日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

シーズン1
 (110)
2020すべて
東京・お台場にある、自由な校風と専攻の多様さで人気の高校「虹ヶ咲学園」。スクールアイドルの魅力にときめいた普通科2年の高咲侑は、幼馴染の上原歩夢とともに「スクールアイドル同好会」の門を叩く。時にライバルとして、時に仲間として、それぞれの想いを胸に日々活動するメンバーたち。「夢を追いかけている人を応援できたら……。」 9人と1人の少女たちが紡ぐ、初めての「みんなで叶える物語(スクールアイドルプロジェクト)」。届け! ときめき--。いままた夢を、追いかけていこう! (C)2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
出演
矢野妃菜喜大西亜玖璃相良茉優
ジャンル
アニメ
オーディオ言語
日本語
エピソードのレンタルには、このビデオの視聴を開始するまでの30日と、開始してから視聴し終わるまでの48時間が含まれます。

体験期間後はAmazonのdアニメストア for Prime Video (¥440/月額)の会員特典

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『バチェラー・ジャパン』シーズン4独占配信中

あの『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1に参加した黄皓(こうこう)が、4代目バチェラーとして戻ってきた。シーズン4の波乱だらけ、予測不可能な旅を通して、バチェラー黄晧は真実の愛を見つけることができるのか?
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

  1. 1. 第1話 はじまりのトキメキ
    2020/10/03
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    東京・お台場にある自由な校風と専攻の多様さで人気の高校・私立虹ヶ咲学園に通う上原歩夢と高咲侑は、幼馴染の高校2年生。いつも一緒の2人は、その日も学校が終わるとお台場をブラブラ歩きまわり、ショッピングやカフェを楽しんでいた。昨日から続く--そして明日も続いていく、いつもと変わらない放課後。そんな中、突然歓声が響き渡る。駆け寄る歩夢と侑の視線の先に写ったのは、圧倒的なパフォーマンスを見せつける1人のスクールアイドルの姿で…。 (C)2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  2. 2. 第2話 Cutest◇ガール ※文中の◇はハートマークとなります
    2020/10/10
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    生徒会長の中川菜々によって廃部となってしまったスクールアイドル同好会。その勝手な決定に納得のいかない1年生の中須かすみは、なんとしても同好会を復活させようと奮闘するが、誰からの協力も得られなかった。ふてくされていたところへ通りかかったのは、スクールアイドルを始めようとしていた歩夢と侑。2人を誘い、さらなる部員募集のために自己紹介動画を撮る提案をする。自然に自分をアピールするかすみに対して、かわいいを上手く表現できないことに頭を抱える歩夢。そんな歩夢に、かすみは自分の思う「かわいい」を押し付けてしまい…?! (C)2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  3. 3. 第3話 大好きを叫ぶ
    2020/10/17
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    生徒会長・中川菜々の正体はスクールアイドル・優木せつ菜だった?! 押しかけた果林たちによって正体がばれてしまった菜々。かつてのスクールアイドル同好会のメンバーはせつ菜としての真意を問いただすが、菜々は無言を貫き、「優木せつ菜はもういません」とだけ伝える。自分の気持ちごとせつ菜を封印し、生徒会長として過ごすことで、全てを忘れようとしていた菜々。そこに聞こえてきたのは侑がピアノで弾く『CHASE!』のつたないメロディだった。 (C)2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  4. 4. 第4話 未知なるミチ
    2020/10/24
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    せつ菜のライブを見ていた宮下 愛と天王寺璃奈は、その姿に惹かれてスクールアイドル同好会への入部を決める。ところが、結成されたばかりの同好会は、それぞれのやる気があるものの目指す方向はバラバラだった。それでもスクールアイドルには練習が欠かせない。初めての経験を楽しんでいた愛だったが、同好会のメンバーはどこか不安を抱えていた。グループではない、新たな活動の形--、ソロアイドル。同好会の新たな道が見えようとしていた。 (C)2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  5. 5. 第5話 今しかできないことを
    2020/10/31
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    スクールアイドルに憧れ、心をぽかぽかにできるアイドルを目指してスイスからやって来たエマと、ふとした出会いから友達になった果林。ある日、エマは果林をスクールアイドルに誘うが、モデルの仕事があるからとそっけなく断られてしまう。一方、同好会では各メンバーの知名度を上げるためソロPVを作ることに。エマのPV撮影に積極的に協力する果林。そんな果林を改めて同好会に誘うエマだったが、ついにはきっぱりと断られてしまう。エマは突き放すような果林の態度が理解できず……。 (C)2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  6. 6. 第6話 笑顔のカタチ(⸝⸝>▿<⸝⸝)
    2020/11/07
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    歩夢たちとジョイポリスへ遊びに来た璃奈は、偶然来ていたクラスメイトに声をかけられる。同好会のPVを見た彼女たちから、ライブを開催してほしいとの希望を聞く璃奈たち。みんなともっと繋がりたい、本当の自分を見てもらいたい--。その場でライブの開催を決意する璃奈。同好会のメンバーの助けを借りて特訓を始め、そのおかげで自信もついてきた璃奈だった。しかし、ふとガラスに写り込んだ何も変わっていない無表情の自分の姿を見て、思わず逃げ出してしまうのだった。
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  7. 7. 第7話 ハルカカナタ
    2020/11/14
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    東雲学院のスクールアイドルで自慢の妹である近江遥のために、いつでも全力な彼方。ある日、遥が虹ヶ咲へ見学に来ることになった。有名な東雲学院ということもあり、歓迎する同好会のメンバー。妹の前ということで、気合の入る彼方。しかし、練習が終わると、いつものように眠ってしまう。そんな光景に、遥は不安そうな表情を浮かべていた。実は見学に来た理由は、いつも忙しい彼方を心配してのことだった。自分のために無理をしている彼方を見た遥は、スクールアイドルをやめる決意をする。 (C)2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  8. 8. 第8話 しずく、モノクローム
    2020/11/21
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    校内での知名度も上がり、新聞部から取材を受けることになったスクールアイドル同好会。盛り上がる中、演劇祭の主役を降ろされてしまうしずく。そのことを隠すように、いつも通りに振舞って演じていた。かすみと璃奈はクラスメイトから、しずくが主役を降ろされたことを聞くと、元気づけようとしずくを連れ出す。しかし、そんな2人にも自分を演じて偽ってしまう。作り笑顔で去っていくしずくだったが、自分をさらけ出せない自分が受け入れられず、更に塞ぎ込んでしまう。 (C)2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  9. 9. 第9話 仲間でライバル
    2020/11/28
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    生徒たちからの人気も出てきたスクールアイドル同好会。さらなる成長を望んでいたところ、藤黄学園のスクールアイドル綾小路姫乃から音楽イベント出演の提案を持ちかけられる。しかし、披露できるのは1曲だけ。ソロアイドルの虹ヶ咲がステージに立てるのは1人だけということにお互い遠慮してしまう一同。その様子を見かねた果林はきつくあたってしまう。だけど、果林の言葉は本気で正しいものだった。真剣に受け止め、せつ菜はみんなと相談して決める提案を持ちかける。 (C)2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  10. 10. 第10話 夏、はじまる。
    2020/12/05
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    一学期が終わり夏休みを迎え、同好会ではこれからのことを考えて合宿を行うことになった。翌日からの練習に備えて休むつもりが初めての合宿に浮かれ気分の一同。そんな中、侑はやりたいことを見つけていくみんなをどこか羨ましく思っていた。その夜、音楽室で1人ピアノを弾いていた侑の元に訪れたせつ菜から、いつか侑さんの大好きを応援させてほしい、と励まされる。そこへ偶然通りかかった歩夢は笑顔で話す2人に声をかけることができなかった。
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  11. 11. 第11話 みんなの夢、私の夢
    2020/12/12
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    スクールアイドルフェスティバル開催に向けて動き出す同好会。しかし、生徒会へ提案するものの簡単にはいかない。申請書の見直し、会場の下見、パフォーマンスの練習とやることはいくらでもある。東雲学院や藤黄学園も巻き込んで、ホームページを作成したり、投書箱を設置して広く意見を取り入れようとしたりと奔走するが、一番の課題は会場が一向に決まらないことだった。やりたいことはバラバラ、だけど1つに絞らなければいけない。みんなの願いを叶えたい侑は思い悩んでいた。 (C)2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  12. 12. 第12話 花ひらく想い
    2020/12/19
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    「私だけの侑ちゃんでいて」という歩夢の言葉。しかし翌日、いつも通りに振舞う歩夢に侑は戸惑いを感じる。一方、東雲学院と藤黄学園の参加も正式に決まり、生徒たちの協力のもと、順調にフェスの準備が進んでいた。歩夢も応援してくれるファンのみんなを前に嬉しくなるものの、素直に喜べないでいた。気持ちの整理がつかないまま、歩夢はどうしていいのかわからず侑と距離を取ってしまう。 (C)2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
  13. 13. 第13話 みんなの夢を叶える場所(スクールアイドルフェスティバル)
    2020/12/26
    24分
    すべて
    オーディオ言語
    日本語
    スクールアイドル同好会での活動を経て見つけた、初めての夢--。音楽。そのために音楽科へ転科したいという気持ちをみんなに伝えた侑。同好会の一同も侑の想いを応援する気持ちはひとつだ。スクールアイドルフェスティバルのようなすごいことがうまくいけば、自分も夢への一歩を自信を持って踏み出せるかもしれない--そう侑は思う。そしてやってきたフェス当日。ライブステージがお台場の至る所に設置され、みんなのカウントダウンの掛け声と共に、スクールアイドルとファンたちを巻き込んだお祭りがついに始まった。各所で盛り上がる中、街中に響きわたる歌声を聞きながら空を見上げる侑。しかしその時、侑の頬に一滴の雨粒が落ちてくる。 (C)2020 プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
    レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

詳細

監督
河村智之
出演
前田佳織里久保田未夢村上奈津実鬼頭明里楠木ともり指出毬亜田中ちえ美
シーズンイヤー
2020
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.7

110件のグローバルレーティング

  1. 86%のレビュー結果:星5つ
  2. 8%のレビュー結果:星4つ
  3. 2%のレビュー結果:星3つ
  4. 1%のレビュー結果:星2つ
  5. 3%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

Lacsap言語2020/12/16に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
NEO SKY, NEO MAP!
確認済みの購入
街並みと周囲の風景と建築物がリアル。
国際展示場から東京テレポートまで歩いてみるとすごく良くわかる。
本当にそこに学校があるのかと錯覚する。
有名なモール、ショッピングセンターの店内、鉄道、駅の構内、通路などそのまま映像にしている。
例えば有明にある家具屋さんが入居しているビル、有名なロボットが遠くにぼんやり見えたりする。
ただし、よく見ると作品の中では、オニクロ(ONIQLO)とかになっています。
ストーリーもきちんと作られている。整合性があると観る側に親切と思う。
☆5にしました。
(追記)
シーズン1 最終話までみました。
全話、良かったと思います。強いて言えば、生徒の年齢設定。
エマが二年生で、宮下愛が三年生だったらしっくりする。
エマは日本のスクールアイドルに憧れて留学するぐらいなのに、その活動がない学校で我慢できるのだろうか。
宮下愛はスポーツ少女なので大人びている。
まあ、でもラブライブのことなんか何も知らないのできちんと設定は考えられているのだろうけど。

街の風景で気づいたこと。
ハトよけにしては大きい、宇宙人よけだろうか。先の尖ったのがあるビルがある。
有名なロボットがはっきりと映ります。
学校の同好会の紹介、コッペパン同好会、流しそうめん同好会などがあります。
この作品は、音楽が良い。劇中曲もいいけど、BGMが本当にいい。
トキメキへ、雨上がり、指す光など。
サウンドトラックを聴いて、これらの挿入曲は改めて作品の演出の効果が高いと思いました。

以下のような想像をしています。
シーズン1は各個人ソロ活動で個々のレベルの向上で、
シーズン2も製作されるとは思いますが、次はグループとして活動する。
成長途中の年代なので完成するとかそういうことでなく、ひとつの形になる。
シーズン2は、三年生が卒業したあと新一年生の加入で始まるのだろうかと思ったりします。
理由は、音楽科転科試験の高咲 侑が急に音楽ができるようになるとは考えられない。
半年の時間は要するだろう。そんなに簡単には習得できない。
ゲーム先行であれば予想もできるのでしょうけど、私はゲームを知らないので
このような想像はズレているとは思います。
何しても、シーズン2以降はスケールアップするでしょうから期待できます。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
高崎学2020/10/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
今後の活躍に注目m(_ _)m
確認済みの購入
楽しみにしてました!
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
全裸で大西洋を横断した男2020/10/07に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
掴みは最高
ラブライブシリーズは、アニメは劇場版を含めて全て見ております。

今回も、いつものラブライブシリーズらしく、スクールアイドルに出会った少女がスクールアイドルを目指す物語のようです。ですが、いつもと違う点はたくさんあります。まず、大きく違うのは作画と主人公の存在だと言えます。

まず、作画の方についてですが、こちらは以前までとはかなり変わり線が細くなり、ラブライブ特有の雰囲気が無くなっていました。
最初、アニメ化が発表されキービジュアル等を見た時は、少し不安がありましたがアニメ前に発売された無敵級ビリーバーのアニメPVを見て安心しました。
確かに、今までのラブライブの作画とは違いますが、目などの特徴はちゃんと残ってますし線が細くなったことでキャラクターの動きや仕草が、より今風となり可愛さが向上したと言えます。
このアニメも、同じ作画で1話からライブシーンもあり同じ感じでしたので、前の作画から変わって不安だと言う人も安心して視聴してください。

もう一つ変わった点は主人公がスクールアイドルにならないという点です。
こちらは、ソシャゲであるスクスタの時点で分かっていたことですが、主人公はあくまでスクールアイドルを支える側として出てきます。
今までは、主人公がスクールアイドルを初めて中心となるストーリーでしたが、ここが大きく違います。
確かに、なんで主人公はスクールアイドルにならないの?という疑問などは浮かぶとは思いますが、そこらへんの説明はまたアニメの最中でされると思います。

また、細かいところでいつもと違うところあげると、今回は廃校阻止という恒例のイベントはありません。
今回は、解散したスクールアイドル集めが目標となっています。
確かに、そう何度も廃校をスクールアイドルで救おうとする話は視聴者的にも飽きてくるものもありますし、個人的にはいいと思います。

また、作画の変更もありライブ演習もかなりいつも違うものになっています。
今回は、かなりMV感が強いライブシーンとなっています。実際に踊ってるシーンとは関係ないカットが突然入ったりします。
これも、私個人としてはかなり気に入っております。

ここまで、長々と色々書きましたが、とにかく今までのラブライブを継承しながらも別ベクトルで進化した作品であると言えます。
なので、今までのラブライブの作画が苦手だった!と言う人や、逆に今までの作画が好きだった!というともどちらも楽しめるのではないかと思います。
何話か見たら、また感想の更新をさせていただきます。

追記

6話まで見ました。
素晴らしいとしか言えません。1話で1人に対してスポットライトが当たっているので、キャラクターについてより知ることができるので感情移入がしやすく、それぞれのキャラの魅力が伝わってきてとても良いです。

また、1話に絶対ライブシーンが入ってるのも評価が高いです。曲からもそのキャラクターを知ることができるし、演出もPV風なのがとても自分的には好きです。

疑問点としては、1人に1話を費やしてるということは2期を前提としたストーリー作りなのかということと、途中でも話題に出ていた方向性の違いがあるのでソロで活動するということとラブライブに関心がないということです。

前者については、サンシャインも同じような感じだったので別に違和感などはありません。

ですが、後者については割と疑問があります。
今回は、廃校というテーマがないので確かにラブライブを目指す理由は、スクールアイドルとして頂点に立つという理由しかありません。

そして、それぞれのキャラクターがスクールアイドルを始めた理由が違いすぎるので、そのためラブライブを目指さないという方向性になっているのだと思いますが、やっぱり個人的にはグループとして活動してほしいし、ラブライブという大会を目指してほしいです。

これは完全に自分の願望でしかないので、あまりとやかくは言いません。目指さないでいいというのは、せつ菜ちゃんに侑ちゃんがきちんと理由も付け加えて説明しているので、それで私も納得しています。

今後の展開に期待してます。

追記
最終回まで見ました。
かなり面白かったです。まさかのスクールアイドルフェスティバルの開催、μ’s時代からスクフェスをやってた人にとっては感無量だったでしょう。途中で、歩夢とのすれ違いがありましたが割とすぐに解決したので良かったです。これで、いざこざがずっと続くのも今までの雰囲気を壊しかねなかったので、スパイスとしては良かったと思います。
最後のライブでは、それぞれが今までにしてきたライブの振り付けが入っていて、虹ヶ咲はやっぱりグループじゃなくてソロで活動していくことを改めて感じました。
2期にも期待しています。
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
結屋 幸樹2021/02/01に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ときめいた!
確認済みの購入
ゆうぽむ尊い
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
atk2021/10/18に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
中須かすみ
確認済みの購入
かわいい
dempa2021/01/02に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
過去作全部見て、今作も全部見たが、一番の駄作。最終話に至っては暴挙、ひどすぎる
ラブライブ(部活もの)の良さである「みんなで一緒に頑張ろう!」が何一つない。
これなら別にラブライブじゃなくていい。
今回のテーマは「個」なのだろう。それが余計に邪魔。
確かに、作画や2.5Dやら音楽やら技術的には進歩しているが、
「個」の話は見ていてつまらない。
「個」をテーマにしているから、個人個人の話が1話使い切りで出てくるが深堀し切れていない。
最終話に至っては制作陣の疲れなのか?
一番の見どころである「ライブ」が途中から静止画に切り替わるという暴挙。
やっとひとつになって全員が一つ作品で「ライブ」に出たのに後半は静止画スクロールという暴挙。
ひどすぎて話にならん。
全話3倍速で見てきて最後に何かあるかなと思って耐えてきたけど、ひどすぎる。
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
2020/10/15に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
分かりやすく、新規開拓を目指す意欲作
テレビで視聴しています。
※私はゲームをしていないので内容の理解度については初見と同じようなものです。

『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』は”無印”μ’sの終了後、サンシャインとほぼ同時期に始まり、何となくサンシャインの保険・バックアップ的な立ち位置があったように感じています。
したがってサンシャインが軌道に乗るにつれ、大きな活躍の場が与えられることなく消滅していきそうな雰囲気もありました。(省エネモードでしたね😂)
そういう中でアニメ化が決定し個人的には「よかったね」という印象があるのが、私にとっての虹が咲学園です。
「!」「!!」が正統の流れを示すみたいな発表もある中、「!!!」の印は与えられることなく、虹が咲とはなんぞや?など色々混乱もありました。

作品のスタッフは新しく編成されています。
これまでの実績を見ると評価の高い作品に携わった方々が招集されているようで、期待は持てそうです。
前作とは違った切り口で恐らく新規顧客を獲得しようという制作側の意向が働いているようにも感じられます。

・絵柄の変更。
・ストーリー展開の分かりやすさ。唐突感が少なく、物語のつなぎがスムース。
・前二作品:主人公のリーダーシップがメンバーを引っ張る印象。本作では裏方の主人公?(プロデューサー)がその役割?
・メンバーの性格の設定は、前作を想起させるような場面も組み込まれている?。
・ソロ曲メイン。後にグループ活動へ移行していく(予想)。
・大会としてのラブライブ!はまだ触れられていませんが、このあたりの時系列がどうなっているのか個人的には興味があるところです。(ラブライブ!は存在する)
※個人的にはラブライブ!前日譚でも面白そうと思っていました😁。
・作画に関してはやや急ごしらえという観あり。ライブのMVの出来はいい。楽曲も良さはさすが。(追記:作画も良くなっています)

これまでのラブライブ!シリーズは仲間集めから始まり、そのあと個人の掘り下げ的内容となっていました。ただこれが話数消化みたいになっていしまっていた面はあると思います。
この点で一人ひとりの掘り下げから始まる虹が咲の物語には、これまでと一線を画す面があると思います。
作品も分かりやすく面白さもあると思います。その分無難といえばそうかもしれませんが・・・。
個人的にはシリーズの継続を考えると無難でも破綻なく進んでくれればそれでいいとは思います。
どこかでドカンと心に残る場面が入ってくると印象は変わっていくと思います。そういう意味では期待したい作品です。

【6話視聴】
天王寺璃奈回。(ドカンが来たと言っていい回)
これまでの各回、よくまとまっていて見続けてきましたが、この回はよかった。人にお勧めできるアニメになりそうです。これまでのラブライブシリーズのように3話で心を掴む展開を期待していた身にとっては、やっときたかと言える内容はこの回かな?という感じでしょうか。
一話の中の構成・演出・脚本が完璧と言える出来です。スタッフの気合い受け取れると思いますよ😁。
とにかく「初見の方にも6話まで見て」と言えるのは大きい。
内容については私は書く必要はないでしょう。見れば分るからです。
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Ode to Freedom2020/12/28に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
表現が非常に巧く作られた、良い意味でラブライブらしくないシリーズ最高傑作
最終話まで見た上のレビュー。ラブライブシリーズは無印1期から全部視聴してます。

今回のニジガクアニメは、今までのラブライブシリーズとは作画含めスタッフが多く入れ替わっていたのでかなり不安を感じていました。
そんな不安を抱えながらも惰性で見たのですが、そんな不安なんか思いっきり吹き飛ばすぐらいあまりにも丁寧かつ上手な作品だったので、非常に感動してしまいました。

このアニメの良かった点を挙げていきますと、まずは良い意味でラブライブらしくないということ。
今までのラブライブシリーズは廃校の危機を乗り越えるためにスクールアイドルの大会たる「ラブライブ」優勝に向かってひたすらに努力する、「アイドル版高校野球」ともいえる話だったんですが、今作は「チーム一丸でラブライブで優勝する」というテーマを1話にして否定し、「メンバーそれぞれがアイドルとしてステージで輝く」という新たな夢をみんなで叶える物語となっております。学校も廃校の危機とは程遠い程栄えています。
主人公も、前作まではアイドルグループのリーダーでしたが、今作ではアイドルではない者(いわゆるプロデューサー的存在)が主人公となってます。

また、「メンバーそれぞれがステージで輝く」のテーマのもと、ソロステージ曲が各話の要所要所でミュージカル的に挿入されるのも本作の魅力です。前作まではあくまでもグループの挿入歌が「劇中歌として」歌われるに過ぎないことがほとんどでしたが、本作ではミュージカルよろしく各キャラの内面を歌にして歌い上げており、非常に効果的になっております。

そして作画がものすごく綺麗なのもいうまでもない魅力ですが、この作品で最高に良かったと思える点は「非常に効果的な表現が散りばめられている」ことです。
たとえば(自分はゲーム版はしてないのであくまでもネットで聞いた情報ですが)ゲーム版や四コマ漫画などで使われた小ネタを劇中の小道具などに仕込ませたり、各キャラクターの心情を象徴する小道具が各シーンで効果的に現れたり、キャラクターの心情を光と影で表したりと、表現に対するスタッフの細かい気の遣いが目に見えてわかる様になっています。これこそがこの作品を傑作たらしめる所以ではないでしょうか。

正直に言って最終話まで見てここまで感動したアニメはそうそう無いです。良い意味でラブライブらしくないラブライブ虹ヶ咲、シリーズを見ていない方でも問題ない作りになっているため是非見てみてはいかがでしょうか。個人的にはたつき監督のケムリクサ以来の感動を得ることができました。
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示