この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

第3版 自賠責保険請求ガイド 保険会社が教えてくれない 単行本 – 2006/3/1

5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 879
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

自賠責保険のしくみを正しく理解していますか?正しい請求で適正な保険金額を受け取る方法、お教えします。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

柳原/三佳
ジャーナリスト・ノンフィクション作家。1963年生まれ。交通事故の取材を通し、被害者やドライバーの視点で執筆、講演活動を行う。「週刊朝日」(朝日新聞社)や「ミスターバイク」(モーターマガジン社)に連載した自動車保険の告発ルポは、自賠責保険制度の大改正につながり話題を呼んだ。WEBサイト「これでいいのか交通捜査・自動車保険」も主宰している

石川/和夫
交通事故調査鑑定。1948年生まれ。長年、損害保険代理店を経営しながら、交通事故被害者の相談に応じ、自賠責保険の請求アドバイスを多数行ってきた。現在、実務で培った豊富な経験を生かして、事故原因を解明する交通事故の調査・鑑定業務を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: 情報センター出版局; 第3版 (2006/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479583153X
  • ISBN-13: 978-4795831537
  • 発売日: 2006/3/1
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 255,433位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
被害者請求のやり方がわかりやすくてよいです。
不当な保険会社に立ち向かいましょう!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
定価1500円の本が中古になり図書館のリサイクル本で水濡れで歪みビニールカバーも付けられ図書館の判子は複数押されている本に3493円出さないといけないのか?
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私は整骨院で働いていますが、自賠責保険ついてあまり知識がありませんでした。この本を読んで、自賠責保険とは何かが細かく記載されているのでとても勉強になり、今後の請求に役に立ちと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
実際に被害者請求などやる気力があればいいですが、気力、知識がなければ困難です。
割に合わないのが実情だと思います。
現実的には任意保険を手厚くして被害者になった場合は弁護士費用特約で弁護士に委任するのがベストです。
行政書士も素晴らしい方もいますが、加害者側に弁護士がつけば下手すると非弁行為であれこれ言われると面倒です。
他覚症状の認められる場合で費用を抑えたければ行政書士、他覚症状はないが納得いかない場合は弁護士と。
保険会社は支払いを抑えないと潰れますからね。
滞留資金として株主も評価するでしょうから利益を出し続けるのもわかりますが被害者になれば納得のいかないことだらけなのでアディーレなどが出している本を見たりすればいいと思います。
今の時代、良心的な弁護士事務所も増えて費用がかかっても示談で上手く交渉して、自分でやるより、行政書士に依頼するより利益が増えることも多いです。
被害者がより大変な思いをするのを避ける意味で自分で被害者請求するのはおすすめできないと思います。
保険会社はあの手この手で邪魔するので妥協と忍耐、知識が必要です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 りんご 投稿日 2008/10/26
形式: 単行本
保険会社は不当ではありません。
自賠責保険は国の保険でしょう。
1 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告