通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙カバーに薄いスレが御座いますが、良好な状態です。☆amazon専用在庫商品です☆アルコール消毒殺菌し、防水梱包で迅速に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい 単行本 – 2006/2/23

5つ星のうち 3.8 65件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 199
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい
  • +
  • 急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫)
  • +
  • 逆転! 強敵や逆境に勝てる秘密
総額: ¥3,974
ポイントの合計: 121pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

第1感
副題は「『最初の2秒』の『なんとなく』が正しい」。あれやこれやと悩んだ末に下した判断が間違えていた、という経験は誰にでもあるだろう。米国のジャーナリストであり、ヒット商品や購買者心理の研究などで知られる著者は、長時間考えてたどり着いた結論よりも、最初の直感やひらめきによって、人は物事の本質を見抜いていることが多いのではないかという疑問を抱いた。調査を進めると、それを裏づける数多くの事例や学術的根拠が存在することが分かったと言う。

芸術作品を一目見ただけで「贋作だ」と判断する人々がいる。そのように理屈ではなく一気に結論に達する脳の働きを「適応性無意識」と呼び、身体が持つ五感の延長線上にある「第六感」とは区別して解説する。夫婦の何気ない15分の会話を記録したビデオから、15年後の関係をほぼ予測し得るという心理学者がいる。「勘」や「経験」など曖昧な論拠ではなく、夫婦の1秒ごとの表情やしぐさを徹底的に分析した結果を示すのだと言う。

それとほぼ同様の作業を、我々の脳が瞬時に行っているとしたらどうか。日常生活やビジネスなどから様々な事例を示しつつ、「数秒の中にある一生を左右する判断の力」を理解し磨く方法を指南する。


(日経ビジネス 2006/04/10 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

 理由はわからないけど「これだ!」と思ったり、説明できないけど「なんか変」と感じたことはないだろうか?しかも一瞬で。
 人間には、理屈を超えてわかったり、感じたりする瞬間・能力がある。心理学で注目を集める「適応性無意識」である。本書ではそれを「第1感」(原題はblink=ひらめき)と命名した。「五感」を想定した「六感」ではなくて、「五感」の前にある無意識の反応を指す。
 データを集め、熟考を重ねた判断がまちがいで、最初の瞬間的判断が正しいことはあるのだ。
冒頭のエピソード:アメリカの美術館が購入した古代ギリシャ彫刻は、さまざまな科学的検査では本物と鑑定されたが、何人かは見た瞬間、「最初の2秒」で「違う」と感じた。のちに贋作と判明するが、なぜ彼らは偽者と見抜けたのか? 見抜いた「力」は何か? 本書は、「最初の2秒」にまつわる物語である。
 登場するエピソード、心理学実験を読むだけでも面白い不思議な本である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 263ページ
  • 出版社: 光文社 (2006/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334961886
  • ISBN-13: 978-4334961886
  • 発売日: 2006/2/23
  • 梱包サイズ: 19.5 x 13.5 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 65件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,702位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
感性や、一瞬の判断の正確性というものに興味があったので、この本を読んでみた。
事例も豊富で、読み物として面白いことは面白いし、参考にはなったのだが、ぐーっと引き込まれるような楽しい読書はできなかった。
学術的な裏づけをつきつめる本でもなく、読み物としてすごく面白い本でもなく。ちょっと中途半端な印象の本だった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本は多分、無意識の判断はどこから来るのか、無意識による判断が間違うことはないのか、
また、無意識は訓練できるものなのかを問うているものだと思う。
すなわち、「なんとなく」は、能力なのである。
それは、「状況を輪切りにして瞬時に認識する能力」であるとこの本は言っている。
そして、そして、「『輪切り』は、さまざまな状況や行動のパターンを、ごく断片的な観察から
読み取って瞬間的かつ無意識のうちに認識する能力」と説明している。
さらに、本はこう言っている。
「無意識という巨大な体内コンピュータは、私たちが体験したこと、会った人、学んだ教訓、
読んだ本、見た映画などから得たあらゆるデータを黙々と処理して意見を形づくる」

つまり、正しく瞬時に判断するためには、正しく経験を積み重ねることが必要なのである。
非常に難しい本だと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
言いたいことはわかるのですが、よんでいてすごくねむくなります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
おかしな病院だった。待合室には大人が二人入るぐらい大きな壷が置かれていた。なんだろう?変だな?
その病院ではやってもいない治療をしたと書かれた領収書をもらった。さらに、病院は予約制だったのだが、予約料2時間分を支払わされた。しかし厚生省に聞いてみると、予約料というのは時間制でとるものではなく、一回予約するための料金なのでそれはおかしいと言われた。受付に聞いたのだが未だに返答はない。お金も返ってきていない。弁護士に頼むと返金される以上に金がかかるので、結局医療被害の事例を集めているNPOに連絡した。
そんなことがあった。
この本を読んでいればよかったかもしれない。
ただ具合が悪いと第1感は上手く発動しないかもしれないが。
オーケストラの試験で演奏者を見えなくすることで、演奏だけで採用が決まり、女性の奏者がたくさん採用されるようになったというのは良いことだと思う。
本編の内容も興味深いのだが、謝辞で、著者がアフロヘアにしただけで職質に引っかかるようになったという話が一番面白かった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
知性で補完してしまうところに陥穽がある、と言う話ではないだろうか。

時間の長短はともかく、いずれは判断は下さなければならないものだ。

その判断が時として、判断材料が脳内で補完されることによって誤ることがある、ということを説明した本だと思う。

「人は見た目〜」というタイトルの駄本がベストセラーだが、「第1感」の方が見た目、第一印象については誠実に解説してると思う。

思うに、第一印象で人を決めてしまうのはよいことではない、というような美徳・道徳観念が人をミスリードしてしまうんだろう。

実際、ポジティブな第一印象は肯定されがちなのに、ネガティブなそれは「見た目で決めるのは良くない」と言われてしまうでしょ?

違和感というものをもっと信じた方がよいかもと思いました。

ちなみに主にエピソードに終始してる感があるので、その「第1感」とやらを学んだりできるような本ではないです。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 後に本書が手元に来たのはちょうど科学者が書かれた脳の本を何冊か読んだ後でした。相乗効果があってよかったと思います。一見テーマは違うのですが、よく考えてみると、脳の神秘を貫くトンネル掘り(科学者・研究者)の見学のあいまに、山の向こうからこちらに向かって掘り進んでいる別働隊(科学者ではない人々)にも気付いた、ということになります。

 誰もが無意識に判断する能力を持っています。進化の過程でそれが平均的に有利に働いた結果なのでしょう。平均ですから、いつも正しいわけではありません。この”直感”と時間のかかる”合理的判断力”を使い分けられるかどうかが、総合的判断力の程度をきめるのでしょう。

 「言葉としてあらわした瞬間に、思考が制約をうける」といった内容にははっとさせられました。特にビジネスでは、こんがらかった情報の塊を、ある軸・平面を設定し写影して情報量を圧縮することでわかりやすく解説するようなことが必要になることがありますが、この「わかりやすさ」というのはけっこう曲者です。操り方によって「冷静な分析」にもなれば「老獪な詐欺」にもなりえます。謙虚な気持ちを失うとたいへんなことです。成功した「軸・平面」も、いつも固定でいいわけがありません。このあたりの戦略を日頃時間をかけて作っておかねばなりません。

 帯には、”全米連続52週
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー