カバーに多少のスレキズありますが状態は概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

等伯 〈上〉 ハードカバー – 2012/9/15

5つ星のうち 4.1 32件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 517
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 756 ¥ 755

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 等伯 〈上〉
  • +
  • 等伯 〈下〉
  • +
  • 花鳥の夢
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 165pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞ノミネート作品決定
全国の446書店、書店員564人の投票により上位10作品がノミネート作品として決定しました>> 作品一覧はこちら

商品の説明

受賞歴

第148回(平成24年度上半期) 直木賞受賞

内容紹介

第148回直木賞受賞!
都に出て天下一の絵師になる――武家から養家に出された能登の絵仏師・長谷川信春の強い想いが、戦国の世にあって次々と悲劇を呼ぶ。身近な者の死、戦乱の殺戮……それでも真実を見るのが絵師。その焦熱の道はどこへ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 350ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2012/9/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 453217113X
  • ISBN-13: 978-4532171131
  • 発売日: 2012/9/15
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.7 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,532位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 nacamici トップ500レビュアー 投稿日 2013/3/18
形式: ハードカバー Amazonで購入
絵師としての名声を競い合った長谷川等伯と狩野永徳の関係を、由緒あるオーナー企業の跡取りで、学歴も実力も申し分ないスーパーエリートと、田舎から出てきた荒削りの天才的ベンチャー創業者のように描いていて面白い。彼らのパトロンである利休、秀吉、朝廷との息が詰まるような駆け引きを通じて、芸術の世界においても、才能だけでは後世に名を残すような大仕事はできないということを改めて思い知る。

政治力、組織力、資金力、そのすべてを備えていた狩野派を前に、等伯の持てるものといえばほとばしるような情熱と、その情熱を通じて固くむすばれた家族しかなかったが、己の執念と妻や息子の働きで、金脈や人脈を手繰り寄せながら長谷川派として徐々に勢力を増していく。しかし、公家、武士、僧侶、宣教師、商人たちが入り乱れ、それぞれに他者を利用してのし上がろうとしていた戦国時代のカオス都市、京都において、そうやすやすとてっぺんがとれるわけがない。

当代一の絵描きとなって、長谷川派の名を天下に知らしめたいという野心にひたすら忠実に生きる等伯は、愛する者をことごとく悲惨な目に遭わせてしまう。義父母、最初の妻、師であり心の支えだった利休、そして最愛の息子、久蔵。絵描きの業は身内をも犠牲にしてしまうのである。戦国という時代は一個人の執着に対する対価がとてつもなく大きい時代だった。一方等伯のライバ
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
武将等のメジャーどころではないところを主人公に設定する歴史小説という時点で、それなりに興味を引いた部分は大きい。文体も悪くいえば重厚さに欠けるけれども非常に現代風で、すらすらと読みやすいのが良い部分。普段時代小説を読まれない層でも、楽しめるのでは、と思われる。

小説はあくまでもフィクションが主眼だから、もちろん良いのだけれども、
「狩野派」をとことんヒール(悪役)に描く描写手法が、少し子供っぽい感じがしなくもない。
あくまでもエンターテインメントだから、良いのかな。
しかし、もう少し「狩野派の良心」のようなものを織り込んでも良かったのではないか。

後半の「何か悪いことがおきる嫌な予感がする…」その後すぐに息子の久蔵が急死する、の流れや描写も、ちょっとオカルト的な感じがしてどうかとも。

とはいうもものの、兄や様々な武士・公家・僧などの脇役がうまく話を盛り上げていて、全体的には面白いとは思う。あっという間に読み終わってしまった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
松林図屏風は水墨画の最高峰と言われる。

等伯は水墨画の他にも、仏画・肖像画・山水花鳥画・襖絵や屏風など広範な画業に
巨大なエネルギーを注いだ伝説的画人。
画風も壮麗豪奢、豪放(に見える)な物から精緻、枯淡の境地まで広大である。
それらの根底には、巨大なパッションと精密な計算を同時に感じる。
・・罰せられるとの制止も振り切って一息に描いた山水図襖(圓徳院)、華麗な金箔の屏風群、
研ぎ澄まされた水墨画、巨大な仏涅槃図(10×6m)、などなど

そういう絵を描く人間が、どう育ったのか? どういう生涯を送ったのか?

30才代で能登から上洛  戦乱の渦中に  家族との別れ  数々の人物との出会いと導き
英才教育を受けた、御用絵師集団の後継者狩野永徳との競争  狩野派からの妨害  期待の後継者でもある愛息の死 
時に茫然自失と成りながらも、立ち上がって極みを目指し続ける 〜 

日経新聞に連載されたが、新聞連載で最も翌日が待ち遠しかった小説である。

『没後400年展』程の規模でなくても良いので、是非また松林図屏風は見たい。
展覧会では、松林図屏風の前で大勢の観客が圧倒され、嘆息しつつ動けなくなっていた。
 ネットでも少しは等伯の絵は見れる様なので、ご覧になる事をお勧めする。 
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 なみ 投稿日 2013/2/4
形式: ハードカバー
著者の作品を読むのは初めてでしたが、あっという間に読み終わってしまうほどのめりこみました。

上巻では、能登七尾に住む絵仏師の等伯(33歳)が、自分より年下なのに才能あふれる狩野永徳の存在に焦燥感を感じ、なんとしても都にでて絵師として大成したいという願望、自分の軽率な行動のせいで養父母を死なせてしまったという罪悪感、延暦寺焼き討ちに巻き込まれる中で目にした地獄絵図、そして最愛の妻に先立たれる悲哀と、様々な人生の困難が立ちふさがってきます。
次はどうなるんだろう?というスリリングな展開、心血注いで描いた絵が認められたときのカタルシス。さらに作者お得意の歴史小説の側面もあり読み応え抜群でした。
この本をお薦めできる人は、等伯や日本画史に興味がある人はもちろん、戦国時代好きな人でも面白く読めます。重要人物の一人、近衛前久もこれまでの固定観念を覆されるような絵がかれ方でした。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック