この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

第4作 新・男はつらいよ HDリマスター版 [DVD]

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

この商品には新しいモデルがあります:

松竹 寅さんシリーズ 新・男はつらいよ [DVD]
¥ 927
(3)
通常7~9日以内に発送します。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 渥美清, 倍賞千恵子, 前田吟, 森川信, 三崎千恵子
  • 監督: 小林俊一
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 松竹
  • 発売日 2008/08/27
  • 時間: 92 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001ABQ548
  • JAN: 4988105058361
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 112,825位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

映画『男はつらいよ』シリーズ誕生40周年記念 HDリマスター版で登場でございます。公開当時のあの感動が、鮮やかによみがえる!●HDリマスター(高品位収録)による、全作完全リニューアル版。ジャケットもフル・リニューアル!
●どなた様にもお楽しみいただける、完全バリアフリー再生機能付き (日本語・英語字幕/音声ガイド)
●本邦初公開の撮影時オフショット写真や、寅さんの名シーンをイイとこどりしたスペシャル特典映像「寅さんが好き」を収録。 ●映像・音声から特典映像まで、山田組のスタッフが総合監修に参加、こだわりのクオリティを追及。<ストーリー> 競馬で大穴を当てた寅さんは、柴又へ帰り、恩返しとばかりにおいちゃん夫婦にハワイ旅行を手配した。喜ぶおいちゃん達の出発の日、旅行会社の社長に金を持ち逃げされたことが発覚。近所の手前から電気もつけないでひっそり暮らすことになった。ところが留守の筈のとらやに泥棒が入ったから大変!それから一ヶ月、寅さんは自分の部屋に下宿している美しい幼稚園の先生・春子を見てウットリ。恋人がいるのも知らずに日増しに熱をあげるのだった。 ■ロケ地:葛飾柴又 ■マドンナ:栗原小巻

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第4弾がデジタルリマスター版で復活。競馬で得た大金で、叔父夫婦を旅行に招待しようとする寅次郎。一方、とらやに美しい幼稚園の先生が下宿することになり、彼女を見た寅次郎はまたしても一目惚れしてしまう。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
品質梱包とも非常に良かったです。申し訳ございません先ほど評価を間違って送りましたので訂正です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レブロン トップ500レビュアー 投稿日 2011/8/8
「男はつらいよ」シリーズの中でも、この作品は個人的に大好きな部類に入る一作です。
ストーリーはややドタバタしているものの、前半の海外旅行(?)〜泥棒、後半の栗原小巻さん扮するマドンナとのからみ、どちらも魅せます。

中でも俄然光っているのが初代おいちゃんこと森川信さんの演技。
夜こっそり寅屋へ戻るときの犬の泣きまねの巧さ! 旅行にいったはずなのに寅屋にいた。それがご近所に知られたときの愛嬌たっぷりの作り笑い、仏壇のネズミとヘソクリのドタバタ、そして極めつけは後半の「夫婦系図」の熱演! マドンナに振られて二階から下りてくる寅さんを迎えるときの微妙な表情の変化。
森川さんを見ているだけで飽きません。

そんな森川さん、戦前〜終戦間際(20代半ば〜30代前半)までは大人気でしたが、戦後は人気が下降。十年以上の低迷期を経て、持ち前のギャグのセンスと演技力で徐々に盛り返し、50代で再び復活して寅さんの「おいちゃん」につながっていったとか。

森川さん亡き後を継いだ松村達雄さんも下條正巳さんも名優ですが、せめてあと5年でも長生きしてもらい「森川おいちゃん」をもう少し見たかった、とつくづく思います。

*前半のハワイ旅行のエピソードは、テレビ版「男はつらいよ」の第4・5話にもあり、このあたりがベースの一つになっていると思う。(ストーリーの詳細は映画と異なる)
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
概要は以下の通り、

競馬で大儲けした寅さんが、名古屋からタクシーで帰郷。竜造とつねをハワイ旅行に連れて行くことにするが、出発の朝、旅行会社が代金を持ち逃げしたことが判明。メンツが大事な寅さんは、旅行に出かけたフリをして、おいちゃんたちと共に店で静かに潜む。しかし、そこへ泥棒(財津一郎)が入って大騒動。反省の旅に出た寅さんが、戻ってくると、二階には幼稚園の春子先生(栗原小巻)が下宿していた…
 テレビ版を演出した小林俊一による第四作。寅さん流のおいちゃん孝行である「ハワイ旅行」が仇となるエピソードの前半。財津一郎の泥棒のユーモラスなキャラクター。そして後半は、美しき幼稚園の先生に、一目惚れしてしまう寅さんの行状など、明るい笑いに満ちた一編。
栗原小巻
財津一郎、三島雅夫

昭和45(1970)年2月27日
48万5000人
550円

おいちゃんこと叔父・竜造役の森川信の演技に磨きがかかっている。
「ほんとにバカだねえ、あいつは」といいつつも、寅さんのことを一番思いやっているのはおいちゃんである。
森川 信(もりかわ しん、1912年2月14日 - 1972年3月26日)なので、当時57歳、非常に残念なことに60歳の時に肝硬変で亡くなっている。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
とらやで寅さんと泥棒役の財津一郎との絡みや、おいちゃんらと喧嘩して寅さんが出て行く時おばちゃんの派手な帽子を間違えてかぶったり、寅さんが食事中、イカリングを食べようとした時、たこ社長が「寅さん。話がある」といって現れ「なんだいこのタコ!人がイカ食おうとしてんのに」っていうシーン等好き。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
このシリーズの中で一番傑作と信じ回数を見ている理由は・・
●名古屋からタクシーで29000円凱旋帰郷の寅の勇ましさ
●ハワイ旅行へ旅立つ時のとらや前での寅さんの表情
●羽田飛行場での飛行機を見送る切なさやるせなさ
●居留守中に居直り泥棒に入る財津一郎の抜群の「目の表情」
●町中の人に居留守がばれたときに見せる森川信の「笑顔」
●おばちゃんのハワイの衣装と竹馬に乗っているような靴帽子
●若き初々しい栗原小巻の脚線美の見事さ
●蛾次郎の名バイプレイヤーぶり。御前様も元気です。
●寅の幼稚園児ぶりの純粋さ。
●寅のお土産の「不細工な人形」の見事さ
●寅が振られた時の凍りついた虎屋の混乱ぶり。
●最後の汽車の中での「泥棒事件」を笑い話にしてしまう良さ
★初期作品の傑作でしょう凝縮された内容で松竹「寅さん祭り」で腹を抱えて涙が出るほど笑いました。懐かしい超名作!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す